目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

Old Testament「Book of Deuteronomy」
旧約聖書:申命記

第2章(CHAPTER 2)

  1. 斯(かく)て我らは身を轉(めぐ)らしヱホバの我に命じたまへる如(ごと)く紅海(こうかい)の途(みち)より曠野(あらの)に進みいりて日久しくセイル山を行(ゆき)めぐりたりしが
  2. ヱホバつひに我に告(つげ)て言(いひ)たまはく
  3. 汝等はこの山を行(ゆき)めぐること既(すで)に久し今よりは北に轉(めぐ)りて進め
  4. 汝また民に命じて言へ汝らはセイルに住(すめ)るヱサウの子孫なる汝らの兄弟の境界(さかひ)を通らんとす彼らはなんぢらを懼(おそ)れん汝ら深く自(みづか)ら謹(つゝし)むべし
  5. 彼らを攻(せむ)る勿(なか)れ彼らの地は足の跖(うら)に踐(ふむ)ほどをも汝らに與(あた)へじ其(そ)は我セイル山をエサウにあたへて産業(さんげふ)となさしめたればなり
  6. 汝ら金(かね)をもて彼らより食物を買(かひ)て食(くら)ひまた金をもて彼らより水をもとめて飮め
  7. 汝の神ヱホバ汝が手に作(なす)ところの諸(もろもろ)の事において汝をめぐみ汝がこの大(おほい)なる曠野(あらの)を通るを看(み)そなはしたまへり汝の神ヱホバこの四十年のあひだ汝とともに在(いま)したれば汝は乏(とぼ)しき所あらざりしなり
  8. 我らつひにセイル山に住(すめ)るエサウの子孫なる我らの兄弟を離れてアラバの路(みち)を通りエラテとエジオンゲベルを經(へ)て
     轉(めぐ)りてモアブの曠野(あらの)の路(みち)に進みいれり
  9. 時にヱホバわれに言(いひ)たまひけるはモアブ人(びと)をなやますなかれまた之(これ)を攻(せめ)て戰ふなかれ彼らの地をば我なんぢらの産業に與(あた)へじ其(そ)は我(われ)ロトの子孫にアルをあたへて産業となさしめたればなりと
  10. (昔エミ人(びと)こゝに住(すめ)り是(この)民は大(おほい)にして數多くアナク人(びと)のごとくに身長(たけ)高かり
  11. アナク人(びと)とおなじくレパイムと呼(よび)なされたりしがモアブ人(びと)はこれをエミ人(びと)とよべり
  12. ホリ人(びと)もまた昔セイルに住(すみ)をりしがエサウの子孫これを逐(おひ)滅(ほろぼ)し之(これ)にかはりて其處(そこ)に住(すめ)りイスラエルがヱホバに賜(たま)はりしその産業の地になせるが如(ごと)し)
  13. 茲(こゝ)に汝等今たちあがりゼレデ川を渉(わた)れとありければ我らすなはちゼレデ川を渉(わた)れり
  14. カデシバルネアを出(いで)てよりゼレデ川を渉(わた)るまでの間の日は三十八年にしてその代(よ)の軍人(いくさびと)はみな亡果(うせはて)て營中(えいちう)にあらずなりぬヱホバのかれらに誓(ちか)ひたまひし如(ごと)し
  15. 誠(まこと)にヱホバ手をもて之(これ)を攻(せ)めこれを營中より滅ぼしたまひければ終(つひ)にみな亡(うせ)はてたり
  16.  かく軍人(いくさびと)みなその民の中より死亡(しにうせ)たる時にあたりて
  17. ヱホバ我に告(つげ)て言(いひ)たまひけらく
  18. 汝(なんぢ)は今日モアブの境(さかひ)なるアルを通らんとす
  19. 汝アンモンの子孫に近く時に之(これ)をなやます勿(なか)れ之(これ)を攻(せむ)るなかれアンモンの子孫の地は我これを汝らの産業に與(あた)へじ其(そ)は我これをロトの子孫にあたへて産業となさしめたればなり
  20. (是(これ)もまたレパイムの國(くに)とよびなされたり昔レパイムこゝに住(すみ)ゐたれぱなりアンモン人(びと)はかれらをザムズミ人(びと)とよべり
  21. この民は大(おほい)にして數(かず)多くアナク人(びと)のごとくに身長(たけ)たかかりしがヱホバ、アンモン人(びと)の前に之(これ)を滅ぼしたまひたればアンモン人(びと)これを逐(おひ)はらひて之(これ)にかはりて住(すめ)り
  22. その事はセイルに住(すめ)るエサウの子孫の前にホリ人(びと)を滅ぼしたまひしが如(ごと)し彼らはホリ人(びと)を逐(おひ)はらひ之(これ)にかはりて今日まで其處(そこ)に住(すみ)をるなり
  23. カフトルより出(いで)たるカフトリ人(びと)はまたかの村々に住(すま)ひてガザにまで到(いた)るところのアビ人(びと)を滅ぼし之(これ)にかはりて其處(そこ)に居(を)る)
  24. 汝ら起(たち)あがり進みてアルノン河を渉(わた)れ我ヘシボンの王アモリ人(びと)シホンとこれが國(くに)を汝らの手に付(わた)す進んで之(これ)を獲(え)よ彼を攻(せめ)て戰へ
  25. 今日(けふ)我(われ)一天下(いつてんか)の國人(くにびと)に汝を畏(お)ぢ汝を懼(おそ)れしめん彼らは汝の名聲(きこえ)を聞(きゝ)て慄(ふる)ひ汝の爲(ため)に心を苦(くるし)めんと
  26.  茲(こゝ)に我ケデモテの曠野(あらの)よりヘシボンの王シホンに使者(つかひ)をおくり和好(やはらぎ)の言(ことば)を述(のべ)しめたり云(いは)く
  27. 我に汝の國(くに)を通らしめよ我は大路(おほぢ)を通りて行(ゆか)ん右にも左にも轉(まが)らじ
  28. 汝(なんぢ)金(かね)をとりて食物を我に賣(うり)て食(くら)はせ金(かね)をとりて水を我にあたへて飮(のま)せよ我はたゞ徒歩(かち)にて通らんのみ
  29. セイルに住(すめ)るエサウの子孫とアルに住(すめ)るモアブ人(びと)とが我になしたる如(ごと)くせよ然(しか)せば我はヨルダンを濟(わた)りて我らの神ヱホバの我らに賜(たま)ひし地にいたらんと
  30. 然(しか)るにヘシボンの王シホンは我らの通ることを容(ゆる)さゞりき是(こ)は汝の神ヱホバ彼を汝の手に付(わた)さんとてその氣(き)を頑梗(かたく)しその心を剛愎(かたくな)にしたまひたればなり今日見るが如(ごと)し
  31. 時にヱホバ我に言(いひ)たまひけるは視(み)よ我いまシホンとこれが地を汝に與(あた)へんとす進んでその地を獲(え)て汝の産業とせよと
  32. 茲(こゝ)にシホンその民をことごとく率(ひき)ゐて出(いで)きたりヤハヅに於(おい)て戰(たゝか)ひけるが
  33. 我らの神ヱホバ彼をわれらに付(わた)したまひたれば我らかれとその子等(こども)とその一切(すべて)の民を撃(うち)殺せり
  34. その時に我らは彼の邑々(まちまち)を盡(ことごと)く取りその一切(すべて)の邑(まち)の男女および兒童(こども)を滅(ほろぼ)して一人をも遺(のこ)さゞりき
  35. 只(たゞ)その家畜および邑々(まちまち)より取(とり)たる拉取物(ぶんどりもの)は我らこれを獲(え)て自分(おのれ)の物となせり
  36. アルノンの河邊(かはべ)のアロエルおよび河の傍(かたはら)なる邑(まち)よりギレアデにいたるまで我らの攻取(せめとり)がたき邑(まち)とては一(ひとつ)もあらざりき我らの神ヱホバこれを盡(ことごと)くわれらに付(わた)したまへり
  37. 第(たゞ)アンモンの子孫の地ヤボク川の全岸(ぜんがん)山地(やまち)の邑々(まちまち)など凡(すべ)てわれらの神ヱホバが我らの往(ゆく)を禁じたまへる處(ところ)には汝いたらざりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):申命記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章
18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書