目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Books of Chronicles(2)」
旧約聖書:歴代志略下

第29章(CHAPTER 29)

  1. ヒゼキヤは二十五歳の時位(くらゐ)に即(つ)きヱルサレムにて二十九年の間世を治(をさ)めたりその母はゼカリヤの女(むすめ)にして名をアビヤといふ
  2. ヒゼキヤはその父ダビデの凡(すべ)てなしたる如(ごと)くヱホバの目に善(よし)と視(み)たまふ事をなせり
  3. 即(すなは)ち彼その治世の第一年一月にヱホバの室(いへ)の戸を開きかつ之(これ)を修繕(つくろ)ひ
  4. 祭司およびレビ人(びと)を携(たづ)さへいりて東の廣場(ひろば)にこれを集め
  5. 而(しか)して之(これ)にいひけるはレビ人(びと)よ我に聽(き)け汝等いま身を潔(きよ)めて汝等の先祖の神ヱホバの室(いへ)を潔め汚穢(けがれ)を聖所(せいじょ)より除(のぞ)きされ
  6. 夫(それ)我らの先祖は罪を犯し我らの神ヱホバの目に惡(あし)しと見たまふことを行ひてヱホバを棄(す)てヱホバの住所(すみか)に面(かほ)を背(そむ)けて後(うしろ)をこれに向け
  7. また廊(らう)の戸を閉ぢ燈火(ともしび)を消し聖所にてイスラエルの神に香(かう)を焚(たか)ず燔祭(はんさい)を献(さゝ)げざりし
  8. 是(こゝ)をもてヱホバの忿怒(いかり)ユダとヱルサレムに臨(のぞ)みヱホバ彼等をして打(うち)たゞよはされしめ詑異(おどろき)とならしめ胡盧(ものわらひ)とならしめたまへり汝らが目に覩(み)るごとし
  9. 即(すなは)ち我儕(われら)の父は劍(つるぎ)に斃(たふ)れ我らの男子(むすこ)女子(むすめ)及び妻等はこれがために俘虜(とりこ)となれり
  10. 今我(われ)イスラエルの神ヱホバと契約を結ばんとする意志(こゝろざし)ありその烈(はげ)しき怒(いかり)我らを離るゝことあらん
  11. 我(わが)子等よ今は怠(おこ)たる勿(なか)れヱホバ汝らを擇(えら)びて己(おのれ)の前に立(たち)て事(つか)へしめ己(おのれ)に事(つか)ふる者となし香(かう)を焚(た)く者となしたまひたればなりと
  12.  是(こゝ)においてレビ人(びと)起(たて)り即(すなは)ちコハテの子孫の中(うち)にてはアマサイの子マハテおよびアザリヤの子ヨエル、メラリの子孫の中(うち)にてはアブデの子キシおよびヱハレレルの子アザリヤ、ゲルシヨン人(びと)の中(うち)にてはジンマの子ヨアおよびヨアの子エデン
  13. エリザパンの子孫の中(うち)にてはシムリおよびヱイエル、アサフの子孫の中(うち)にてはゼカリヤおよびマツタニヤ
  14. ヘマンの子孫の中(うち)にてはヱヒエルおよびシメイ、ヱドトンの子孫の中(うち)にてはシマヤおよびウジエル
  15. かれらその兄弟を集(つど)へて身を潔めヱホバの言(ことば)に依(よ)りて王の傳(つた)へし命令にしたがひてヱホバの室(いへ)を潔めんとて入(いり)きたり
  16. 祭司等ヱホバの室(いへ)の奧に入りてこれを潔めヱホバの殿(みや)にありし汚穢(けがれ)をことごとくヱホバの室(いへ)の庭に携(たづさ)へいだせばレビ人(びと)それを受(うけ)て外にいだしキデロン河に持(もち)いたる
  17. 彼ら正月の元日に潔(きよ)むることを始めてその月の八日にヱホバの廊(らう)におよびまたヱホバの家を潔むるに八日を費(つひや)し正月の十六日にいたりて之(これ)を終(をは)れり
  18. かくて彼らヒゼキヤ王の處(ところ)に入(いり)て言ふ我らヱホバの室(いへ)をことごとく潔めまた燔祭(はんさい)の壇(だん)とその一切(すべて)の器具(うつはもの)および供前(そなへ)のパンの案(つくゑ)とその一切(すべて)の器皿(うつはもの)とを潔(きよ)めたり
  19. またアハズ王がその治世に罪を犯して棄(すて)たりし一切(すべて)の器皿(うつはもの)をも整へてこれを潔めヱホバの壇(だん)の前にこれを据置(すゑおけ)りと
  20.  是(こゝ)においてヒゼキヤ王(わう)蚤(つと)に起(おき)いで邑(まち)の牧伯(つかさ)等をあつめてヱホバの家にのぼり往(ゆ)き
  21. 牡牛(をうし)七匹 牡羊(をひつじ)七匹 羔羊(こひつじ)七匹 牡山羊(をやぎ)七匹を牽(ひき)きたらしめ國と聖所とユダのためにこれを罪祭(ざいさい)となしアロンの子孫たる祭司等に命じてこれをヱホバの壇(だん)の上に献(さゝ)げしむ
  22. 即(すなは)ち牡牛(をうし)を宰(ほふ)れば祭司等その血を受(うけ)て壇に灑(そゝ)ぎまた牡羊(をひつじ)を宰(ほふ)ればその血を壇(だん)に灑(そゝ)ぎまた羔羊(こひつじ)を宰(ほふ)ればその血を壇(だん)に灑(そゝ)げり
  23. かくて人々罪祭(ざいさい)の牡山羊(をやぎ)を王と會衆の前に牽(ひき)きたりければ彼らその上に手を按(おけ)り
  24. 而(しか)して祭司これを宰(ほふ)りその血を罪祭(ざいさい)として壇(だん)の上に献(さゝ)げてイスラエル全國のために贖罪(あがなひ)をなせり是(こ)は王イスラエル全國の爲(ため)に燔祭(はんさい)および罪祭(ざいさい)を献(さゝ)ぐることを命じたるに因(よ)る
  25.  王レビ人(びと)をヱホバの室(いへ)に置きダビデおよび王の先見者(せんけんしゃ)ガデと預言者ナタンの命令にしたがひて之(これ)に[ねうはち] 瑟(しつ)および琴(こと)を執(とら)しむ是(これ)はヱホバがその預言者によりて命じたまひし所なり
  26. 是(こゝ)においてレビ人(びと)はダビデの樂器をとり祭司は喇叭(らつぱ)をとりて立つ
  27. 時にヒゼキヤ燔祭(はんさい)を壇(だん)の上に献(さゝ)ぐることを命ぜり燔祭(はんさい)をさゝげ始むるときヱホバの歌をうたひ喇叭(らつぱ)を吹きイスラエルの王ダビデの樂器をならしはじめたり
  28. しかして會衆みな禮拝(れいはい)をなし謳歌者(うたうたふもの)歌をうたひ喇叭手(らつぱふき)喇叭(らつぱ)を吹(ふき)ならし燔祭(はんさい)の終るまで凡(すべ)て斯(かく)ありしが
  29.  献(さゝ)ぐる事の終るにおよびて王および之(これ)と偕(とも)に在(あ)る者皆(みな)身をかゞめて禮拝(れいはい)をなせり
  30. かくて又ヒゼキヤ王および牧伯(つかさ)等レビ人(びと)に命じダビデと先見者アサフの詞(ことば)をもてヱホバを讃美(さんび)せしむ彼等喜樂(よろこび)をもて讃美(さんび)し首(かうべ)をさげて禮拝(れいはい)す
  31.  時にヒゼキヤこたへて言(いひ)けるは汝らすでにヱホバに事(つか)へんために身を潔めたれば進みよりてヱホバの室(いへ)に犠牲(いけにへ)および感謝祭を携(たづさ)へきたれと會衆すなはち犠牲(いけにへ)および感謝祭を携(たづさ)へきたる又(また)志(こゝろざし)ある者はみな燔祭(はんさい)を携(たづさ)ふ
  32. 會衆(くわいしう)の携(たづさ)へきたりし燔祭(はんさい)の數は牡牛(をうし)七十 牡羊(をひつじ)一百 羔羊(こひつじ)二百 是(これ)みなヱホバに燔祭(はんさい)として奉(たてま)つる者なり
  33. また奉納物(をさめもの)は牛(うし)六百 羊(ひつじ)三千なりき
  34. 然(しか)るに祭司寡(すくな)くしてその燔祭(はんさい)の物の皮を剥(はぎ)つくすこと能(あた)はざりければその兄弟たるレビ人(びと)これを助けてその工(わざ)を終ふ斯(かゝ)る間に他の祭司等も身を潔むレビ人(びと)は祭司よりも心正しくして身を潔めたり
  35. 燔祭(はんさい)夥多(おびたゞ)しくあり酬恩祭(しうおんさい)の脂(あぶら)及びすべての燔祭(はんさい)の酒も然(しか)り斯(かく)ヱホバの室(いへ)の奉事(つとめ)備(そな)はれり
  36. この事俄(にはか)なりしかども神かく民の爲(ため)に備(そなへ)をなしたまひしに因(より)てヒゼキヤおよび一切(すべて)の民(たみ)喜べり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):歴代志略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章
19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章 35章 36章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書