目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

Old Testament「Book of Deuteronomy」
旧約聖書:申命記

第6章(CHAPTER 6)

  1. 是(これ)すなはち汝(なんぢ)らの神ヱホバが汝らにヘへよと命じたまふところの誡命(いましめ)と法度(のり)と律法(おきて)とにして汝らがその濟(わた)りゆきて獲(うる)ところの地にて行(おこな)ふべき者なり
  2. 是(これ)は汝と汝の子および汝の孫をしてその生命(いのち)ながらふる日の間つねに汝の神ヱホを畏(おそ)れしめて我(わ)が汝らに命ずるその諸(もろもろ)の法度(のり)と誡命(いましめ)とを守らしめんため又なんぢの日を永(なが)からしめんための者なり
  3. 然(され)ばイスラエルよ聽(きゝ)て謹(つゝし)んでこれを行(おこな)へ然(しか)せば汝は福祉(さいはひ)を獲(え)汝の先祖の神ヱホバの汝に言(いひ)たまひしごとく乳(ちゝ)と蜜(みつ)の流るゝ國(くに)にて汝の數(かず)おほいに増(まさ)ん
  4.  イスラエルよ聽(き)け我らの神ヱホバは惟一(たゞひとり)のヱホバなり
  5. 汝(なんぢ)心を盡(つく)し精神を盡(つく)し力を盡(つく)して汝の神ヱホバを愛すべし
  6. 今日(けふ)わが汝に命ずる是(これ)らの言(ことば)は汝これをその心にあらしめ
  7. 勤(つとめ)て汝の子等(こども)にヘ(をし)へ家に坐(ざ)する時も路(みち)を歩(あゆ)む時も寝(いぬ)る時も興(おく)る時もこれを語るべし
  8. 汝またこれを汝の手に結びて號(しるし)となし汝の目の間におきて誌(おぼえ)となし
  9. また汝の家の柱と汝の門に書記(かきしる)すべし
  10.  汝の神ヱホバその汝の先祖アブラハム、イサク、ヤコブにむかひて汝に與(あたへ)んと誓(ちか)ひたりし地に汝を入(いら)しめん時は汝をして汝が建(たて)たる者にあらざる大(おほい)なる美(うるは)しき邑々(まちまち)を得(え)させ
  11. 汝が盈(みた)せるに非(あらざ)る諸(もろもろ)の佳物(よきもの)を盈(みた)せる家を得させ汝が堀(ほり)たる者にあらざる堀井(ほりゐど)を得させ汝が植えしにあらざる葡萄園(ぶだうぞの)と橄攬(かんらん)の樹とを得させたまふべし汝は食(くら)ひて飽(あか)ん
  12. 然(しか)る時は汝(なんぢ)愼(つゝし)め汝をエジプトの地(ち)奴隸(どれい)たる家より導き出(いだ)しゝヱホバを忘るゝ勿(なか)れ
  13. 汝の神ヱホバを畏(おそ)れてこれに事(つか)へその名を指(さし)て誓(ちか)ふことをすべし
  14. 汝ら他(ほか)の神々すなはち汝の四周(まはり)なる民の神々に從ふべからず
  15. 汝らの中(うち)にいます汝の神ヱホバは嫉妬(ねたむ)神なれば恐(おそら)くは汝の神ヱホバ汝にむかひて怒(いかり)を發(はつ)し汝を地の面(おもて)より滅(ほろぼ)し去(さり)たまはん
  16.  汝(なんぢ)マツサにおいて試(こゝろ)みしごとく汝の神ヱホバを試(こゝろ)むるなかれ
  17. 汝らの神ヱホバの汝らに命じたまへる誡命(いましめ)と律法(おきて)と法度(のり)とを汝ら謹(つゝし)みて守るべし
  18. 汝ヱホバの義(たゞし)と視(み)善(よし)と視(み)たまふ事を行(おこな)ふべし然(しか)せば汝(なんぢ)福祉(さいはひ)を獲(え)かつヱホバの汝の先祖に誓(ちか)ひたまひしかの美地(よきち)に入(いり)てこれを産業となすことを得(え)ん
  19. ヱホバまたその言(いひ)たまひし如(ごと)く汝の敵をことごとく汝の前より逐(おひ)はらひたまはん
  20.  後(のち)の日に至(いた)りて汝の子なんぢに問(とふ)てこの汝らの神ヱホバが汝らに命じたまひし誡命(いましめ)と法度(のり)と律法(おきて)とは何のためなるやと言(いは)ば
  21. 汝その子に告(つげ)て言(いふ)べし我らは昔エジプトにありてパロの奴隸(どれい)たりしがヱホバ強き手をもて我らをエジプトより導(みちび)き出(いだ)したまへり
  22. 即(すなは)ちヱホバわれらの目の前において大(おほい)なる畏(おそ)るべき徴(しるし)と奇蹟(ふしぎ)をエジプトとパロとその全家(ぜんか)とに示したまひ
  23. 我らを其慮(そこ)より導き出して其(その)曾(かつ)て我等の先祖に誓(ちか)ひし地に我らを入(いら)せて之(これ)を我らに與(あた)へたまへり
  24. 而(しか)してヱホバ我らにこの諸(もろもろ)の法度(のり)を守れと命じたまふ是(これ)われらをして我らの神ヱホバを畏(おそ)れて常に幸(さいはひ)ならしめんため又ヱホバ今日(こんにち)のごとく我らを守りて生命(いのち)を保(たも)たしめんとてなりき
  25. 我らもしその命ぜられたるごとく此(この)一切(すべて)の誡命(いましめ)を我らの神ヱホバの前に謹(つゝし)んで守らぱ是(これ)われらの義(ぎ)となるべしと

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):申命記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章
18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書