目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Books of Chronicles(2)」
旧約聖書:歴代志略下

第35章(CHAPTER 35)

  1. 茲(こゝ)にヨシア、ヱルサレムにおいてヱホバに逾越節(すぎこしのいはひ)を行(おこな)はんとし正月の十四日に逾越(すぎこし)の物を宰(ほふ)らしめ
  2. 祭司をしてその職を執行(とりおこな)はせ之(これ)を勵(はげま)してヱホバの室(いへ)の務(つとめ)をなさしめ
  3. またヱホバの聖者(きよきもの)となりてイスラエルの人衆(ひとびと)を誨(をし)ふるレビ人(びと)に言ふ汝らイスラエルの王ダビデの子ソロモンが建(たて)たる家に聖(きよき)契約の匱(はこ)を放(お)け再び肩に擔(にな)ふこと有(あら)ざるべし然(され)ば今汝らの神ヱホバおよびその民イスラエルに事(つか)ふべし
  4. 汝(なんぢ)らまたイスラエルの王ダビデの書(ふみ)およびその子ソロモンの書(ふみ)に本(もと)づきて父祖の家に循(した)がひその班列(くみ)に依(より)て自(みづか)ら準備(そなへ)をなし
  5. 汝らの兄弟なる民の人々の宗家(そうけ)の區分(わかち)に循(したが)ひて聖所に立ち之(これ)にレビ人(びと)の宗族(やから)の分缺(かく)ること無(なか)らしむべし
  6. 汝ら逾越(すぎこし)の物を宰(ほふ)り身を潔め汝らの兄弟のために準備(そなへ)をなしモーセが傳(つた)へしヱホバの言(ことば)のごとく行ふべしと
  7.  ヨシアすなはち羔羊(こひつじ)および羔山羊(こやぎ)を民の人々に餽(おく)る其數(そのかず)三萬また牡牛(をうし)三千を餽(おく)る是(これ)みな王の所有(もちもの)の中より出(いだ)して其處(そこ)に居る一切(すべて)の人のために逾越(すぎこし)の祭物(さゝげもの)となせるなり
  8. その牧伯(つかさ)等も民と祭司とレビ人(びと)に誠意(まごゝろ)より與(あた)ふる所ありまた神の室(いへ)の長(をさ)等ヒルキヤ、ゼカリヤ、ヱヒエルも綿羊(ひつじ)二千六百 牛(うし)三百を祭司に與(あた)へて逾越(すぎこし)の祭物(さゝげもの)と爲(な)す
  9. またレビ人(びと)の長(かしら)たる人々すなはちコナニヤおよびその兄弟シマヤ、ネタンエル並(ならび)にハシヤビヤ、ヱイエル、ヨザバデなども綿羊(ひつじ)五千 牛(うし)五百をレビ人(びと)に餽(おく)りて逾越(すぎこし)の祭物(さいもつ)となす
  10.  是(かく)のごとく献祭(つとめ)の事備(そな)はりぬれば王の命(めい)にしたがひて祭司等はその擔任場(もちば)に立ちレビ人(びと)はその班列(くみ)に循(した)がひ居(を)り
  11. やがて逾越(すぎこし)の物を宰(ほふ)りければ祭司その血をこれが手より受(うけ)て洒(そゝ)げりレビ人(びと)その皮を剥(はげ)り
  12. かくて燔祭(はんさい)の物を移して民の人々の父祖の家の區分(わかれ)に付(わた)してヱホバに献(さゝ)げしむモーセの書(ふみ)に記(しる)されたるが如(ごと)し其(その)牛に行ふところも亦(また)是(かく)のごとし
  13. 而(しか)して例規(さだめ)のごとくに逾越(すぎこし)の物を火にて炙(あぶ)りその他の聖物(せいぶつ)を鍋 釜 鼎(かなへ)などに烹(に)て一切(すべて)の民の人々に奔配(はせくば)れり
  14. かくて後かれら自身(みづから)のためと祭司等のために備ふ其(そ)はアロンの子孫たる祭司等は燔祭(はんさい)と脂(あぶら)を献(さゝ)げて夜に入(いり)たればなり是(これ)に因(より)て斯(かく)レビ人(びと)自分(みづから)のためとアロンの子孫たる祭司等のために備(そな)ふるなり
  15. アサフの子孫たる謳歌者(うたうたふもの)等はダビデ、アサフ、ヘマンおよび王の先見者ヱドトンの命(めい)にしたがひてその擔任場(もちば)に居り門を守る者等は門々に居(をり)てその職務(つとめ)を離るゝに及ばざりき其(そ)はその兄弟たるレビ人(びと)これがために備へたればなり
  16.  斯(かく)のごとく其日(そのひ)ヱホバの献祭(つとめ)の事ことごとく備(そな)はりければヨシア王の命(めい)にしたがひて逾越節(すぎこしのいはひ)を行ひヱホバの壇(だん)に燔祭(はんさい)を献(さゝ)げたり
  17. 即(すなは)ち其處(そこ)に來(きた)れるイスラエルの子孫(ひとびと)その時逾越節を行ひ七日の間酵(たね)いれぬパンの節(いはひ)を行へり
  18. 預言者サムエルの日より以來(このかた)イスラエルにて是(かく)のごとくに逾越節(すぎこしのいはひ)を行(おこな)ひし事なし又イスラエルの諸王の中にはヨシアが祭司レビ人(びと)ならびに來(きた)りあつまれるユダとイスラエルの諸人(ひとびと)およびヱルサレムの民とともに行ひし如(ごと)き逾越節を行ひし者一人もあらず
  19. この逾越節(すぎこしのいはひ)はヨシアの治世の十八年に行(おこな)ひしなり
  20.  是(かく)のごとくヨシア殿(みや)をとゝのへし後エジプトの王ネコ、ユフラテの邊(ほとり)なるカルケミシを攻撃(せめうた)んとて上り來(きた)りけるにヨシアこれを禦(ふせ)がんとて出往(いでゆけ)り
  21. 是(こゝ)においてネコ使者をかれに遣(つか)はして言ふユダの王よ是(これ)あに汝の與(あづか)る所ならんや今日は汝を攻(せめ)んとには非(あら)ず我敵(わがてき)の家を攻(せめ)んとするなり神われに命じて急がしむ神われとともにあり汝(なんぢ)神に逆(さから)ふことを罷(やめ)よ恐らくは彼なんぢを滅ぼしたまはんと
  22. 然(しか)るにヨシア面(かほ)を轉(かへ)して去(さる)ことを肯(うけが)はず却(かへつ)てこれと戰はんとて服装(すがた)を變(か)へ神の口より出(いで)しネコの言(ことば)を聽(きゝ)いれずしてメギドンの谷に到りて戰ひけるが
  23. 射手の者等ヨシア王に射中(いあて)たれば王その臣僕(しもべども)にむかひて我を扶(たす)け出せ我(われ)太痍(いたで)を負ふと言(いへ)り
  24. 是(こゝ)においてその臣僕(しもべ)等かれをその車より扶(たす)けおろし其(その)引(ひか)せたる次の車に乗(のせ)てヱルサレムにつれゆきけるが遂(つひ)に死(しに)たればその先祖の墓にこれを葬(はうむ)りぬユダとヱルサレムみなヨシアのために哀(かな)しめり
  25. 時にヱレミヤ、ヨシアのために哀歌(あいか)を作れり謳歌男(うたうたふをとこ)謳歌女(うたうたふをんな)今日にいたるまでその哀歌(あいか)の中(うち)にヨシアの事を述(の)べイスラエルの中(うち)に之(これ)を例(れい)となせりその詞(ことば)は哀歌の中に書(しる)さる
  26. ヨシアのその餘(ほか)の行爲(わざ)そのヱホバの律法(おきて)に録(しる)されたる所にしたがひて爲(なせ)し徳行(とくかう)
  27. およびその始終の行爲(わざ)などはイスラエルとユダの列王(れつわう)の書(ふみ)に記(しる)さる

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):歴代志略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章
19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章 35章 36章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書