目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Books of Chronicles(2)」
旧約聖書:歴代志略下

第15章(CHAPTER 15)

  1. 茲(こゝ)に神の霊(みたま)オデデの子アザリヤに臨(のぞ)みければ
  2. 彼出(いで)ゆきてアサを迎へ之(これ)に言(いひ)けるはアサおよびユダとベニヤミンの人々よ我に聽(き)け汝等がヱホバと偕(とも)にをる間はヱホバも汝らと偕(とも)に在(いま)すべし汝ら若(もし)かれを求めなば彼に遇(あは)ん然(され)どかれを棄(すて)なば彼も汝らを棄(すて)たまはん
  3. 抑(そもそも)イスラエルには眞(まこと)の神なくヘ訓(をしへ)を施(ほど)こす祭司(さいし)なく律法(おきて)なきこと日久しかりしが
  4. 患難(なやみ)の時にイスラエルの神ヱホバに立(たち)かへりて之(これ)を求めたれば即(すなは)ちこれに遇(あへ)り
  5. 當時(そのころ)は出(いづ)る者にも入る者にも平安なく惟(たゞ)大(おほい)なる苦患(くるしみ)くにぐにの民に臨(のぞ)めり
  6. 國(くに)は國に邑(まち)は邑に撃碎(うちくだ)かる其(そ)は神(かみ)諸(もろもろ)の患難(なやみ)をもて之(これ)を苦しめたまへばなり
  7. 然(され)ば汝ら強かれよ汝らの手を弱くする勿(なか)れ汝らの行爲(わざ)には賞賜(むくいのたまもの)あるべければなりと
  8.  アサこれらの言(ことば)および預言者オデデの預言を聽(きゝ)て力を得(え)憎むべき者をユダとベニヤミンの全地より除(のぞ)きまた其(その)エフライムの山地に得たる邑々(まちまち)より除きヱホバの廊(らう)の前なるヱホバの壇(だん)を再興せり
  9. 彼またユダとベニヤミンの人々およびエフライム、マナセ、シメオンより來(きた)りて寄寓(やどれ)る者を集めたりイスラエルの人々の中(うち)ヱホバ神のアサと偕(とも)に在(いま)すを見てアサに降(くだ)れる者夥多(おびたゞ)しかりしなり
  10. 彼等すなはちアサの治世(ぢせい)の十五年の三月にヱルサレムに集り
  11. 其(その)たづさへ來(きた)れる掠取物(ぶんどりもの)の中(うち)より牛七百 羊(ひつじ)七千をその日ヱホバに献(さゝ)げ
  12. 皆(みな)契約を結びて曰(いは)く心を盡(つく)し精神を盡(つく)して先祖の神ヱホバを求めん
  13. 凡(すべ)てイスラエルの神ヱホバを求めざる者は大小男女の區別(わかち)なく之(これ)を殺さんと
  14. 而(しか)して大聲(おほごゑ)を擧(あ)げ號呼(よばはり)をなし喇叭(らつぱ)を吹き角(かく)を鳴(なら)してヱホバに誓(ちかひ)を立て
  15. ユダみなその誓(ちかひ)を喜べり即(すなは)ち彼ら一心をもて誓(ちかひ)を立て一念(ひとすぢ)にヱホバを求めたればヱホバこれに遇(あ)ひ四方において之(これ)に安息(あんそく)をたまへり
  16.  偖(さて)またアサ王の母マアカ、アシラ像を作りしこと有(あり)ければアサこれを貶(おと)して太后(おほきさき)たらしめずその像を斫(きり)たふして粉々(こなごな)に碎(くだ)きキデロン川にてこれを焚(やけ)り
  17. 但(たゞ)し崇邱(たかきところ)は尚(なほ)イスラエルより除(のぞ)かざりき然(され)どもアサの心は一生の間(あひだ)全(まつた)かりしなり
  18. 彼はまたその父の納(をさ)めたる物および己(おのれ)が納(をさ)めたる物すなはち金銀ならびに器皿(うつはもの)等をヱホバの家に携(たづさ)へいれり
  19. アサの治世(ぢせい)の三十五年までは再び戰爭(いくさ)あらざりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):歴代志略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章
19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章 35章 36章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書