目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Books of Chronicles(2)」
旧約聖書:歴代志略下

第24章(CHAPTER 24)

  1. ヨアシは七歳の時位(くらゐ)に即(つ)きヱルサレムにて四十年の間世を治(をさ)めたりその母はベエルシバより出(いで)たる者にして名をヂビアといふ
  2. ヨアシは祭司(さいし)ヱホヤダの世にある日の間は恒(つね)にヱホバの善(よし)と觀(み)たまふことを行(おこな)へり
  3. ヱホヤダ彼のために二人の妻を娶(めと)れり男子女子生(うま)る
  4.  此後(このゝち)ヨアシ、ヱホバの室(いへ)を修繕(つくろは)んと志(こゝろざ)し
  5. 祭司とレビ人(びと)を集めて之(これ)に言(いひ)けるは汝(なんぢ)ら出(いで)てユダの邑々(まちまち)に往(ゆ)き汝らの神ヱホバの室(いへ)を歳々(としどし)修繕(つくろ)ふべき金子(かね)をイスラエルの人衆(ひとびと)より聚(あつ)むべし其事(そのこと)を亟(すみやか)にせよと然(しか)るにレビ人(びと)これを亟(すみやか)にせざりき
  6. 王ヱホヤダ長(をさ)を召(めし)てこれに言(いひ)けるは汝なんぞレビ人(びと)に求めてヱホバの僕(しもべ)モーセおよびイスラエルの會衆(くわいしう)の古昔(むかし)證詞(あかし)の幕屋(まくや)のために集めたるが如(ごと)き税をユダとヱルサレムより取(とり)きたらせざるやと
  7. かの惡(あし)き婦(をんな)アタリヤの子等(こら)神の家を壞(やぶ)りかつヱホバの家の諸(もろもろ)の奉納物(ほうなふもの)をバアルに供(そな)へたり
  8.  是(こゝ)において王の命(めい)にしたがひて一箇(ひとつ)の匱(はこ)を作りヱホバの室(いへ)の門の外にこれを置き
  9. ユダとヱルサレムに宣布(ふれ)て汝ら神の僕(しもべ)モーセが荒野(あれの)にてイスラエルに課したる如(ごと)き税をヱホバに携(たづさ)へきたれと言(いひ)けるに
  10. 一切(すべて)の牧伯(つかさ)等および一切(すべて)の民みな喜びて携(たづさ)へきたりその匱(はこ)に投(なげ)いれて遂(つひ)に納(をさ)めをはれり
  11. レビ人(びと)その匱(はこ)に金の多くあるを見てこれを王の廳(ちやう)に携(たづさ)へゆく時は王の書記と祭司の長(をさ)の下役きたりてその匱(はこ)を傾(かた)むけ復(また)これを取(とり)て本(もと)の處(ところ)に持(もち)ゆけり日々に斯(かく)のごとくして金を聚(あつ)むること夥多(おびたゞ)し
  12. 而(しか)して王とヱホヤダこれをヱホバの家の工事を爲(な)す者に付(わた)し石工(せきこう)および木匠(たくみ)を雇(やと)ひてヱホバの室(いへ)を修繕(つくろ)はせまた鐵工(てつこう)および銅工(どうこう)を雇(やと)ひてヱホバの室(いへ)を修復せしめけるが
  13. 工人(こうじん)動作(はたらき)てその工事を成(なし)をへ神の室(いへ)を本(もと)の状(さま)に復(ふく)してこれを堅固(けんご)にす
  14. その既(すで)に成(な)るにおよびて餘(あま)れる金を王とヱホヤダの前に持(もち)いたりければ其(それ)をもてヱホバの室(いへ)のために器皿(うつはもの)を作れり即(すなは)ち奉事(つとめ)の器 献祭(さゝげもの)の器 および匙(さじ)ならびに金銀の器を作れりヱホヤダが世に在(あ)る日の間はヱホバの室(いへ)にて燔祭(はんさい)をさゝぐること絶(たえ)ざりき
  15.  ヱホヤダは年邁(すゝ)み日滿(みち)て死(しね)りその死(しぬ)る時は百三十歳なりき
  16. 人衆(ひとびと)ダビデの邑(まち)にて王等の中間(なか)にこれを葬(はう)むる其(そ)は彼イスラエルの中(うち)において神とその殿(みや)とにむかひて善事(よきこと)をおこなひたればなり
  17. ヱホヤダの死(しに)たる後ユダの牧伯(つかさ)等きたりて王を拝(はい)す是(こゝ)において王これに聽(きゝ)したがふ
  18. 彼らその先祖の神ヱホバの室(いへ)を棄(すて)てアシラ像および偶像(ぐうざう)に事(つか)へたればその愆(とが)のために震怒(いかり)ユダとヱルサレムに臨(のぞ)めり
  19. ヱホバかれらを己(おのれ)にひきかへさんとて預言者等を遣(つか)はし之(これ)にむかひて證(あかし)をたてさせたまひしかども聽(きく)ことをせざりき
  20.  是(こゝ)において神の霊(みたま)祭司ヱホヤダの子ゼカリヤに臨(のぞ)みければ彼(かれ)民の前に高く起(たち)あがりて之(これ)に言(いひ)けるは神かく宣(のたま)ふ汝らヱホバの誡命(いましめ)を犯(をか)して災禍(わざはひ)を招くは何ぞや汝らヱホバを棄(すて)たればヱホバも汝らを棄(すて)たまふと
  21. 然(しか)るに人衆(ひとびと)かれを害せんと謀(はか)り王の命(めい)によりて石をもてこれをヱホバの室(いへ)の庭にて撃(うち)殺せり
  22. 斯(かく)ヨアシ王はゼカリヤの父ヱホヤダが己(おのれ)にほどこせし恩(おん)を念(おもは)ずしてその子を殺せり彼死(しぬ)る時にヱホバこれを顧(かへり)みこれを問討(とひたゞ)したまへと言(いへ)り
  23.  かくてその年の終るにおよびてスリアの軍勢かれにむかひて攻(せめ)のぼりユダとヱルサレムにいたりて民の牧伯(つかさ)等をことごとく民の中(うち)より滅ぼし絶(た)ちその掠取物(ぶんどりもの)を凡(すべ)てダマスコの王に遣(おく)れり
  24. この時スリアの軍勢は小勢にて來(きた)りけるにヱホバ大軍をこれが手に付(わた)したまへり是(こ)はその先祖の神ヱホバを棄(すて)たるが故(ゆゑ)なり斯(かく)かれらヨアシを罰せり
  25.  スリア人(びと)ヨアシに大傷をおはせて遺去(すてさり)けるがヨアシの臣僕(しもべ)等祭司ヱホヤダの子等の血のために黨(たう)をむすびて之(これ)に叛(そむ)き之(これ)をその床(とこ)の上に弑(しい)して死(しな)しめたり人衆(ひとびと)これをダビデの邑(まち)に葬(はうむ)れり但(たゞ)し王の墓には葬(はうむ)らざりき
  26. 黨(たう)をむすびて之(これ)に叛(そむ)きし者はアンモンの婦(をんな)シメアテの子ザバデおよびモアブの婦(をんな)シムリテの子ヨザバデなりき
  27. ヨアシの子等の事ヨアシの告(つげ)られし預言および神の室(いへ)を修繕(つくろひ)し事などは列王(れつわう)の書(ふみ)の註釋(ちうしゃく)に記(しる)さるヨアシの子アマジヤこれに代(かは)りて王となれり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):歴代志略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章
19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章 35章 36章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書