目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

Old Testament「Book of Deuteronomy」
旧約聖書:申命記

第7章(CHAPTER 7)

  1. 汝(なんぢ)の神ヱホバ汝が往(ゆき)て獲(う)べきところの地に汝を導(みちび)きいり多(おほく)の國々の民ヘテ人(びと)ギルガシ人(びと)アモリ人(びと)カナン人(びと)ペリジ人(びと)ヒビ人(びと)ヱブス人(びと)など汝よりも數多くして力ある七(なゝつ)の民を汝の前より逐(おひ)はらひたまはん時
  2. すなはち汝の神ヱホバかれらを汝に付(わた)して汝にこれを撃(うた)せたまはん時は汝かれらをことごとく滅(ほろぼ)すべし彼らと何の契約(けいやく)をもなすべからず彼らを憫(あはれ)むべからず
  3. また彼らと婚姻(こんいん)をなすべからず汝の女子(むすめ)を彼の男子(むすこ)に與(あた)ふべからず彼の女子(むすめ)を汝の男子(むすこ)に娶(めと)るべからず
  4. 其(そ)は彼ら汝の男子(むすこ)を惑(まど)はして我を離れしめ之(これ)をして他(ほか)の神々に事(つか)へしむるありてヱホバこれがために汝らにむかひて怒(いかり)を發(はつ)し俄然(にはか)に汝を滅(ほろぼ)したまふにいたるべければなり
  5. 汝らは反(かへつ)て斯(かく)かれらに行(おこな)ふべし即(すなは)ちかれらの壇(だん)を毀(こぼ)ちその偶像(ぐうざう)を打擢(うちくだ)きそのアシラ像を斫(きり)たふし火をもてその雕像(てうざう)を焚(やく)べし
  6.  其(そ)は汝は汝の神ヱホバの聖民(きよきたみ)なればなり汝の神ヱホバは地の面(おもて)の諸(もろもろ)の民の中(うち)より汝を擇(えら)びて己(おのれ)の寶(たから)の民となしたまへり
  7. ヱホバの汝らを愛し汝らを擇(えら)びたまひしは汝らが萬(よろづ)の民よりも數(かず)多かりしに因(よる)にあらず汝らは萬(よろづ)の民の中(うち)にて最も小(ちひさ)き者なればなり
  8. 但(たゞ)ヱホバ汝らを愛するに因(よ)りまた汝らの先租等に誓(ちかひ)し誓(ちかひ)を保(たも)たんとするに因(より)てヱホバ強き手をもて汝らを導きいだし汝らを其(その)奴隸(どれい)たりし家よりエジプトの王パロの手より贖(あがな)ひいだしたまへるなり
  9. 汝(なんぢ)知(しる)べし汝の神ヱホバは神にましまし眞實(しんじつ)の神にましまして之(これ)を愛しその誡命(いましめ)を守る者には契約を保ち恩惠(めぐみ)をほどこして千代(せんだい)にいたり
  10. また之(これ)を惡(にく)む者には覿面(てきめん)にその報(むくい)をなしてこれを滅(ほろ)ぼしたまふヱホバは己(おのれ)を惡(にく)む者には緩(ゆるやか)ならず覿面(てきめん)にこれに報(むく)いたまふなり
  11. 然(され)ば汝わが今日汝に命ずるところの誡命(いましめ)と法度(のり)と律法(おきて)とを守りてこれを行(おこな)ふべし
  12.  汝らもし是(これ)らの律法(おきて)を聽きこれを守り行(おこな)はゞ汝の神ヱホバ汝の先祖等に誓(ちか)ひし契約を保ちて汝に恩惠(めぐみ)をほどこしたまはん
  13. 即(すなは)ち汝を愛し汝を惠(めぐ)み汝の數(かず)を増したまひその昔なんぢに與(あた)へんと汝らの先祖等に誓(ちかひ)たりし地において汝の兒女(こども)をめぐみ汝の地の産物 穀物 酒 油等を殖(ふや)し汝の牛の産(さん)汝の羊(ひつじ)の産(さん)を増(まし)たまふべし
  14. 汝は惠(めぐ)まるゝこと萬(よろづ)の民に愈(まさ)らん汝らの中(うち)および汝らの家畜の中には男も女も子なき者は無(なか)るべし
  15. ヱホバまた諸(もろもろ)の疾病(やまひ)を汝の身より除(のぞ)きたまひ汝らが知る彼(か)のエジプトの惡(あし)き病(やまひ)を汝の身に臨(のぞ)ましめず但(たゞ)汝を惡(にく)む者に之(これ)を臨(のぞ)ませたまふべし
  16. 汝は汝の神ヱホバの汝に付(わた)したまはんところの民をことごとく滅(ほろぼ)しつくすべし彼らを憫(あはれ)み見(みる)べからずまた彼らの神に事(つか)ふべからずその事汝の罟(わな)となればなり
  17.  汝(なんぢ)是(これ)らの民は我よりも衆(おほ)ければ我いかでか之(これ)を逐(おひ)はらふことを得(え)んと心に謂(おも)ふか
  18. 汝かれらを懼(おそ)るゝなかれ汝の神ヱホバがパロとエジプトに爲(なし)たまひしところの事を善(よ)く憶(おぼ)えよ
  19. 即(すなは)ち汝が眼に見たる大(おほい)なる試煉(こゝろみ)と徴證(しるし)と奇蹟(ふしぎ)と強き手と伸(のべ)たる腕とを憶(おぼ)えよ汝の神ヱホバこれをもて汝を導き出したまへり是(かく)のごとく汝の神ヱホバまた汝が懼(おそ)るゝ一切(すべて)の民に爲(なし)たまふべし
  20. 即(すなは)ち汝の神ヱホバ黄蜂(くまばち)を彼らの中に遣(おく)りて終(つひ)に彼らの遺(のこ)れる者と汝の面(かほ)を避(さけ)て匿(かく)れたる者とを滅(ほろぼ)したまはん
  21. 汝かれらを懼(おそ)るゝ勿(なか)れ其(そ)は汝の神ヱホバ能力(ちから)ある畏(おそ)るべき神(かみ)汝らの中(うち)にいませばなり
  22. 汝の神ヱホバ是等(これら)の國人(くにびと)を漸々(やうやう)に汝の前より逐(おひ)はらひたまはん汝は急速(すみやか)に彼らを滅(ほろぼ)しつくす可(べか)らず恐(おそら)くは野の獣(けもの)殖(ふえ)て汝に逼(せま)らん
  23. 汝の神ヱホバかれらを汝に付(わた)し大(おほい)にこれを惶(おそ)れ慄(をのゝ)かしめて終(つひ)にこれを滅(ほろぼ)し盡(つく)し
  24. 彼らの王等を汝の手に付(わた)したまはん汝かれらの名を天(あめ)が下より削(けづ)るべし汝には當(あた)ることを得(う)る者なくして汝つひに之(これ)を滅ぼし盡(つく)すに至らん
  25. 汝かれらの神の雕像(てうざう)を火にて焚(やく)べし之(これ)に著(き)せたる銀あるひは金を貪(むさぼ)るべからず之(これ)を己(おのれ)に取(とる)べからず恐(おそら)くは汝これに因(より)て罟(わな)にかゝらん是(これ)は汝の神ヱホバの憎(にく)みたまふ者なれば也(なり)
  26. 憎(にく)むべき物を汝の家に携(たづさ)へいるべからず恐くは汝も其(その)ごとくに詛(のろ)はるゝ者とならん汝これを大(おほい)に忌(い)み痛(いた)く嫌(きら)ふべし是(これ)は詛(のろ)ふべき者なればなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):申命記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章
18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書