目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

Old Testament「Book of Deuteronomy」
旧約聖書:申命記

第22章(CHAPTER 22)

  1. 汝(なんぢ)の兄弟の牛または羊の迷ひをるを見てこれを見すて置(おく)べからず必ずこれを汝の兄弟に牽(ひき)ゆきて歸(かへ)すべし
  2. 汝の兄弟もし汝に近からざるか又は汝かれを知(しら)ざる時はこれを汝の家に牽(ひき)ゆきて汝の許(もと)におき汝の兄弟の尋(たづ)ねきたるに及びて之(これ)を彼に還(かへ)すべし
  3. 汝の兄弟の驢馬(ろば)におけるも是(かく)のごとく爲(な)しまたその衣服(きもの)におけるも斯(かく)なすべし凡(すべ)て汝の兄弟の失ひたる遺失物(うせもの)を得(え)たる時も汝かく爲(なす)べし之(これ)を見すておくべからず
  4. また汝の兄弟の驢馬(ろば)または牛の途(みち)に[たふ]れをるを見て見すておくべからず必ずこれを助け起すべし
  5.  女は男の衣服(ころも)を纒(まと)ふべからずまた男は女の衣裳(きもの)を著(きる)べからず凡(すべ)て斯(かく)する者は汝の神ヱホバこれを憎(にく)みたまふなり
  6.  汝(なんぢ)鳥の巣の路(みち)の頭(ほとり)または樹の上または土の上にあるを見んに雛(ひな)または卵その中(うち)にありて母烏その雛または卵の上に伏(ふし)をらばその母鳥を雛とともに取(とる)べからず
  7. かならずその母鳥を去(さら)しめ唯(たゞ)その雛のみをとるべし然(しか)せば汝(なんぢ)福祉(さいはひ)を獲(え)かつ汝の日を永(なが)うすることを得(え)ん
  8.  汝(なんぢ)新しき家を建(たつ)る時はその屋蓋(やね)の周圍(まはり)に欄杆(らんかん)を設(まう)くべし是(これ)は人その上より堕(おち)てこれが血の汝の家に歸(き)すること無(なか)らんためなり
  9.  汝(なんぢ)菓物園(くだものばたけ)に異類(いるゐ)の種(たね)を混(まぜ)て播(まく)べからず然(しか)せば汝が播(まき)たる種より産する物および汝の菓物園より出(いづ)る菓物(くだもの)みな聖物(きよきもの)とならん
  10. 汝(なんぢ)牛と驢馬(ろば)とを[あは]せて耕(たがへ)すことを爲(なす)べからず
  11. 汝(なんぢ)毛と麻(あさ)とをまじへたる衣服(ころも)を著(きる)べからず
  12.  汝が上に纒(まと)ふ衣服(ころも)の裾(すそ)の四方に[ふさ]をつくべし
  13.  人もし妻を娶(めと)り之(これ)とともに寝(いね)て後(のち)これを嫌(きら)ひ
  14. 我この婦人(をんな)を娶(めと)りしが之(これ)と寝(いね)たる時にその處女(をとめ)なるを見ざりしと言(いひ)て誹謗(そしり)の辭ネ(ことがら)を設(まう)けこれに惡(あし)き名を負(おは)せなば
  15. その女の父と母その女の處女(をとめ)たる證跡(しるし)を取り門にをる邑(まち)の長老等(としよりたち)にこれを差出し
  16. 而(しか)してその女の父(ちゝ)長老等に言(いふ)べし我この人にわが女子(むすめ)を與(あた)へて妻となさしめしにこの人これを嫌(きら)ひ
  17. 誹謗(そしり)の辭ネ(ことがら)を設けて言ふ我なんぢの女子(むすめ)の處女(をとめ)なるを見ざりしと然(しか)るに吾(わが)女子(むすめ)の處女(をとめ)なりし證跡(しるし)は此(こゝ)にありと斯(かく)いひてその父母かの布(ぬの)を邑(まち)の長老等の前に展(のぶ)べし
  18. 然(しか)る時は邑(まち)の長老等その人を執(とら)へてこれを鞭(むちう)ち
  19. 又これに銀(ぎん)百シケルを罰(ばつ)してその女の父に償(はら)はしむべし其(そ)はイスラエルの處女(をとめ)に惡(あし)き名を負(おは)せたればなり斯(かく)てその人はこれを妻とすべし一生これを去(さる)ことを得(え)ず
  20. 然(され)どこの事もし眞(まこと)にしてその女の處女(をとめ)なる證跡(しるし)あらざる時は
  21. その女をこれが父の家の門に曳(ひき)いだしその邑(まち)の人々石をもてこれを撃(うち)ころすべし其(そ)は彼その父の家にて淫(みだり)なる事をなしてイスラエルの中(うち)に惡をおこなひたればなり汝かく惡事を汝らの中(うち)より除(のぞ)くべし
  22.  もし夫に適(ゆき)し婦(をんな)と寝(いぬ)る男あるを見ばその婦(をんな)と寝(いね)たる男と其(その)婦(をんな)とをともに殺し斯(かく)して惡事をイスラエルの中(うち)より除(のぞ)くべし
  23.  處女(をとめ)なる婦人(をんな)すでに夫に適(ゆく)の約をなせる後(のち)ある男これに邑(まち)の内に遇(あひ)てこれを犯(をか)さば
  24. 汝らその二人を邑(まち)の門に曳(ひき)いだし石をもてこれを撃(うち)ころすべし是(これ)その女は邑(まち)の内にありながら叫ぶことをせざるに因(よ)りまたその男はその鄰(となり)の妻を辱(はづか)しめたるに因(より)てなり汝かく惡事を汝らの中(うち)より除(のぞ)くべし
  25.  然(され)ど男もし人に適(ゆく)の約をなしゝ女に野にて遇(あ)ひこれを強(しひ)て犯(をか)すあらば之(これ)を犯(をか)しゝ男のみを殺すべし
  26. その女には何をも爲(なす)べからず女には死にあたる罪なし人その鄰人(となりびと)に起(たち)むかひてこれを殺せるとその事おなじ
  27. 其(そ)は男(をとこ)野にてこれに遇(あひ)たるが故(ゆゑ)にその人に適(ゆく)の約をなしゝ女叫びたれども拯(すく)ふ者なかりしなり
  28.  男もし未(いま)だ人に適(ゆく)の約をなさゞる處女(をとめ)なる婦(をんな)に遇(あ)ひこれを執(とら)へて犯(をか)すありてその二人(ふたり)見あらはされなば
  29. これを犯せる男その女の父に銀(ぎん)五十シケルを與(あた)へて之(これ)を己(おのれ)の妻とすべし彼その女を辱(はづか)しめたれば一生これを去るべからざるなり
  30.  人その父の妻を娶(めと)るべからずその父の被(ふすま)を掀開(まくる)べからず

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):申命記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章
18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書