目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

Old Testament「Book of Deuteronomy」
旧約聖書:申命記

第24章(CHAPTER 24)

  1. 人妻(ひとづま)を取(とり)てこれを娶(めと)れる後(のち)恥(はづ)べき所のこれにあるを見てこれを好まずなりたらば離縁取を書(かき)てこれが手に交(わた)しこれをその家より出(いだ)すべし
  2. その婦(をんな)これが家より出(いで)たる後(のち)往(ゆき)て他(ほか)の人に嫁(とつ)ぐことをせんに
  3. 後(のち)の夫もこれを嫌(きら)ひ離縁取を書(かき)てその手にわたして之(これ)を家より出(いだ)し又はこれを妻にめとれるその後(のち)の夫(をつと)死(しぬ)るあるも
  4. 是(これ)は已(すで)に身を[けが]したるに因(より)て之(これ)を出(いだ)したるその先の夫ふたゝびこれを妻にめとるべからず是(これ)ヱホバの憎(にく)みたまふ事なればなり汝の神ヱホバの汝に與(あた)へて産業となさしめたまふ地に汝(なんぢ)罪を負(おは)すなかれ
  5.  人あらたに妻を娶(めと)りたる時は之(これ)を軍(いくさ)に出すべからずまた何の職務(つとめ)をもこれに任(おは)すべからずその人は一年家に間居(かんきょ)してその娶(めと)れる妻を慰(なぐさ)むべし
  6.  人その磨(ひき)[うす]を質におくべからず是(これ)その生命(いのち)をつなぐ物を質(しち)におくなればなり
  7.  イスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)なるその兄弟を拐帶(かどわか)してこれを使ひまたはこれを賣(う)る人あるを見ばその拐帶者(かどわかし)を殺し然(しか)して汝らの中より惡を除(のぞ)くべし
  8.  汝(なんぢ)癩病(らいびやう)を愼(つゝし)み凡(すべ)て祭司たるレビ人(びと)が汝らにヘ(をし)ふる所を善(よ)く守りて行(おこな)ふべし即(すなは)ち我(わ)が彼らに命ぜしごとくに汝ら守りて行(おこな)ふべし
  9. 汝らがエジプトより出(いで)きたれる路(みち)にて汝の神ヱホバがミリアムに爲(なし)たまひしところの事を誌(おぼ)えよ
  10.  凡(すべ)て汝の鄰(となり)に物を貸(かし)あたふる時は汝みづからこれが家にいりてその質物(しちもつ)を取(とる)べからず
  11. 汝は外に立(たち)をり汝が貸(かし)たる人その質物(しちもつ)を外に持(もち)いだして汝に付(わた)すべし
  12. その人もし困苦者(なやめるもの)ならば之(これ)が質物を留(とめ)おきて睡眠(ねむり)に就(つく)べからず
  13. かならず日の入る頃その質物を之(これ)に還(かへ)すべし然(しか)せばその人おのれの上衣(うはぎ)をまとふて睡眠(ねむり)につくことを得て汝を祝(しゅく)せん是(これ)汝の神ヱホバの前において汝の義(ぎ)となるべし
  14.  困苦(なやめ)る貧(まづし)き傭人(やとひびと)は汝の兄弟にもあれ又は汝の地にてなんぢの門の内に寄寓(やど)る他國(よそぐに)の人にもあれ之(これ)を虐(しへた)ぐべからず
  15. 當日(そのひ)にこれが値(あたひ)をはらふべし日の入るまで延(のば)すべからず其(そ)は貧(まづし)き者にてその心にこれを慕(した)へばなり恐らくは彼ヱホバに汝を訴(うつた)ふるありて汝(なんぢ)罪を獲(え)ん
  16.  父はその子等(こども)の故(ゆゑ)によりて殺さるべからず子等(こども)はその父の故(ゆゑ)によりて殺さるべからず各人(おのおの)おのれの罪によりて殺さるべきなり
  17.  汝(なんぢ)他國(よそぐに)の人または孤子(みなしご)の審判(さばき)を曲(まぐ)べからずまた寡婦(やもめ)の衣服(ころも)を質に取(とる)べからず
  18. 汝(なんぢ)誌(おぼ)ゆべし汝はエジプトに奴隸(どれい)たりしが汝の神ヱホバ汝を其處(そこ)より贖(あがな)ひいだしたまへり是(こゝ)をもて我この事をなせと汝に命ずるなり
  19.  汝(なんぢ)田野(はたけ)にて穀物を刈る時もしその一束(ひとたば)を田野(はたけ)に忘れおきたらば返りてこれを取(とる)べからず他國(よそぐに)の人と孤子(みなしご)と寡婦(やもめ)とにこれを取(とら)すべし然(しか)せば汝の神ヱホバ凡(すべ)て汝が手に作(なす)ところの事に祝福(さいはひ)を降(くだ)したまはん
  20. 汝(なんぢ)橄欖(かんらん)を打落(うちおと)す時は再びその枝をさがすべからずその遺(のこ)れる者を他國(よそぐに)の人と孤子(みなしご)と寡婦(やもめ)とに取(とら)すべし
  21. また葡萄園(ぶだうばたけ)の葡萄(ぶだう)を摘(つみ)とる時はその遺(のこ)れる者を再びさがすべからず他國(よそぐに)の人と孤子(みなしご)と寡婦(やもめ)とにこれを取(とら)すべし
  22. 汝(なんぢ)誌(おぼ)ゆべし汝はエジプトの國に奴隸(どれい)たりしなり是(こゝ)をもて我この事を爲(な)せと汝に命ず

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):申命記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章
18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書