目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Old Testament「Book of Esther」
旧約聖書:エステル書

第3章(CHAPTER 3)

  1. これらの事の後アハシユエロス王アガグ人(びと)ハンメダタの子ハマンを貴(たふと)びこれを高くして己(おのれ)とともにある一切(すべて)の牧伯(つかさ)の上にその席を定(さだ)めしむ
  2. 王の門にある王の諸臣みな跪(ひざま)づきてハマンを拝(はい)せり是(これ)は王(わう)斯(かく)かれになすことを命じたればなり然(しか)れどもモルデカイは跪(ひざ)まづかず又これを拝(はい)せざりき
  3. こゝをもて王の門にある王の諸臣モルデカイにむかひて言ふ汝(なんぢ)いかなれば王の命に背(そむ)くやと
  4. かれらモルデカイに日々かく言ふといへども聽(きか)ざりければその事の爲(なし)をふさるべきか否(いな)を見んとてハマンにこれを告(つげ)たり其(そ)はモルデカイおのれのユダヤ人(びと)なることを語りたればなり
  5. ハマン、モルデカイの跪(ひざま)づかずまた己(おのれ)を拝(はい)せざるを見たればハマン忿怒(いかり)にたへざりしが
  6. たゞモルデカイ一人を殺すは事小さしと思へり彼らモルデカイの屬(ぞく)する民をハマンに顯(あら)はしければハマンはアハシユエロスの國の中にある一切(すべて)のユダヤ人(びと)すなはちモルデカイの屬する民をことごとく殺さんと謀(はか)れり
  7.  アハシユエロス王の十二年正月即(すなは)ちニサンの月にハマンの前にて十二月すなはちアダルの月まで一日一日のため一月一月のためにプルを投(なげ)しむプルは即(すなは)ち籤(くじ)なり
  8. ハマンかくてアハシユエロス王に言(いひ)けるは御國(みくに)の各州にある諸民の中に散(ちら)されて別(わか)れ別れになりをる一(ひとつ)の民ありその律法(おきて)は一切(すべて)の民と異(ことな)りまた王の法律(おきて)を守らずこの故(ゆゑ)にこれを容(ゆる)しおくは王の益(えき)にあらず
  9. 王もしこれを善(よし)としたまはゞ願(ねがは)くは彼らを滅(ほろ)ぼせと書(かき)くだしたまへさらば我(われ)王の事をつかさどる者等の手に銀一萬タラントを秤(はか)り交(わた)して王の府庫(くら)に入(いれ)しめん
  10. 王すなはち指環(ゆびわ)をその手より取(とり)はづしアガグ人(びと)ハンメダタの子ハマンすなはちユダヤ人(びと)の敵たる者に交(わた)し
  11. しかしてハマンに言(いひ)けるはその銀はなんぢに與(あた)ふその民もまた汝にあたふれば汝に善(よし)と見ゆるごとく爲(せ)よ
  12.  こゝにおいて正月の十三日に王の書記官を召(めし)あつめ王に屬する州牧(しうぼく)各州の方伯(はうはく)およびもろもろの民の牧伯(つかさ)にハマンが命ぜんとする所をことごとく書(かき)しるさしむ即(すなは)ちもろもろの州におくるものは其(その)文字をもちひもろもろの民におくるものはその言語(ことば)をもちひおのおのアハシユエロス王の名をもてこれを書き王の指環をもてこれに印(いん)したり
  13. しかして驛卒(はゆまづかひ)をもて書(ふみ)を王の諸州におくり十二月すなはちアダルの月の十三日において一日の内に一切(すべて)のユダヤ人(びと)を若き者老(おい)たる者小兒(こども)婦人(をんな)の差別(けぢめ)なくことごとく滅ぼし殺し絶(たや)しかつその所有物(もちもの)を奪(うば)ふべしと諭(さと)しぬ
  14. この詔旨(みことのり)を諸州に傳(つた)へてかの日のために準備(そなへ)をなさしめんとてその書(かけ)る物の寫本(うつし)を一切(すべて)の民に開きて示せり
  15. 驛卒(はゆまづかひ)王の命(めい)によりて急ぎて出(いで)ゆきぬこの詔書(みことのり)はシユシヤンの城に於(おい)て出(いだ)されたりかくて王とハマンは坐(ざ)して酒飮(のみ)ゐたりしがシユシヤンの邑(まち)は惑(まど)ひわづらへり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エステル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書