目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

Old Testament「Book of Deuteronomy」
旧約聖書:申命記

第14章(CHAPTER 14)

  1. 汝(なんぢ)らは汝等の神ヱホバの子等(こども)なり汝ら死(しぬ)る者のために己(おの)が身に傷(きずつ)くべからずまた己(おの)が目の間にあたる頂(いたゞき)の髮を剃(そる)べからず
  2. 其(そ)は汝は汝の神ヱホバの聖民(きよきたみ)なればなりヱホバは地の面(おもて)の諸(もろもろ)の民の中(うち)より汝を擇(えら)びて己(おのれ)の寶(たから)の民となし給(たま)へり
  3.  汝(なんぢ)穢(けがら)はしき物は何をも食(くら)ふ勿(なか)れ
  4. 汝らが食(くら)ふべき獣畜(けもの)は是(これ)なり即(すなは)ち牛(うし)羊(ひつじ)山羊(やぎ)
  5. 牡鹿(をじか)羚羊(かもしか)小鹿(こじか)[やまひつじ] [くじか] [おほじか] [おほくじか]など
  6. 凡(すべ)て獣畜(けもの)の中(うち)蹄(ひづめ)の分(わか)れ割(われ)て二つの蹄(ひづめ)を成(なせ)る反芻(にれはむ)獣(けもの)は汝ら之を(これ)食(くら)ふべし
  7. 但(たゞ)し反芻者(にれはむもの)と蹄(ひづめ)の分(わか)れたる者の中(うち)汝らの食(くら)ふべからざる者は是(これ)なり即(すなは)ち駱駝(らくだ)兎(うさぎ)および山鼠(やまねづみ)是(これ)らは反芻(にれはめ)ども蹄(ひづめ)わかれざれば汝らには汚(けが)れたる者なり
  8. また豚(ぶた)是(これ)は蹄(ひづめ)わかるれども反芻(にれはむ)ことをせざれば汝らには汚(けがれ)たる者なり汝ら是等(これら)の物の肉を食(くら)ふべからずまたその死體(しかばね)に捫(さは)るべからず
  9.  水にをる諸(もろもろ)の物の中(うち)是(かく)のごとき者を汝ら食(くら)ふべし即(すなは)ち凡(すべ)て翅(ひれ)と鱗(うろこ)のある者は皆(みな)汝ら之(これ)を食(くら)ふべし
  10. 凡(すべ)て翅(ひれ)と鱗(うろこ)のあらざる者は汝らこれを食(くら)ふべからず是(これ)は汝らには汚(けがれ)たる者なり
  11.  また凡(すべ)て潔(きよ)き鳥は皆(みな)汝らこれを食(くら)ふべし
  12. 但(たゞ)し是等(これら)は食(くら)ふべからず即(すなは)ちG(わし)黄鷹(くまたか)鳶(とび)
  13. [はやぶさ] 鷹(たか)K鷹(くろたか)の類(たぐひ)
  14. 各種(もろもろ)の鴉(からす)の類(たぐひ)
  15. 駝鳥(だてう) 梟(ふくろ) 鴎(かもめ)雀鷹(すゞめたか)の類(たぐひ)
  16. 鸛(かう) 鷺(さぎ) 白鳥(はくてう)
  17. [をすめどり] 大鷹(おほたか)鵜(う)
  18. 鶴(つる) 鸚鵡(おうむ)の類(たぐひ) 鷸(しぎ)および蝙蝠(かうもり)
  19. また凡(すべ)て羽翼(つばさ)ありて匍(はふ)ところの者は汝らには汚(けがれ)たる者なり汝らこれを食(くら)ふべからず
  20. 凡(すべ)て羽翼(つばさ)をもて飛(とぶ)ところの潔(きよ)き物は汝らこれを食(くら)ふべし
  21.  凡(およ)そ自(みづか)ら死(しに)たる者は汝ら食(くら)ふべからず汝の門の内にをる他國(よそぐに)の人に之(これ)を與(あた)へて食(くは)しむべし又これを異邦人(ことくにびと)に賣(うる)も可(よ)し汝は汝の神ヱホバの聖民(きよきたみ)なればなり汝(なんぢ)山羊羔(こやぎ)をその母の乳(ちゝ)にて煮(にる)べからず
  22.  汝かならず年々(としどし)に田畝(はたけ)に種(たね)蒔(まき)て獲(うる)ところの産物の什一(じふいつ)を取(とる)べし
  23. 而(しか)して汝の神ヱホバの前すなはちヱホバのその名を置(おか)んとて擇(えら)びたまはん處(ところ)において汝の穀物(こくもつ)と酒と油の什一(じふいつ)を食(くら)ひまた汝の牛羊(うしひつじ)の首出(うひご)を食(くら)ひ斯(かく)して汝の神ヱホバを常に畏(おそ)るゝことを學(まな)ぶべし
  24. 但(たゞ)しその路行(みちゆく)に勝(たへ)がたくして之(これ)を携(たづさ)へいたること能(あた)はざる時または汝の神ヱホバのその名を置(おか)んとて擇(えら)びたまへる處(ところ)汝を離るゝこと餘(あま)りに遠(とほ)き時は汝もし汝の神ヱホバの恩惠(めぐみ)に潤(うるほ)ふ身ならば
  25. その物を金に易(か)へその金を包みて手に執(と)り汝の神ヱホバの擇(えら)びたまへる處(ところ)に往(ゆ)き
  26. 凡(すべ)て汝の心の好む物をその金に易(かふ)べし即(すなは)ち牛(うし)羊(ひつじ)葡萄酒(ぶだうしゅ)濃酒(こきさけ)など凡(すべ)て汝が心に欲する物をもとめ其處(そこ)にて汝の神ヱホバの前にこれを食(くら)ひ汝と汝の家族ともに樂(たのし)むべし
  27. 汝の門の内にをるレビ人(びと)を棄(すつ)る勿(なか)れ是(これ)は汝の中間(うち)に分(ぶん)なく産業なき者なればなり
  28.  三年の末(すゑ)に到る毎(ごと)にその年の産物の十分の一を盡(ことごと)く持出してこれを汝の門の内に儲蓄(たくは)ふべし
  29. 然(しか)る時は汝の中間(うち)に分なく産業なきレビ人(びと)および汝の門の内にをる他國(よそぐに)の人と孤子(みなしご)と寡婦(やもめ)など來(きた)りてこれを食(くら)ひて飽(あか)ん斯(かく)せば汝の神ヱホバ汝が手をもて爲(なす)ところの諸(もろもろ)の事において汝に福祉(さいはひ)を賜(たま)ふべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):申命記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章
18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書