目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Old Testament「Book of Esther」
旧約聖書:エステル書

第6章(CHAPTER 6)

  1. その夜王ねむること能(あた)はざりければ命じて日々の事を記(しる)せる記録の書(ふみ)を持(もち)きたらしめ王の前にこれを讀(よま)しめけるに
  2. モルデカイ曾(かつ)て王の侍從(じじう)の二人戸を守る者なるビグタンとテレシがアハシユエロス王を殺さんと謀(はか)れるを告(つげ)たりと記(しる)せるに遇(あ)ふ
  3. 王すなはち言(いひ)けるは之(これ)がために何の榮譽(ほまれ)と爵位(くらゐ)をモルデカイにあたへしや王に事(つか)ふる臣僕(しもべ)等こたへて何をも彼にあたへしこと無(な)しといへり
  4. こゝにおいて王誰ぞ庭にあるやと問ふこの時ハマンは己(おの)がモルデカイのために設(まう)けたる木にモルデカイを懸(かく)ることを王に奏(そう)せんとして已(すで)に王の家の外庭に來(きた)りて居(を)る
  5. 王の臣僕(しもべ)等 王につげてハマン庭に立(たち)をると言(いひ)ければ王かれをして入來(いりきた)らしめよと言ふ
  6. ハマンやがて入(いり)きたりしに王かれにいひけるは王の尊(たふ)とばんと欲(ほつ)する人には如何(いか)になさば善(よか)らんかとハマン心におもひけるは王の尊(たふと)ばんとする者は我にあらずして誰ぞやと
  7. ハマンすなはち王にいひけるは王の尊(たふと)ばんと欲する人のためには
  8. 王の着たまへる衣服(ころも)を携(たづ)さへ來(きた)らしめかつ王の乗(のり)たまへる馬(むま)即(すなは)ちその頭(かしら)に王の冠冕(かんむり)を戴(いたゞ)ける馬をひき來(きた)らしめ
  9. これを王の最も貴(たふ)とき一人の牧伯(つかさ)の手にわたし王の尊(たふと)ばんとする人に其(その)衣服(ころも)を衣(き)せしめこれを馬にのせて邑(まち)の街衢(ちまた)をみちびき通り王の尊(たふ)とばんと欲する人には是(かく)のごとくなすべしと呼(よば)はらしむべし
  10.  王ハマンに言(いひ)けるは急ぎなんぢが言(いひ)しごとくその衣服(ころも)と馬とを取り王の門に坐(ざ)するユダヤ人モルデカイに斯(かく)なせよなんぢが言(いひ)しところを一(ひとつ)も缺(かく)こと無(なか)らしめよ
  11. こゝにおいてハマン衣服(ころも)と馬とを取りモルデカイにその衣服(ころも)を着せ彼をして邑(まち)の街衢(ちまた)を乗(のり)とほらしめその前に呼(よば)はりて云(い)ふ王の尊(たふと)ばんと欲する人には是(かく)のごとくなすべしと
  12. かくてモルデカイは王の門にかへりたりしがハマンは愁(うれ)へなやみ首(かうべ)をおほふておのれの家にはしりゆき
  13. しかしてハマンおのが遇(あへ)る事をことごとくその妻ゼレシとその朋友(とも)等に告(つげ)けるにその智者(ちしゃ)等およびその妻ゼレシかれに言(いひ)けるは彼(か)のモルデカイすなはちなんぢがその前に敗(やぶ)れはじめたる者もしユダヤ人(びと)ならば汝(なんぢ)これに勝(かつ)ことを得(え)じ必らずその前にやぶれんと
  14. かれら尚(なほ)ハマンとものいひをる間(うち)に王の侍從(じじう)きたりてハマンをうながしエステルが設(まう)けたる酒宴にのぞましむ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エステル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書