目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

Old Testament「Book of Deuteronomy」
旧約聖書:申命記

第5章(CHAPTER 5)

  1. 茲(こゝ)にモーセ、イスラエルをことごとく召(めし)て之(これ)に言ふイスラエルよ今日(けふ)我(わ)がなんぢらの耳に語るところの法度(のり)と律法(おきて)とを聽きこれを學(まな)びこれを守りて行(おこな)へよ
  2. 我らの神ヱホバ、ホレブに於(おい)て我らと契約(けいやく)を結びたまへり
  3. この契約はヱホバわれらの先祖等とは結ばずして我ら今日(こんにち)此(こゝ)に生存(いきながら)へをる者と結びたまへり
  4. ヱホバ山において火の中(うち)より汝らと面(かほ)をあはせて言(ものい)ひたまひしが
  5. その時我はヱホバと汝らの間にたちてヱホバの言(ことば)を汝らに傳(つた)へたり汝ら火に懼(おそ)れて山にのぼり得(え)ざりければなり
  6.  ヱホバすなはち言(いひ)たまひけらく我は汝の神ヱホバ汝をエジプトの地その奴隸(どれい)たる家より導(みちび)き出(いだ)せし者なり
  7.  汝(なんぢ)わが面(かほ)の前に我の外(ほか)何物をも神とすべからず
  8.  汝(なんぢ)自己(おのれ)のために何の偶像をも彫(きざ)むべからず又(また)上(かみ)は天にある者下(しも)は地にある者ならびに地の下の水の中にある者の何の形状(かたち)をも作るべからず
  9. 之(これ)を拝(をが)むべからず之(これ)に事(つか)ふべからず我ヱホバ汝の神は嫉(ねた)む神なれば我を惡(にく)む者にむかひては父の罪を子に報(むく)いて三四代(さんよだい)におよぼし
  10. 我を愛しわが誡命(いましめ)を守る者には恩惠(めぐみ)を施(ほどこ)して千代(せんだい)にいたるなり
  11.  汝の神ヱホバの名を妄(みだり)に口にあぐべからずヱホバは己(おのれ)の名を妄(みだり)に口にあぐる者を罰(つみ)せではおかざるべし
  12.  安息日(あんそくにち)を守りて之(これ)を聖潔(きよく)すること汝の神ヱホバの汝に命ぜしごとくすべし
  13. 六日のあひだ勞(はたら)きて汝の一切(すべて)の業(わざ)を爲(なす)べし
  14. 七日は汝の神ヱホバの安息(あんそく)なれば何の業務(わざ)をも爲(なす)べからず汝も汝の男子(むすこ)女子(むすめ)も汝の僕(しもべ)婢(しもめ)も汝の牛(うし)驢馬(ろば)も汝の諸(もろもろ)の家畜も汝の門の中(うち)にをる他國(よそぐに)の人も然(しか)り斯(かく)なんぢ僕(しもべ)婢(しもめ)をして汝とおなじく息(やす)ましむべし
  15. 汝(なんぢ)誌(おぼ)ゆべし汝かつてエジプトの地に奴隸(どれい)たりしに汝の神ヱホバ強き手と伸(の)べたる腕とをもて其處(そこ)より汝を導(みちび)き出(いだ)したまへり是(こゝ)をもて汝の神ヱホバなんぢに安息日(あんそくにち)を守れと命じたまふなり
  16.  汝の神ヱホバの汝に命じたまふごとく汝の父母を敬(うやま)へ是(これ)汝の神ヱホバの汝に賜(たま)ふ地において汝の日の長からんため汝に祥(さいはひ)のあらんためなり
  17. 汝(なんぢ)殺(ころ)す勿(なか)れ
  18. 汝(なんぢ)姦淫(かんいん)する勿(なか)れ
  19. 汝(なんぢ)盗(ぬす)むなかれ
  20. 汝(なんぢ)その隣(となり)に對(たい)して虚妄(いつはり)の證據(あかし)をたつる勿(なか)れ
  21. 汝(なんぢ)その隣人(となり)の妻(つま)を貪(むさぼ)るなかれまた隣人(となり)の家 田野(たはた)僕(しもべ)婢(しもめ)牛(うし)驢馬(ろば)ならびに凡(すべ)て汝の隣人(となり)の所有(もちもの)を貪(むさぼ)るなかれ
  22.  是等(これら)の言(ことば)をヱホバ山において火の中(うち)雲の中(うち)K雲(くろくも)の中(うち)より大(おほい)なる聲(こゑ)をもて汝らの全會衆(ぜんくわいしう)に告(つげ)たまひしが此外(このほか)には言(いふ)ことを爲(なさ)ず之(これ)を二枚(ふたひら)の石の版(いた)に書(しる)して我に授(さづ)けたまへり
  23. 時にその山は火にて燒(やけ)をりしが汝らK暗(くらやみ)の中(うち)よりその聲(こゑ)の出(いづ)るを聞(きく)におよびて汝らの支派(わかれ)の長(かしら)および長老等(としよりども)我に進みよりて
  24. 言(いひ)けるは視(み)よ我らの神ヱホバその榮光(さかえ)とその大(おほい)なる事を我らに示したまひて我らその聲(こゑ)の火の中(うち)より出(いづ)るを聞(きけ)り我ら今日(けふ)ヱホバ人(ひと)と言(ものい)ひたまふてその人の尚(なほ)生(いけ)るを見る
  25. 我らなんぞ死にいたるべけんや此(この)大(おほい)なる火われらを燒(やき)ほろぼさんとするなり我らもし此上(このうへ)になほ我らの神ヱホバの聲(こゑ)を聞(きか)ば死(しぬ)べし
  26. 凡(およ)そ肉身(にくしん)の者の中(うち)誰か能(よ)く活神(いけるかみ)の火の中(うち)より言(ものい)ひたまふ聲(こゑ)を我らのごとくに聞(きゝ)てなほ生(いけ)る者あらんや
  27. 請(こ)ふ汝(なんぢ)進みゆきて我らの神ヱホバの言(いひ)たまふところを都(すべ)て聽(き)き我らの神ヱホバの汝に告給(つげたま)ふところを都(すべ)て我らに告(つげ)よ我ら聽(きゝ)て行(おこな)はんと
  28.  ヱホバなんぢらが我に語れる言(ことば)の聲(こゑ)を聞(きゝ)てヱホバ我に言(いひ)たまひけるは我この民が汝に語れる言(ことば)の聲(こゑ)を聞(きけ)り彼らの言(いふ)ところは皆善(よ)し
  29. 只(たゞ)願(ねがは)しきは彼等が斯(かく)のごとき心を懐(いだ)いて恒(つね)に我を畏(おそ)れ吾(わ)が誡命(いましめ)を守りてその身もその子孫(しそん)も永(なが)く福祉(さいはひ)を得(うる)にいたらん事なり
  30. 汝ゆきて彼らに言へ汝らおのおのその天幕(てんまく)にかへるべしと
  31. 然(され)ど汝は此(こゝ)にて我(わが)傍(かたはら)に立て我なんぢに諸(もろもろ)の誡命(いましめ)と法度(のり)と律法(おきて)とを告(つげ)しめさん汝これを彼らにヘ(をし)へ我が彼らに與(あた)へて産業となさしむる地において彼らにこれを行(おこな)はしむべしと
  32. 然(され)ば汝らの神ヱホバの汝等に命じたまふごとくに汝ら謹(つゝし)みて行(おこな)ふべし右にも左にも曲(まが)るべからず
  33. 汝らの神ヱホバの汝らに命じたまふ一切(すべて)の道に歩(あゆ)め然(しか)せば汝らは生(いく)ることを得(え)かつ福祉(さいはひ)を得て汝らの産業(さんげふ)とする地に汝らの日を長(なが)うすることを得(え)ん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):申命記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章
18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書