目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

Old Testament「Book of Deuteronomy」
旧約聖書:申命記

第4章(CHAPTER 4)

  1. 今イスラエルよ我(わ)が汝らにヘ(をし)ふる法度(のり)と律法(おきて)を聽(きゝ)てこれを行(おこな)へ然(しか)せば汝らは生(いく)ることを得(え)汝らの先祖の神ヱホバの汝らに賜(たま)ふ地にいりて之(これ)を産業(さんげふ)となすを得(う)べし
  2. 我(わ)が汝らに命ずる言(ことば)は汝らこれを増しまたは減(へら)すべからず我(わ)が汝らに命ずる汝らの神ヱホバの命令を守るべし
  3. 汝らはヱホバがバアルペオルの事によりて行(おこな)ひたまひし所を目に觀(み)たり即(すなは)ちバアルペオルに從(したが)ひたる人々は汝の神ヱホバことごとく之(これ)を汝らの中間(うち)より滅(ほろぼ)し去(さり)たまひしが
  4. 汝らの神ヱホバに附(つき)て離れざりし汝等はみな今日までも生(いき)ながらへ居(を)るなり
  5. 我はわが神ヱホバの我に命じたまひし如(ごと)くに法度(のり)と律法(おきて)を汝らにヘ(をし)へ汝らをしてその往(ゆき)て獲(うる)ところの地において之(これ)を行(おこな)はしめんとせり
  6. 然(され)ば汝ら之(これ)を守り行(おこな)ふべし然(しか)する事は國々の民の目の前において汝らの智慧(ちゑ)たり汝らの知識たるなり彼らこの諸(もろもろ)の法度(のり)を聞(きゝ)て言(いは)んこの大(おほい)なる國人(くにびと)は必ず智慧(ちゑ)あり知識ある民なりと
  7. われらの神ヱホバは我らがこれに[よび]もとむるに常に我らに近く在(いま)すなり何(いづれ)の國人か斯(かく)のごとく大(おほい)にして神これに近く在(いま)すぞ
  8. また何(いづれ)の國人(くにびと)か斯(かく)のごとく大(おほい)にして今日我(わ)が汝らの前に立(たつ)るこの一切(すべて)の律法(おきて)の如(ごと)き正しき法度(のり)と律法(おきて)とを有(もて)るぞ
  9.  汝(なんぢ)深く自(みづか)ら愼(つゝし)み汝の心を善(よ)く守れ恐(おそら)くは汝その目に觀(み)たる事を忘れん恐(おそら)くは汝らの生存(いきなが)らふる日の中(うち)に其等(それら)の事汝の心を離れん汝それらの事を汝の子汝の孫にヘ(をし)へよ
  10. 汝がホレブにおいて汝の神ヱホバの前に立(たて)る日にヱホバわれに言(いひ)たまひけらく我(わが)ために民を集めよ我これに吾言(わがことば)を聽(きか)しめ之(これ)をしてその世に存(なが)らふる日の間我を畏(おそ)るゝことを學(まな)ばせまたその子女(こども)をヘふることを爲(なさ)しめんとすと
  11. 是(こゝ)において汝らは前(すゝ)みよりて山の麓(ふもと)に立ちけるが山は火にて燒(やけ)てその[ほのほ]は中天(なかぞら)に沖(いた)り暗くして雲ありK雲(くろくも)深かりき
  12. 時にヱホバ火の中より汝らに言(ものい)ひたまひしが汝らは言詞(ことば)の聲(こゑ)を聞(きけ)る而已(のみ)にて聲(こゑ)の外(ほか)は何の像(かたち)をも見ざりし
  13. ヱホバすなはち其(その)契約を汝らに述(のべ)て汝らに之(これ)を守れと命じたまへり是(これ)すなはち十誡(じつかい)にしてヱホバこれを二枚(ふたひら)の石の板に書(しる)したまふ
  14. かの時にヱホバ我に命じて汝らに法度(のり)と律法(おきて)をヘへしめたまへり是(これ)汝らにその往(ゆき)て獲(うる)ところの地にて之(これ)を爲(なさ)しめんとてなりき
  15.  ホレブにおいてヱホバ火の中より汝らに言(ものい)ひたまひし日には汝ら何の像(かたち)をも見ざりしなり然(され)ば汝ら深く自(みづか)ら愼(つゝし)み
  16. 道をあやまりて自己(おのれ)のために偶像を刻(きざ)む勿(なか)れ物の像は男の形にもあれ女の形にもあれ凡(すべ)て造(つく)るなかれ
  17. 即(すなは)ち地の上にをる諸(もろもろ)の獣(けもの)の像(ざう)空に飛ぶ諸(もろもろ)の鳥の像
  18. 地に匍(は)ふもろもろの物の像(ざう)地の下の水の中に居る諸(もろもろ)の魚の像(ざう)など凡(すべ)て造る勿(なか)れ
  19. 汝(なんぢ)目をあげて天を望み日(ひ)月(つき)星辰(ほし)など凡(すべ)て天の衆群(しうぐん)を觀(み)誘(いざな)はれてこれを拝(をが)み之(これ)に事(つか)ふる勿(なか)れ是(これ)は汝の神ヱホバが一天下(いつてんか)の萬國(ばんこく)の人々に分(わか)ちたまひし者なり
  20. ヱホバ汝らを取り汝らを鐵(てつ)の爐(かま)の中(うち)すなはちエジブトより導きいだして自己(おのれ)の産業の民となしたまへること今日のごとし
  21. 然(しか)るにヱホバなんぢらの故(ゆゑ)によりて我を怒(いか)り我はヨルダンを濟(わた)りゆくことを得(え)ずまた汝の神ヱホバが汝の産業に賜(たま)ひしその美地(よきち)に入(いる)ことを得(え)ずと誓(ちか)ひたまへり
  22. 我はこの地に死(しな)ざるを得(え)ず我はヨルダンを濟(わた)りゆくことあたはずなんぢらは濟(わた)りゆきて之(これ)を獲(え)て産業となすことを得(え)ん
  23. 汝ら自(みづか)ら愼(つゝし)み汝らの神ヱホバが汝らに立(たて)たまひし契約を忘れて汝の神ヱホバの禁じたまふ偶像など凡(すべ)て物の像を刻(きざ)むことを爲(なす)なかれ
  24. 汝の神ヱホバは燬盡(やきつく)す火(ひ)嫉妬(ねたむ)神なり
  25.  汝ら子を擧(まう)け孫(まご)を得てその地に長く居(をる)におよびて若(も)し道をあやまりて偶像など凡(すべ)て物の像を刻(きざ)み汝の神ヱホバの惡(あし)と觀(み)たまふ事をなしてその震怒(いかり)を惹(ひき)おこすことあらば
  26. 我(われ)今日天と地を呼(よび)て證(あかし)となす汝らはかならずそのヨルダンを濟(わた)りゆきて獲(え)たる地より速(すみや)かに滅亡(ほろび)うせん汝らはその上に汝らの日を永(なが)うする能(あた)はず必ず滅(ほろ)びうせん
  27. ヱホバなんぢらを國々に散(ちら)したまふべしヱホバの汝らを逐(おひ)やりたまふ國々の中(うち)に汝らの遺(のこ)る者はその數(かず)寡(すく)なからん
  28. 其處(そこ)にて汝らは人の手の作(わざ)なる見(みる)ことも聞(きく)ことも食(くら)ふことも嗅(かぐ)こともなき木や石の神々に事(つか)へん
  29. 但(たゞ)しまた其處(そこ)にて汝その神ヱホバを求むるあらんに若(も)し心をつくし精神を盡(つく)してこれを求めなば之(これ)に遇(あは)ん
  30. 後(のち)の日にいたりて汝(なんぢ)艱難(なやみ)にあひて此(この)もろもろの事の汝に臨(のぞ)まん時に汝もしその神ヱホバにたち歸(かへ)りてその言(ことば)にしたがはゞ
  31. 汝の神ヱホバは慈悲(あはれみ)ある神なれば汝を棄(すて)ず汝を滅(ほろぼ)さずまた汝の先祖に誓(ちか)ひたりし契約を忘れたまはざるべし
  32.  試(こゝろみ)に問(と)へ汝の前に過(すぎ)さりし日(ひ)神が地の上に人を造りたまひし日より已來(このかた)天の此極(このはて)より彼極(かのはて)までに曾(かつ)て斯(かく)のごとき大(おほい)なる事ありしや是(かく)のごとき事の聞(きこ)えたる事ありしや
  33. 曾(かつ)て人(ひと)神が火の中より言(ものい)ふ聲(こゑ)を汝らが聞(きけ)るごとくに聞(きゝ)て尚(なほ)生(いけ)る者ありしや
  34. 汝らの神ヱホバがエジプトにおいて汝らの目の前にて汝らの爲(ため)に諸(もろもろ)の事を爲(なし)たまひし如(ごと)く曾(かつ)て試探(こゝろみ)と徴證(しるし)と奇蹟(ふしぎ)と戰爭(たゝかひ)と強き手と伸(のべ)たる腕と大(おほい)なる恐嚇(おどし)をもて來(きた)りこの民をかの民の中(うち)より領(ひき)いださんとせし神ありしや
  35. 汝にこの事を示しゝはヱホバはすなはち神にしてその外(ほか)には有(ある)ことなしと汝に知(しら)しめんがためなりき
  36. 汝をヘへんためにヱホバ天より汝に聲(こゑ)を聞(きか)しめ地に於(おい)てはまたその大(おほい)なる火を汝に示したまへり即(すなは)ち汝はその言(ことば)の火の中より出(いづ)るを聞(きけ)り
  37. ヱホバ汝の先祖等を愛したまひしが故(ゆゑ)にその後(のち)の子孫を選び大(おほい)なる能力(ちから)をもて親(みづか)ら汝をエジプトより導(みちび)き出(いだ)したまひ
  38. 汝よりも大(おほい)にして強き國々の民を汝の前より逐(おひ)はらひ汝をその地に導(みちび)きいりて之(これ)を汝の産業に與(あた)へんとしたまふこと今日のごとくなり
  39. 然(され)ば汝今日知(しり)て心に思念(おもふ)べし上は天(てん)下は地(ち)においてヱホバは神にいましその外(ほか)には神(かみ)有(ある)こと無(な)し
  40. 今日(けふ)わが汝に命ずるヱホバの法度(のり)と命令を守るべし然(しか)せば汝と汝の後(のち)の子孫(しそん)祥(さいはひ)を得(え)汝の神ヱホバの汝にたまふ地において汝その日を永(なが)うすることを得て疆(かぎり)なからん
  41.  斯(かく)てモーセ、ヨルダンの此旁(こなた)日の出(いづ)る方(かた)において邑(まち)三(みつ)を別(わか)てり
  42. 是(これ)素(もと)より怨(うらみ)なきに誤(あやま)りて人を殺せる者をして其處(そこ)に逃(のが)れしむる爲(ため)なり其邑(そのまち)の一(ひとつ)に逃(のが)るゝ時はその人生命(いのち)を全(まつた)うするを得(う)べし
  43. 即(すなは)ち一(ひとつ)は曠野(あらの)の内の平野(ひらの)にあるベゼル是(これ)はルベン人(びと)のためなり一(ひとつ)はギレアデのラモテ是(これ)はガド人(びと)のためなり一(ひとつ)はバシヤンのゴラン是(これ)はマナセ人(びと)のためなり
  44.  モーセがイスラエルの子孫(ひとびと)の前に示しゝ律法(おきて)は是(これ)なり
  45. イスラエルの子孫(ひとびと)のエジブトより出(いで)たる後(のち)モーセこの誡命(いましめ)と法度(のり)と律法(おきて)を之(これ)に述(のべ)たり
  46. 即(すなは)ちヨルダンの此旁(こなた)なるアモリ人(びと)の王シホンの地にありベテペオルに對(たい)する谷に於(おい)て之(これ)を述(のべ)たりシホンはヘシボンに住(すみ)をりしがモーセとイスラエルの子孫(ひとびと)エジプトより出(いで)きたりし後(のち)これを撃(うち)ほろぼして
  47. 之(これ)が地を獲(え)またバシヤンの王オグの地を獲(え)たり彼ら二人はアモリ人(びと)の王にしてヨルダンの此旁(こなた)日の出(いづ)る方(かた)に居(をれ)り
  48. その獲(え)たる地はアルノン河の邊(ほとり)なるアロエルよりヘルモンといふシオン山にいたり
  49. ヨルダンの此旁(こなた)すなはちその東の方なるアラバの全部を括(かね)てアラバの鹽海(しほうみ)に達しピスガの麓(ふもと)におよべり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):申命記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章
18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書