目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Books of Chronicles(2)」
旧約聖書:歴代志略下

第9章(CHAPTER 9)

  1. 茲(こゝ)にシバの女王ソロモンの風聞(うはさ)を聞(きゝ)および難問(なんもん)をもてソロモンを試(こゝろ)みんとて甚(はなは)だ衆多(おほく)の部從(ともまはり)をしたがへ香物(かうもつ)と夥多(おびたゞし)き金(きん)と寶石(はうせき)とを駱駝(らくだ)に負(おは)せてヱルサレムに來(きた)りソロモンの許(もと)にいたりてその心にある所をことごとく之(これ)に陳(のべ)けるに
  2. ソロモンこれが問(とひ)に盡(ことごと)く答へたりソロモンの知(しら)ずして答へざる事は無(なか)りき
  3. シバの女王ソロモンの智慧(ちゑ)とその建(たて)たる家を觀(み)
  4. またその席の食物とその諸臣の列坐(なみゐ)る状(さま)とその侍臣(そばづかへ)の伺候(たちをる)状(さま)と彼らの衣服(ころも)およびその酒人(さかびと)とその衣服(ころも)ならびに彼がヱホバの家に上りゆく昇道(のぼりみち)を觀(みる)におよびて全くその氣を奪(うば)はれたり
  5. 是(こゝ)において彼(かれ)王に言(いひ)けるは我(わ)が自己(おのれ)の國にて汝の行爲(わざ)と汝の智慧(ちゑ)とにつきて聞(きゝ)およびたる言(ことば)は眞實(まこと)なりき
  6. 然(しか)るに我は來(きた)りて目に觀(み)るまではその言(ことば)を信ぜざりしが今視(みれ)ば汝の智慧(ちゑ)の大(おほい)なる事我(わ)が聞(きゝ)たるはその半分(なかば)にも及ばざりき汝は我(わ)が聞(きゝ)たる風聞(うはさ)に愈(まさ)れり
  7. 汝の人々は幸福(さいはひ)なるかな汝の前に常に立(たち)て汝の智慧(ちゑ)を聽(きけ)る此(この)なんぢの臣僕(しもべ)等は幸福(さいはひ)なるかな
  8. 汝の神ヱホバは讃(ほむ)べき哉(かな)彼なんぢを悦(よろ)こびてその位(くらゐ)に上(のぼ)らせ汝の神ヱホバの爲(ため)に汝を王となしたまへり汝の神イスラエルを愛して永く之(これ)を堅(かた)うせんとするが故(ゆゑ)に汝を之(これ)が王となして公平(こうへい)と正義(せいぎ)を行(おこな)はせたまふなりと
  9.  すなはち金(きん)百二十タラントおよび莫大(ばくだい)の香物(かうもつ)と寶石(はうせき)とを王に饋(おく)れりシバの女王がソロモン王に饋(おく)りたるが如(ごと)き香物(かうもつ)は未(いま)だ曾(かつ)て有(あら)ざりしなり
  10. (かのオフルより金(きん)を取(とり)きたりしヒラムの臣僕(しもべ)とソロモンの臣僕等(しもべたち)また白檀木(びやくだんのき)と寶石(はうせき)とをも携(たづ)さへいたりければ
  11. 王その白檀木(びやくだんのき)をもてヱホバの家と王の宮とに段階(だんかい)を作りまた謳歌者(うたうたふもの)のために琴(こと)と瑟(しつ)とを作れり是(これ)より前には是(かく)のごとき者ユダの地に見(みえ)しこと無(なか)りき)
  12. ソロモン王シバの女王に物を饋(おく)りてその携(たづさ)へきたれる所に報(むく)いたるが上にまた之(これ)が望(のぞみ)にまかせて凡(すべ)てその求むる者を與(あた)へたり斯(かく)て彼はその臣僕(しもべ)とともに去(さり)てその國に還(かへ)りぬ
  13.  一年にソロモンの所に來(きた)れる金(きん)の重量(めかた)は六百六十六タラントなり
  14. この外(ほか)にまた商賣(あきうど)および商旅(たびあきうど)の携(たづさ)へきたる者ありアラビアの一切(すべて)の王等および國の知事(つかさ)等もまた金銀をソロモンに携(たづさ)へ至れり
  15. ソロモン王(わう)展金(のべきん)の大楯(おほだて)二百を作れりその大楯(おほだて)一枚には展金(のべきん)六百シケルを用(もち)ふ
  16. また展金(のべきん)の小干(こだて)三百を作れり其(その)小干(こだて)一枚には金(きん)三百シケルを用(もち)ふ王これらをレバノン森の家に置(おけ)り
  17. 王また象牙(ざうげ)をもて大(おほい)なる寳座(くらゐ)一(ひとつ)を造り純金をもて之(これ)を蔽(おほ)へり
  18. その寳座(くらゐ)には六(むつ)の階級(きだ)あり又(また)金(きん)の足臺(あしだい)ありて共にその寳座(くらゐ)に連(つら)なりその坐(ざ)する處(ところ)の此旁(こなた)彼旁(かなた)に扶手(てかけ)ありて扶手(てかけ)の側(わき)に二頭(ふたつ)の獅子(しし)立(たち)をり
  19. その六(むつ)の階級(きだ)に十二の獅子(しし)ありて此旁(こなた)彼旁(かなた)に立(たて)り是(かく)のごとき者を作れる國は未(いま)だ曾(かつ)て有(あら)ざりしなり
  20. ソロモン王の用(もち)ゐる飮料(のみもの)の器(うつは)は皆(みな)金なりまたレバノン森の家の器(うつは)もことごとく精金(せいきん)なり銀はソロモンの世には何とも算(かぞへ)ざりしなり
  21. 其(そ)は王の舟ヒラムの僕(しもべ)を乗(のせ)てタルシシに往(ゆ)き三年毎(ごと)に一回(ひとたび)その舟タルシシより金銀(きんぎん)象牙(ざうげ)猿(さる)および孔雀(くじゃく)を載(のせ)て來(きた)りたればたり
  22.  ソロモン王は天下(てんか)の諸王(しよわう)に勝(まさ)りて富有(とみ)と智慧(ちゑ)とをもちたれば
  23. 天下の諸王みな神がソロモンの心に授(さづ)けたまへる智慧(ちゑ)を聽(きか)んとてソロモンの面(かほ)を見んことを求め
  24. 各々(おのおの)その禮物(れいもつ)を携(たづ)さへ來(きた)る即(すなは)ち銀の器(うつは)金の器(うつは)衣服(ころも)甲冑(よろひ)香物(かうもつ)馬(むま)騾(ら)など年々(としどし)定分(さだまり)ありき
  25. ソロモン戰車(いくさぐるま)の馬四千厩(きう)騎兵(きへい)一萬二千あり王これを戰車(いくさぐるま)の邑々(まちまち)に置きまたヱルサレムにて自己(おのれ)の所に置(おけ)り
  26. 彼は河(かは)よりペリシテの地とエジプトの界(さかひ)までの諸王を統治(すべをさ)めたり
  27. 王は銀を石のごとくヱルサレムに多からしめまた香柏(かうはく)を平野(ひらの)の桑木(くわのき)のごとく多からしめたり
  28. また人衆(ひとびと)エジプトなどの諸國より馬をソロモンに率(ひき)いたれり
  29.  ソロモンのその餘(ほか)の始終(しじう)の行爲(わざ)は預言者ナタンの書(ふみ)とシロ人(びと)アヒヤの預言(よげん)と先見者(せんけんしゃ)イドがネバテの子ヤラベアムにつきて述(のべ)たる默旨(もくし)の中(うち)に記(しる)さるゝにあらずや
  30. ソロモンはヱルサレムにて四十年の間イスラエルの全地を治(をさ)めたり
  31. ソロモンその先祖等と倶(とも)に寝(ねむ)りてその父ダビデの邑(まち)に葬(はうむ)られ其(その)子レハベアムこれに代(かは)りて王となれり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):歴代志略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章
19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章 35章 36章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書