目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Books of Chronicles(2)」
旧約聖書:歴代志略下

第30章(CHAPTER 30)

  1. 茲(こゝ)にヒゼキヤ、イスラエルとユダに遍(あま)ねく人を遣(つかは)しまた書(ふみ)をエフライムとマナセに書(かき)おくりヱルサレムなるヱホバの室(いへ)に來(きた)りてイスラエルの神ヱホバに逾越節(すぎこしのいはひ)を行(おこな)はんことを勸(すゝ)む
  2. 王すでにその牧伯(つかさ)等およびヱルサレムにある會衆(くわいしう)と議(はか)り二月をもて逾越節を行(おこな)はんと定(さだ)めたり
  3. 其(そ)は祭司の身を潔(きよ)めし者足(たら)ず民またヱルサレムに集(あつま)らざりしに因(より)て彼時(かのとき)にこれを行ふことを得ざればなり
  4. 王も會衆もこの事を見て善(よし)となし
  5. 即(すなは)ちこの事を定めてベエルシバよりダンまでイスラエルに遍(あま)ねく宣布(ふれ)しめしヱルサレムに來(きた)りてイスラエルの神ヱホバに逾越節(すぎこしのいはひ)を行はんことを勸(すゝ)む是(こ)はその録(しる)されたるごとくにこれを行ふ事久しく無(なか)りしが故(ゆゑ)なり
  6. 飛脚(ひきゃく)すなはち王とその牧伯(つかさ)等が授(さづ)けし書(ふみ)をもちてイスラエルとユダを遍(あま)ねく行(ゆき)めぐり王の命(めい)を傳(つた)へて云(い)ふイスラエルの子孫(ひとびと)よ汝らアブラハム、イサク、イスラエルの神ヱホバに起歸(たちかへ)れ然(され)ばヱホバ、アツスリヤの王等の手より逃(のが)れて遺(のこ)るところの汝らに歸(かへ)りたまはん
  7. 汝らの父および兄弟の如(ごと)くならざれ彼らその先祖の神ヱホバにむかひて罪を犯したればこれを滅亡(ほろび)に就(つか)しめたまへり汝らが見るごとし
  8. 然(され)ば汝らの父のごとく汝ら項(うなじ)を強(こは)くせずしてヱホバに歸服(きふく)しその永久(とこしなへ)に聖別(きよめ)たまひし聖所に入り汝らの神ヱホバに事(つか)へよ然(さす)ればその烈(はげ)しき怒(いかり)なんぢらを離れん
  9. 汝ら若(もし)ヱホバに歸(かへ)らば汝らの兄弟および子女(こども)その己(おのれ)を虜(とら)へゆきし者の前に衿憫(あはれみ)を得て遂(つひ)にまた此國(このくに)にかへらん汝らの神ヱホバは恩惠(めぐみ)あり憐憫(あはれみ)ある者にましませば汝らこれに起(たち)かへるにおいては面(かほ)を汝らに背(そむ)けたまはじと
  10.  かくのごとく飛脚(ひきゃく)エフライム、マナセの國にいりて邑(まち)より邑(まち)に行(ゆき)めぐりて遂(つひ)にゼブルンまで至りしが人衆(ひとびと)これを嘲(あざけ)り笑へり
  11. 但(たゞ)しアセル、マナセおよびゼブルンの中(うち)より身を卑(ひく)くしてヱルサレムに來(きた)りし者もあり
  12. またユダに於(おい)ては神その力をいだして人々に心を一(ひとつ)にせしめ王と牧伯(つかさ)等がヱホバの言(ことば)に依(より)て傳(つた)へし命令を之(これ)に行(おこな)はしむ
  13.  斯(かゝ)りしかば二月にいたりて民(たみ)酵(たね)いれぬパンの節(いはひ)をおこなはんとて多くヱルサレムに來(きた)り集れりその會はなはだ大(おほい)なりき
  14. 彼等すなはち起(たち)てヱルサレムにある諸(もろもろ)の壇(だん)を取(とり)のぞきまた一切(すべて)の香壇(かうだん)を取(とり)のぞきてこれをキデロン川に投(なげ)すて
  15. 二月の十四日に逾越(すぎこし)の物を宰(ほふ)れり是(こゝ)において祭司等およびレビ人(びと)は自(みづか)ら恥(は)ぢ身を潔めてヱホバの室(いへ)に燔祭(はんさい)を携(たづさ)へきたり
  16. 神の人モーセの律法(おきて)に循(したが)ひ例(れい)に依(より)て各々その所に立ち而(しか)して祭司等レビ人(びと)の手より血を受(うけ)て灑(そゝ)げり
  17. 時に會衆の中(うち)に未(いま)だ身を潔めざる者多かりければレビ人(びと)その潔(きよ)からざる一切(すべて)の人々に代(かは)りて逾越(すぎこし)の物を宰(ほふ)りてヱホバに潔め献(さゝ)ぐ
  18. また衆多(おほく)の民すたはちエフライム、マナセ、イツサカル、ゼブルンより來(きた)りし衆多(おほく)の者未(いま)だ身を潔むる事をせずその書録(かきしる)されし所に違(たが)ひて逾越(すぎこし)の物を食(くら)へり是(こゝ)をもてヒゼキヤこれがために祈りて云(い)ふ
  19. 惠(めぐみ)ふかきヱホバよ凡(およ)そその心を傾けて神を求めその先祖の神ヱホバを求むる者は假令(たとひ)聖所の潔斎(きよめ)に循(したが)はざるとも願(ねがは)くは是(これ)を赦(ゆる)したまへと
  20. ヱホバ、ヒゼキヤに聽(きゝ)て民を醫(いや)したまへり
  21. ヱルサレムにきたれるイスラエルの子孫(ひとびと)は大(おほい)なる喜悦(よろこび)をいだきて七日の間酵(たね)いれぬパンの節(いはひ)をおこなへり又レビ人(びと)と祭司は日々にヱホバを讃美(さんび)し高聲(たかね)の樂(がく)を奏(そう)してヱホバを頌(たゝ)へたり
  22. ヒゼキヤ、ヱホバの奉事(つとめ)に善(よく)通じをる一切(すべて)のレビ人(びと)を深く勞(ねぎ)らふ斯(かく)人衆(ひとびと)酬恩祭(しうおんさい)を献(さゝ)げその先祖の神ヱホバに感謝して七日のあひだ節(いはひ)の物を食(くら)へり
  23.  かくて又全會あひ議(はか)りて更(さら)に七日を守らんと決め喜悦(よろこび)をいだきてまた七日を守れり
  24. 時にユダの王ヒゼキヤは牡牛(をうし)一千 羊(ひつじ)七千を會衆に餽(おく)り又牧伯(つかさ)等は牡牛(をうし)一千 羊(ひつじ)一萬を會衆に餽(おく)れり祭司もまた衆(おほ)く身を潔めたり
  25. ユダの全會衆および祭司レビ人(びと)ならびにイスラエルより來(きた)れる全會衆およびイスラエルの地より來(きた)れる異邦人(ことくにびと)とユダに住む異邦人みな喜べり
  26. かくヱルサレムに大(おほい)なる喜悦(よろこび)ありきイスラエルの王ダビデの子ソロモンの時より以來(このかた)かくのごとき事ヱルサレムに在(あら)ざりしなり
  27. この時祭司レビ人(びと)起(たち)て民を祝しけるにその言(ことば)聽(きか)れその祈祷(いのり)ヱホバの聖(きよ)き住所(すみか)なる天に達せり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):歴代志略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章
19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章 35章 36章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書