目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

Old Testament「Book of Deuteronomy」
旧約聖書:申命記

第32章(CHAPTER 32)

  1. 天(あめ)よ耳を傾(かた)むけよ我(われ)語らん地(つち)よ吾(わが)口の言(ことば)を聽(き)け
  2. わがヘ(をしへ)は雨の降(くだ)るがごとし吾言(わがことば)は露(つゆ)のおくがごとく[こさめ]の若艸(わかくさ)の上にふるごとく細雨(きりさめ)の艸(あをくさ)の上にくだるが如(ごと)し
  3. 我はヱホバの御名(みな)を頌揚(たゝへあげ)ん我らの神に汝(なんぢ)ら榮光(さかえ)を歸(き)せよ
  4. ヱホバは磐(いは)にましましてその御行爲(みわざ)は完(まつた)くその道はみな正しまた眞實(まこと)ある神にましまして惡(あし)きところ無し只(たゞ)正くして直(なほ)くいます
  5. 彼らはヱホバにむかひて惡(あし)き事をおこなふ者にてその子にはあらず只(たゞ)これが[きず]となるのみ其(その)人と爲(なり)は邪僻(よこしま)にして曲(まが)れり
  6. 愚(おろか)にして智慧(ちゑ)なき民よ汝らがヱホバに報(むく)ゆること是(かく)のごとくなるかヱホバは汝の父にして汝を贖(あがな)ひまた汝を造り汝を建(たて)たまはずや
  7. 昔の日を憶(おぼ)え過(すぎ)にし世代(よゝ)の年を念(おも)へよ汝の父に問(とふ)べし彼汝に示さん汝の中(うち)の年老(としより)に問(とふ)べし彼ら汝に語らん
  8. 至高者(いとたかきもの)人の子を四方(よも)に散(ちら)して萬(よろづ)の民にその産業(もちもの)を分(わか)ちイスラエルの子孫(ひとびと)の數(かず)に照(てら)して諸(もろもろ)の民の境界(さかひ)を定(さだ)めたまへり
  9. ヱホバの分はその民にしてヤコブはその産業(もちもの)たり
  10. ヱホバこれを荒野(あれの)の地に見これに獣(けもの)の吼(ほゆ)る曠野(あらの)に遇(あ)ひ環(めぐ)りかこみて之(これ)をいたはり眼(め)の珠(たま)のごとくにこれを護(まも)りたまへり
  11. G(わし)のその巣雛(すびな)を喚起(よびおこ)しその子の上に[まひ]翔(かける)ごとくヱホバその羽(はね)を展(のべ)て彼らを載(の)せその翼(つばさ)をもてこれを負(おひ)たまへり
  12. ヱホバは只独(たゞひとり)にてかれを導きたまへり別神(あだしがみ)はこれとともならざりき
  13. ヱホバかれに地の高處(たかみ)を乗(のり)とほらせ田園(たはた)の産物(なりいでもの)を食(くら)はせ石の中より蜜(みつ)を吸(すは)しめ磐(いは)の中より油を吸(すは)しめ
  14. 牛の乳(ちゝ)羊の乳 羔羊(こひつじ)の脂(あぶら)バシヤンより出(いづ)る牡羊(をひつじ)牡山羊(をやぎ)および小麥(こむぎ)の最(もつと)も佳(よ)き者をこれに食(くら)はせたまひき汝はまた葡萄(ぶだう)の汁の紅(あか)き酒を飮(のめ)り
  15. 然(しか)るにヱシユルンは肥(こえ)て[ける]ことを爲(な)す汝は肥(こえ)太りて大きくなり己(おのれ)を造りし神を棄(す)て已(おの)が救拯(すくひ)の磐(いは)を軽(かろ)んず
  16. 彼らは別神(あだしがみ)をもて之(これ)が嫉妬(ねたみ)をおこし憎(にく)むべき者をもて之(これ)が震怒(いかり)を惹(ひ)く
  17. 彼らが犠牲(いけにへ)をさゝぐる者は鬼にして神にあらず彼らが識(しら)ざりし鬼神(かみがみ)近頃(ちかごろ)新(あらた)に出(いで)たる者汝らの遠(とほ)つ親の畏(かしこ)まざりし者なり
  18. 汝を生(うみ)し磐(いは)をば汝これを棄(す)て汝を造(つく)りし神をば汝これを忘(わす)る
  19. ヱホバこれを見その男子(むすこ)女子(むすめ)を怒(いか)りてこれを棄(すて)たまふ
  20. すなはち曰(いひ)たまはく我わが面(かほ)をかれらに隠(かく)さん我かれらの終(をはり)を觀(み)ん彼らはみな背(そむ)き悸(もと)る類(たぐひ)の者(もの)眞實(まこと)あらざる子等(こども)なり
  21. 彼らは神ならぬ者をもて我に嫉妬(ねたみ)を起させ虚(むなし)き者をもて我を怒(いか)らせたれば我も民ならぬ者をもて彼らに嫉妬(ねたみ)を起させ愚(おろか)なる民をもて彼らを怒(いか)らせん
  22. 即(すなは)ちわが震怒(いかり)によりて火(ひ)燃(もえ)いで深き陰府(よみ)に燃(もえ)いたりまた地とその産物(なりいでもの)とを燒(やき)つくし山々の基(もとゐ)をもやさん
  23. 我(われ)禍災(わざはひ)をかれらの上に積(つみ)かさね吾(わが)矢をかれらにむかひて射(い)つくさん
  24. 彼らは飢(うゑ)て痩(やせ)おとろへ熱の病患(わづらひ)と惡(あし)き疫(えやみ)とによりて滅(ほろ)びん我またかれらをして獣(けもの)の歯にかからしめ地(つち)に匍(は)ふ者の毒(どく)にあたらしめん
  25. 外には劒(つるぎ)内には恐惶(おそれ)ありて少(わか)き男をも少(わか)き女をも幼兒(をさなご)をも白髮(しらが)の人をも滅(ほろ)ぼさん
  26. 我は曰(い)ふ我(われ)彼等を吹掃(ふきはら)ひ彼らの事をして世の中に記憶(おぼえ)らるゝこと無(なか)らしめんと
  27. 然(しか)れども我は敵人(あだびと)の怒(いかり)を恐(おそ)る即(すなは)ち敵人(あだびと)これを見あやまりて言(いは)ん我らの手(て)能(よ)くこれを爲(なせ)り是(これ)はすべてヱホバの爲(なせ)るにあらずと
  28. 彼らはまつたく智慧(ちゑ)なき民なりその中(うち)には知識ある者なし
  29. 嗚呼(あゝ)彼らもし智慧(ちゑ)あらば之(これ)を了(さと)りてその身の終(をはり)を思慮(おもんばか)らんものを
  30. 彼らの磐(いは)これを賣(うら)ずヱホバこれを付(わた)さずば爭(いかで)か一人にて千人を逐(お)ひ二人にて萬人(まんにん)を敗(やぶ)ることを得(え)ん
  31. 彼らの磐(いは)は我らの磐(いは)にしかず我らの敵(あだ)たる者等も然(しか)認めたり
  32. 彼らの葡萄(ぶだう)の樹はソドムの葡萄(ぶだう)の樹またゴモラの野より出(いで)たる者その葡萄(ぶだう)は毒葡萄(どくぶだう)その球(ふさ)は苦(にが)し
  33. その葡萄酒(ぶだうしゅ)は蛇の毒のごとく蝮(まむし)の惡(あし)き毒のごとし
  34. 是(これ)は我の許(もと)に蓄(たくは)へあり我の庫(くら)に封(ふう)じこめ有(ある)にあらずや
  35. 彼らの足の[よろめ]かん時に我(われ)仇(あだ)をかへし應報(むくい)をなさんその災禍(わざはひ)の日は近く其(それ)がために備(そな)へられたる事は迅速(すみやか)にいたる
  36. ヱホバつひにその民を鞫(さば)きまたその僕(しもべ)に憐憫(あはれみ)をくはへたまはん其(そ)は彼らの力のすでに去(さり)うせて繋(つな)がれたる者も繋(つな)がれざる者もあらずなれるを見たまへばなり
  37. ヱホバ言(いひ)たまはん彼らの神々は何處(いづこ)にをるや彼らがョ(たの)める磐(いは)は何處(いづこ)ぞや
  38. 即(すなは)ちその犠牲(いけにへ)の膏油(あぶら)を食(くら)ひその灌祭(くわんさい)の酒を飮(のみ)たる者は何處(いづこ)にをるや其等(それら)をして起(たち)て汝らを助けしめ汝らを護(まもら)しめよ
  39. 汝ら今(いま)觀(み)よ我こそは彼なり我の外(ほか)には神なし殺すこと活(いか)すこと撃(うつ)こと愈(いや)すことは凡(すべ)て我(われ)是(これ)を爲(な)す我手(わがて)より救(すく)ひ出(いだ)すことを得(う)る者あらず
  40. 我(われ)天にむかひて手をあげて言ふ我は永遠(とこしなへ)に活(い)く
  41. 我わが閃爍(きらめ)く刃(やいば)を磨(と)ぎ審判(さばき)をわが手に握(にぎ)る時はかならず仇(あだ)をわが敵にかへし我を惡(にく)む者に返報(むくい)をなさん
  42. 我わが箭(や)をして血に酔(よは)しめ吾(わが)劍(つるぎ)をして肉を食(くらは)しめん即(すなは)ち殺(ころさ)るゝ者と捕(とらへ)らるゝ者の血を之(これ)に飮(のま)せ敵の髮(かみ)おほき首(かうべ)の肉をこれに食(くら)はせん
  43. 國々の民よ汝らヱホバの民のために歓悦(よろこび)をなせ其(そ)はヱホバその僕(しもべ)の血のために返報(むくい)をなしその敵に仇(あだ)をかへしその地とその民の汚穢(けがれ)をのぞきたまへばなり
  44.  モーセ、ヌンの子ヨシユアとともに到(いた)りてこの歌の言(ことば)をことごとく民(たみ)に誦(よみ)きかせたり
  45. モーセこの言語(ことば)をことごとくイスラエルの一切(すべて)の人に告(つげ)をはりて
  46. これに言(いひ)けるは我(わ)が今日なんぢらに對(むか)ひて證(あかし)するこの一切(すべて)の言語(ことば)を汝ら心に蔵(をさ)め汝らの子等(こども)にこの律法(おきて)の一切(すべて)の言語(ことば)を守りおこなふことを命(めい)ずべし
  47. 抑(そもそも)この言(ことば)は汝らには虚(むな)しき言(ことば)にあらず是(これ)は汝らの生命(いのち)なりこの言(ことば)によりて汝らはそのヨルダンを濟(わた)りゆきて獲(うる)ところの地にて汝らの生命(いのち)を永(なが)うすることを得(う)るなり
  48.  この日にヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  49. 汝(なんぢ)ヱリコに對(たい)するモアブの地のアバリム山に登りてネボ山にいたり我(わ)がイスラエルの子孫(ひとびと)にあたへて産業となさしむるカナンの地を觀(み)わたせよ
  50. 汝はその登れる山に死(しに)て汝の民に列(つら)ならん是(これ)汝の兄弟アロンがホル山に死(しに)てその民に列(つらな)りしごとくなるべし
  51. 是(こ)は汝らチンの曠野(あらの)なるカデシのメリバの水の邊(ほとり)においてイスラエルの子孫(ひとびと)の中間(なか)にて我に悖(もと)りイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)に我の聖(きよ)きことを顕(あらは)さゞりしが故(ゆゑ)なり
  52. 然(され)ども汝は我(わ)がイスラエルの子孫(ひとびと)に與(あた)ふる地を汝の前に觀(み)わたすことを得(え)ん但(たゞ)しその地には汝いることを得(え)じ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):申命記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章
18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書