目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

Old Testament「Book of Deuteronomy」
旧約聖書:申命記

第19章(CHAPTER 19)

  1. 汝(なんぢ)の神ヱホバこの國々の民を滅(ほろぼ)し絶(た)ち汝の神ヱホバこれが地を汝に賜(たま)ふて汝つひにこれを獲(え)その邑々(まちまち)とその家々に住(すむ)にいたる時は
  2. 汝の神ヱホバの汝に與(あた)へて産業となさしめたまふ地の中(うち)に三(みつ)の邑(まち)を汝のために區別(わかつ)べし
  3. 而(しか)して汝これに道路(みち)を開きまた汝の神ヱホバの汝に與(あた)へて産業となさしめたまふ地の全體(ぜんたい)を三(みつ)の區(く)に分(わか)ち凡(すべ)て人を殺せる者をして其處(そこ)に逃(のが)れしむべし
  4.  人を殺せる者の彼處(かしこ)に逃(のが)れて生命(いのち)を全(まつた)うすべきその事は是(かく)のごとし即(すなは)ち凡(すべ)て素(もと)より惡(にく)むことも無く知(しら)ずしてその鄰人(となりびと)を殺せる者
  5. 例(たとへ)ば人(ひと)木を伐(きら)んとてその鄰人(となりびと)とともに林に入り手に斧(をの)を執(とり)て木を斫(きら)んと撃(うち)おろす時にその頭(かしら)の鐵(てつ)柯(え)より脱(ぬけ)てその鄰人(となりびと)にあたりて之(これ)を死(しな)しめたるが如(ごと)き是(これ)なり斯(かゝ)る人は是等(これら)の邑(まち)の一(ひとつ)に逃(のが)れて生命(いのち)を全(まつた)うすべし
  6. 恐(おそら)くは復仇(あだうち)する者(もの)心(こゝろ)熱(ねつ)してその殺人者(ひとごろし)を追かけ道路(みち)長きにおいては遂(つひ)に追(おひ)しきて之(これ)を殺さん然(しか)るにその人は素(もと)より之(これ)を惡(にく)みたる者にあらざれば殺さるべき理(り)あらざるなり
  7. 是(こゝ)をもて我なんぢに命じて三(みつ)の邑(まち)を汝のために區別(わかつ)べしと言(いへ)り
  8. 汝の神ヱホバ汝の先祖等に誓(ちか)ひしごとく汝の境界(さかひ)を廣(ひろ)め汝の先祖等に與(あた)へんと言(いひ)し地を盡(ことごと)く汝に賜(たま)ふにいたらん時
  9. 即(すなは)ち汝(なんぢ)我(わ)が今日なんぢに命ずるこの一切(すべて)の誡命(いましめ)を守りてこれを行なひ汝の神ヱホバを愛し恒(つね)にその道に歩(あゆ)まん時はこの三(みつ)の外(ほか)にまた三(みつ)の邑(まち)を増加(ましくは)ふべし
  10. 是(これ)汝の神ヱホバの汝に與(あた)へて産業となさしめたまふ地に辜(つみ)なき者の血を流すこと無(なか)らんためなり斯(かく)せずばその血汝に歸(き)せん
  11.  然(され)どもし人その隣人(となりびと)を惡(にく)みて之(これ)を附覘(つけねら)ひ起(たち)かゝり撃(うち)てその生命(いのち)を傷(そこな)ひて之(これ)を死(しな)しめ而(しか)してこの邑(まち)の一(ひとつ)に逃(のが)れたる事あらば
  12. その邑(まち)の長老等(としよりたち)人を遣(やり)て之(これ)を其處(そこ)より曳(ひき)きたらしめ復仇者(あだうつもの)の手にこれを付(わた)して殺さしむべし
  13. 汝かれを憫(あはれ)み視(み)るべからず辜(つみ)なき者の血を流せる咎(とが)をイスラエルより除(のぞ)くべし然(しか)せば汝に福祉(さいはひ)あらん
  14.  汝の神ヱホバの汝に與(あた)へて獲(え)させたまふ地の中(うち)において汝が嗣(つ)ぐところの産業に汝の先人(せんじん)の定めたる汝の鄰(となり)の地界(ちざかひ)を侵(をか)すべからず
  15.  何の惡にもあれ凡(すべ)てその犯(をか)すところの罪は只一人の證人(あかしびと)によりて定(さだ)むべからず二人の證人(あかしびと)の口によりまたは三人の證人(あかしびと)の口によりてその事を定(さだ)むべし
  16. もし偽妄(いつはり)の證人(あかしびと)起(おこ)りて某(それ)の人は惡事をなせりと言(いひ)たつること有(あら)ば
  17. その相爭(あひあらそ)ふ二人の者ヱホバの前に至り當時(そのとき)の祭司(さいし)と士師(さばきびと)の前に立(たつ)べし
  18. 然(しか)る時(とき)士師(さばきびと)詳細(つまびらか)にこれを査(しら)べ視(み)るにその證人(あかしびと)もし偽妄(いつはり)の證人(あかしびと)にしてその兄弟にむかひて虚妄(いつはり)の證(あかし)をなしたる者なる時は
  19. 汝(なんぢ)兄弟に彼が蒙(かうむ)らさんと謀(はか)れる所を彼に蒙(かうむ)らし斯(かく)して汝らの中(うち)より惡事(あくじ)を除(のぞ)くべし
  20. 然(しか)せばその遺(のこ)れる者等(ものども)聞(きゝ)て畏(おそ)れその後(のち)かさねて斯(かゝ)る惡(あし)き事を汝らの中(うち)におこなはじ
  21. 汝(なんぢ)憫(あはれ)み視(み)ることをすべからず生命(いのち)は生命(いのち)眼(め)は眼(め)歯(は)は歯(は)手(て)は手(て)足(あし)は足(あし)をもて償(つくの)はしむべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):申命記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章
18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書