目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Books of Chronicles(2)」
旧約聖書:歴代志略下

第25章(CHAPTER 25)

  1. アマジヤは二十五歳の時位(くらゐ)に即(つ)きヱルサレムにて二十九年の間世を治(をさ)めたりその母はヱルサレムの者にして名をヱホアダンといふ
  2. アマジヤはヱホバの善(よし)と視(み)たまふ事を行なひしかども心を全(まつた)うしてこれを爲(なさ)ざりき
  3. 彼(かれ)國(くに)のおのが手に堅(かた)く立つにおよびてその父王を弑(しい)せし臣僕(しもべ)等を殺せり
  4. 然(され)どその子女等(こどもら)をば殺さずしてモーセの書(ふみ)の律法(おきて)に記(しる)せるごとく爲(なせ)り即(すなは)ちヱホバ命じて言(いひ)たまはく父はその子女(こども)の故(ゆゑ)によりて殺さるべからず子女(こども)はその父の故(ゆゑ)によりて殺さるべからず各々おのれの罪によりて殺さるべきなりと
  5.  アマジヤ、ユダの人を集めその父祖の家にしたがひて或(あるひ)は千人の長(かしら)に附屬(ふぞく)せしめ或(あるひ)は百人の長(かしら)に附屬せしむユダとベニヤミンともに然(しか)り且(かつ)二十歳以上の者を數(かぞ)へ戈(ほこ)と楯(たて)とを執(とり)て戰闘(たゝかひ)に臨(のぞ)む倔強(くつきやう)の士三十萬を得(え)
  6. また銀百タラントをもてイスラエルより大勇士十萬を傭(やと)へり
  7. 時に神の人かれに詣(いた)りて言(いひ)けるは王よイスラエルの軍勢をして汝とともに往(ゆか)しむる勿(なか)れヱホバはイスラエル人(びと)すなはちエフライムの子孫(ひとびと)とは偕(とも)にいまさゞるなり
  8. 汝もし往(ゆか)ば心を強くして戰闘(たゝかひ)を爲(な)せ神なんぢをして敵の前に斃(たふ)れしめたまはん神は助くる力ありまた倒す力あるなり
  9. アマジヤ神の人にいひけるは然(さら)ば已(すで)にイスラエルの軍隊に與(あた)へたる百タラントを如何(いか)にすべきや神の人答へけるはヱホバは其(それ)よりも多き者を汝に賜(たま)ふことを得(う)るなりと
  10. 是(こゝ)においてアマジヤかのエフライムより來(きた)りて己(おのれ)に就(つけ)る軍隊を分離(わけはな)してその處(ところ)に歸(かへ)らしめければ彼らユダにむかひて烈(はげ)しく怒(いかり)を發し火のごとくに怒(いか)りてその處(ところ)に歸(かへ)れり
  11. かくてアマジヤは力を強くしその民を率(ひき)ゐて鹽(しほ)の谷に往(ゆ)きセイル人(びと)一萬を撃殺(うちころ)せり
  12. ユダの子孫(ひとびと)またこの外(ほか)に一萬人を生擒(いけどり)て磐(いは)の頂(いたゞき)に曳(ひき)ゆき磐の頂よりこれを投(なげ)おとしければ皆(みな)微塵(こなごな)に碎(くだ)けたり
  13. 前(さき)にアマジヤが己(おのれ)とともに戰闘(たゝかひ)に往(ゆく)べからずとして歸(かへ)し遣(やり)たる軍卒(ぐんそつ)等サマリアよりベテホロンまでのユダの邑々(まちまち)を襲(おそ)ひ人三千を撃(うち)ころし物を多く奪ふ
  14.  アマジヤ、エドム人(びと)を戮(ころ)して歸る時にセイル人(びと)の神々を携(たづ)さへ來(きた)り之(これ)を安置して己(おのれ)の神となしその前に禮拝(をがみ)をなし之(これ)に香(かう)を焚(たけ)り
  15. 是(こゝ)をもてヱホバ、アマジヤにむかひて怒(いかり)を發し預言者をこれに遣(つか)はして言(いは)しめたまひけるは彼(かの)民の神々は己の民を汝の手より救ふことを得(え)ざりし者なるに汝なにとて之(これ)を求むるや
  16. 彼かく王に語れる時王これにむかひ我儕(われら)汝を王の議官となせしや止(やめ)よ汝なんぞ撃殺(うちころ)されんとするやと言(いひ)ければ預言者すなはち止(やめ)て言(いへ)り我知る汝この事を行ひて吾(わが)諌(いさめ)を聽(きゝ)いれざるによりて神なんぢを滅ぼさんと決めたまふと
  17.  斯(かく)てユダの王アマジヤ相議(あひはか)りて人をヱヒウの子ヱホアハズの子なるイスラエルの王ヨアシに遣(つかは)し來(きた)れ我儕(われら)たがひに面(かほ)をあはせんと言(いは)しめければ
  18. イスラエルの王ヨアシ、ユダの王アマジヤに言(いひ)おくりけるはレバノンの荊蕀(いばら)かつてレバノンの香柏(かうはく)に汝の女子(むすめ)を我子(わがこ)の妻に與(あた)へよと言(いひ)おくりたること有(あり)しにレバノンの野獣とほりてその荊蕀(いばら)を踏(ふみ)たふせり
  19. 汝はエドム人(びと)を撃破(うちやぶ)れりと謂(い)ひ心にたかぶりて誇(ほこ)る然(され)ば汝家に安んじ居(を)れ何ぞ禍(わざはひ)を惹(ひき)おこして自己(おのれ)もユダもともに亡(ほろ)びんとするやと
  20.  然(しか)るにアマジヤ聽(きく)ことをせざりき此事(このこと)は神より出(いで)たる者にて彼らをその敵の手に付(わた)さんがためなり是(こ)は彼らエドムの神々を求めしに因(よ)る
  21. 是(こゝ)においてイスラエルの王ヨアシ上りきたりユダのベテシメシにてユダの王アマジヤと面(かほ)をあはせたりしが
  22. ユダ、イスラエルに撃敗(うちやぶ)られて各々その天幕(てんまく)に逃(にげ)かへりぬ
  23. 時にイスラエルの王ヨアシはヱホアハズの子ヨアシの子なるユダの王アマジヤをベテシメシに執(とら)へてヱルサレムに携(たづさ)へゆきヱルサレムの石垣をエフライムの門より隅(すみ)の門まで四百キユビト程を毀(こぼ)ち
  24. また神の室(いへ)の中(うち)にてオベデエドムが守り居(を)る一切(すべて)の金銀および諸(もろもろ)の器皿(うつはもの)ならびに王の家の財寳(ざいはう)を取りかつ人質をとりてサマリアに歸(かへ)れり
  25.  ユダの王ヨアシの子アマジヤはイスラエルの王ヱホアハズの子ヨアシの死(しに)てより後なほ十五年生存(いきなが)らへたり
  26. アマジヤのその餘(ほか)の始終の行爲(わざ)はユダとイスラエルの列王(れつわう)の書(ふみ)に記(しる)さるゝにあらずや
  27. アマジヤ翻(ひるが)へりてヱホバに從(した)がはずなりし後ヱルサレムにおいて黨(たう)を結びて彼に敵する者ありければ彼ラキシに逃(にげ)ゆきけるにその人々ラキシに人をやりて彼を其處(そこ)に殺さしめたり
  28. 人衆(ひとびと)これを馬に負(おは)せてきたりユダの邑(まち)にてその先祖等とともにこれを葬(はうむ)りぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):歴代志略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章
19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章 35章 36章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書