目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Old Testament「Book of Esther」
旧約聖書:エステル書

第2章(CHAPTER 2)

  1. これらの事の後アハシユエロス王(わう)忿怒(いかり)とけてワシテおよび彼が爲(なし)たる所またその彼にむかひて議(はかり)定(さだ)めしところの事を憶(おも)ひおこせり
  2. こゝに王の前に事(つか)ふる僕(しもべ)等いひけるは請(こ)ふ美(うるは)しき少(わか)き處女(をとめ)等を王のために尋(たづね)もとめん
  3. 願(ねが)はくは王(わう)御國(みくに)の各州において官吏(つかさびと)を擇(えら)び之(これ)をして美(うる)はしき處女(をとめ)をことごとくシユシヤンの城に集めしめ婦人(をんな)を管理(つかさど)る王の侍從(じじう)ヘガイの手にわたして婦人(をんな)の局(つぼね)に入らしめ而(しか)して潔淨(きよめ)の物をこれに與(あた)へたまへ
  4. 斯(かく)して王の御意(みこゝろ)に適(かな)ふ女子を取りワシテに代(かは)りて后(きさき)とならしめたまへと王この事を善(よし)として然(しか)なしぬ
  5.  茲(こゝ)にシユシヤンの城に一人のユダヤ人(びと)ありその名をモルデカイと曰(い)ひキシの曾孫(ひこ)シメイの孫(まご)ヤイルの子にしてベニヤミン人(びと)なり
  6. かれはバビロンの王ネブカデネザルが捕(とら)へゆきしユダの王ヱコニヤとともに捕(とら)はれ往(ゆけ)る俘囚(とりこ)の中にありてヱルサレムより移されたる者なり
  7. かれその叔父(をぢ)の女(むすめ)ハダツサすなはちエステルを養(やしな)ひ育てたり是(こ)は父も母もなかりければなり この女子(をんなご)顔貌(かほかたち)勝(すぐ)れてうるはしかりしがその父母の死(しに)たる後モルデカイこれを取(とり)ておのれの女(むすめ)となせるなり
  8.  王の命令(おふせ)と詔言(みことのり)の聞(きこ)え傳(つた)はり衆多(おほく)の女子シユシヤンの城にあつめられてヘガイの手にわたされし時エステルも亦(また)王の家に携(たづさ)へられてゆき婦人(をんな)を管理(つかさど)るヘガイの手に交(わた)されしが
  9. この女子ヘガイの意(こゝろ)にかなひて之(これ)が惠(めぐみ)を受(うけ)たり即(すな)はちヘガイすみやかに之(これ)に潔淨(きよめ)の物およびその分を與(あた)へまた王の家の中(うち)より七人の侍女(こしもと)を擧(あげ)てこれに附(つき)そはしめ彼とその侍女(こしもと)等を婦人(をんな)の局(つぼね)の中(うち)なる最も佳(よ)き處(ところ)に移しぬ
  10. エステルはおのれの民をもおのれの宗族(やから)をも顯(あら)はさゞりき其(そ)はモルデカイこれを顯(あら)はすなかれと彼に言(いひ)ふくめたればなり
  11. またモルデカイはエステルの模樣(ありさま)およびその如何(いか)になれるかを知(しら)んため日々に婦人(をんな)の局(つぼね)の庭の前をあゆめり
  12.  女子はおのおの婦人(をんな)の則(のり)にしたがひて十二ヶ月を經(へ)しかる後順番にいりてアハシユエロス王にいたる是(これ)その潔淨(きよめ)の日を終(をふ)るはかくのごとくなるが故(ゆゑ)なり即(すなは)ち沒薬(もつやく)の油を用ふること六ヶ月また各種の薫物(かほりもの)および婦人(をんな)の潔淨(きよめ)ごとにあつる物等を用(もち)ふること六ヶ月
  13. 女子の王にいたるは是(かく)のごとしその婦人(をんな)の局(つぼね)より出(いで)て王の家にゆく時には凡(すべ)てその望む物をことごとく與(あた)へらる
  14. 而(しか)して夕(ゆふべ)に往(ゆ)き朝(あした)におよびて婦人(をんな)の第二の局(つぼね)に還(かへ)り妃嬪(ひめ)をつかさどる王の侍從(じじう)シヤシガスの手に屬(ぞく)す王これを喜(よろ)こびて名をさして召すにあらざれば重(かさ)ねて王にいたることなし
  15. こゝにモルデカイの叔父(をぢ)アビハイルの女(むすめ)すなはちモルデカイが取(とり)ておのれの女(むすめ)となしたるエステル入(いり)て王にいたるべき順番にあたりけるが彼は婦人(をんな)をつかさどる王の侍從(じじう)ヘガイが言(いひ)きかせたる事の外(ほか)には何をももとめざりきエステルは凡(すべ)て彼を見る者によろこばれたり
  16.  かくエステルは王の家に召(めし)いれられてアハシユエロス王にいたれり是(これ)その治世(ぢせい)の第七年十月即(すなは)ちテベテの月なり
  17. 王(わう)一切(すべて)の婦人(をんな)に超(こえ)てエステルを愛しければエステルはすべての處女(をとめ)にまさりて王の前に恩寵(めぐみ)と厚情(なさけ)を得(え)たり王つひに后(きさき)の冕(かんむり)をかれの首(かうべ)に戴(いたゞ)かせ彼をしてワシテにかはりて后(きさき)とならしむ
  18. こゝにおいて王おほいなる酒宴を設(まう)けてそのもろもろの牧伯(つかさ)と臣僕(しもべ)を饗(もてな)すこれをエステルの酒宴と稱(とな)ふまた諸州(しょしう)に租税(そぜい)をゆるし王の富有(とみ)にかなひて物を賜(たま)ふ
  19.  再度(ふたゝび)處女(をとめ)の集められし時モルデカイは王の門に坐(ざ)しをりぬ
  20. エステルはモルデカイがかれに言(いひ)ふくめたる如(ごと)くして未(いま)だおのれの宗族(やから)をもおのれの民をも顯(あら)はさゞりきエステルはモルデカイの言語(ことば)にしたがふことその彼に養(やし)なひ育てられし時と異(こと)ならざりき
  21. 當時(そのころ)モルデカイ王の門に坐(ざ)し居(ゐ)ける時王の侍從(じじう)にて戸を守る者の中(うち)ビグタンおよびテレシの二人怨(うら)むる事ありてアハシユエロス王を弑(しい)せんともとめたりしが
  22. その事モルデカイに知れければモルデカイこれを后(きさき)エステルに告げエステルまたモルデカイの名をもてこれを王に告げたり
  23. ここにおいて此事(このこと)をしらべさせしにその然(しか)ること顯(あら)はれければ彼ら二人は木にかけられその事は王の前なる日誌の書(ふみ)にかきしるさる

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エステル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書