目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Old Testament「Book of Esther」
旧約聖書:エステル書

第4章(CHAPTER 4)

  1. モルデカイ凡(すべ)てこの爲(なさ)れたる事を知(しり)しかばモルデカイ衣服(ころも)を裂(さ)き麻布(あさぬの)を纒(まと)ひ灰をかぶり邑(まち)の中に行(ゆき)て大(おほい)に哭(な)き痛く號(さけ)び
  2. 王の門の前までも斯(かく)して來(きた)れり其(そ)は麻布をまとふては王の門の内に入ること能(あた)はざればなり
  3. すべて王の命(めい)とその詔書(みことのり)と到れる諸州にてはユダヤ人(びと)の中(うち)におほいなる哀(かなし)みあり斷食(だんじき)哭泣(なげき)號呼(さけび)おこれりまた麻布(あさぬの)をまとふて灰の上に坐(ざ)する者おほかりき
  4.  こゝにエステルの侍女(こしもと)およびその侍從(じじう)等きたりてこれを告(つげ)ければ后(きさき)はなはだしく憂(うれ)ひ衣服(きもの)をおくり之(これ)をモルデカイにきせてその麻布(あさぬの)を脱(ぬが)しめんとしたりしがうけざりき
  5. こゝをもてエステルは王の侍從(じじう)の一人すなはち王の命じて己(おのれ)に侍(はべ)らしむるハタクといふ者を召しモルデカイの許(もと)に往(ゆ)きてその何事なるか何故(なにゆゑ)なるかを知(しり)きたれと命ぜり
  6. ハタクいでて王の門の前なる邑(まち)の廣場(ひろば)にをるモルデカイにいたりしに
  7. モルデカイおのれの遇(あひ)たるところを具(つぶさ)にこれに語りかつハマンがユダヤ人(びと)を滅ぼす事のために王の府庫(くら)に秤(はか)りいれんと約したる銀の額(たか)を告げ
  8. またその彼等をほろぼさしむるためにシユシヤンにおいて書(かき)て與(あた)へられし詔書(みことのり)の寫本(うつし)を彼にわたし之(これ)をエステルに見せかつ解(とき)あかしまた彼に王の許(もと)にゆきてその民のためにこれに矜恤(あはれみ)を請(こ)ひその前に願ふことを爲(す)べしと言(いひ)つたへよと言(いへ)り
  9.  ハタクかへり來(きた)りてモルデカイの言詞(ことば)をエステルに告(つげ)ければ
  10. エステル、ハタクに命じモルデカイに言(ことば)をつたへしむ云(いは)く
  11. 王の諸臣および王の諸州の民みな知る男にもあれ女にもあれ凡(すべ)て召(めさ)れずして内庭に入(いり)て王にいたる者は必ず殺さるべき一(ひとつ)の法律(おきて)ありされど王これに金圭(きんけい)を伸(のぶ)れば生(いく)るを得(う)べしかくて我(われ)此(この)三十日は王にいたるべき召(めし)をかうむらざるなり
  12. エステルの言(ことば)をモルデカイに告げけるに
  13.  モルデカイ命じてエステルに答へしめて曰(いは)く汝(なんぢ)王の家にあれば一切(すべて)のユダヤ人(びと)の如(ごと)くならずして免(まぬ)かるべしと心に思ふなかれ
  14. なんぢ若(もし)この時にあたりて默(もく)して言(いは)ずば他の處(ところ)よりして助援(たすけ)と拯救(すくひ)ユダヤ人(びと)に興(おこ)らんされど汝となんぢの父の家は亡(ほろ)ぶべし汝が后(きさき)の位(くらゐ)を得たるは此(かく)のごとき時のためなりしやも知るべからず
  15. エステルまたモルデカイに答へしめて曰(いは)く
  16. なんぢ往(ゆ)きシユシヤンにをるユダヤ人(びと)をことごとく集めてわがために斷食(だんじき)せよ三日の間夜晝(よるひる)とも食(くら)ふことも飮むこともするなかれ我とわが侍女(こしもと)等もおなじく斷食(だんじき)せんしかして我(われ)法律(おきて)にそむく事なれども王にいたらん我もし死(しぬ)べくば死(しぬ)べし
  17. こゝにおいてモルデカイ往(ゆき)てエステルが凡(すべ)ておのれに命じたるごとく行(おこ)なへり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エステル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書