目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Old Testament「Book of Esther」
旧約聖書:エステル書

第5章(CHAPTER 5)

  1. 第三日(みつかめ)にエステル后(きさき)の服(ころも)を着(き)王の家の内庭にいり王の家にむかひて立つ王は王宮の玉座(ぎょくざ)に坐(ざ)して王宮の戸口にむかひをりしが
  2. 王(わう)后(きさき)エステルが庭にたちをるを見てこれに恩(めぐみ)をくはへ其(その)手にある金圭(きんけい)をエステルの方に伸(のば)しければエステルすゝみよりてその圭(けい)の頭(かしら)にさはれり
  3. 王かれに言(いひ)けるは后(きさき)エステルなんぢ何をもとむるやなんぢの願意(ねがひ)は何なるや國(くに)の半分(なかば)にいたるとも汝にあたふべし
  4. エステルいひけるは王もし善(よし)としたまはゞ願(ねがは)くは今日わが王のために設(まう)けたる酒宴に王とハマンと臨(のぞ)みたまへ
  5.  こゝに於(おい)て王ハマンを急がしめてエステルの言(いへ)るごとくならしめよと命じ王とハマンやがてエステルが設けたる酒宴に臨(のぞ)めり
  6. 酒宴の時王またエステルに言(いひ)けるは汝の所求(もとめ)は何なるやかならずゆるさるべしなんぢの願意(ねがひ)は何なるや國(くに)の半分(なかば)にいたるとも成就(なしとげ)らるべし
  7. エステル言(いひ)けるは我(わ)が所求(もとめ)わが願意(ねがひ)は是(これ)なり
  8. われもし王の目の前に恩(めぐみ)を得(え)王もしわが所求(もとめ)をゆるしわが願意(ねがひ)を成就(なしとげ)しむることを善(よし)としたまはゞ願くは王とハマンまたわが設(まう)けんとする酒宴に臨(のぞ)みたまへわれ明日王の宣(のた)まへる言(ことば)にしたがはん
  9.  かくてハマンはその日よろこび心たのしみて出(いで)きたりけるがハマン、モルデカイが王の門に居(をり)て己(おのれ)にむかひて起(たち)もあがらず身動(みうごき)もせざるを見しかば痛くモルデカイを怒(いか)れり
  10. されどもハマン耐(たえ)忍(しの)びて家にかへりその朋友(とも)等および妻ゼレシをまねき來(きた)らしめ
  11. 而(しか)してハマンその富の榮耀(かゞやき)とその子の衆多(おほき)ことと凡(すべ)て王の己(おのれ)を貴(たふ)とびし事また己(おのれ)をたかくして王の牧伯(つかさ)および臣僕(しもべ)の上にあらしむることを之(これ)に語れり
  12. しかしてハマンまた言(いひ)けらく后(きさき)エステル酒宴を設けたりしが我のほかは何人(なにびと)をも王とともに之(これ)に臨(のぞ)ましめず明日もまた我は王とともに后(きさき)に招(まね)かれをるなり
  13. 然(さ)れどユダヤ人(びと)モルデカイが王の門に坐(ざ)しをるを見る間は是(これ)らの事も快樂(たのし)からず
  14. 時にその妻ゼレシとその一切(すべて)の朋友(とも)かれに言(いひ)けるは請(こ)ふ高(たかさ)五十キユビトの木を立(たて)しめ明日の朝モルデカイをその上に懸(かけ)んことを王に奏(まう)せ而(しか)して王とともに樂しみてその酒宴におもむけとハマンこの事を善(よし)としてその木を立(たて)しめたり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エステル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書