目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Old Testament「Book of Esther」
旧約聖書:エステル書

第9章(CHAPTER 9)

  1. 十二月すなはちアダルの月の十三日王の命令(おふせ)と詔書(みことのり)のおこなはるべき時いよいよ近づける時すなはちユダヤ人(びと)の敵ユダヤ人(びと)を打伏(うちふせ)んとまちかまへたりしに却(かへつ)てユダヤ人(びと)おのれを惡(にく)む者を打(うち)ふする事となりける其日(そのひ)に
  2. ユダヤ人(びと)アハシユエロス王の各州にある己(おのれ)の邑々(まちまち)に相(あひ)あつまりおのれを害せんとする者どもを殺さんとせり誰も彼らに敵(あた)ることを得(う)る者なかりき其(そ)は一切(すべて)の民ユダヤ人(びと)を畏(おそ)れたればなり
  3. 諸州(しよしう)の牧伯(つかさ)州牧(しうぼく)方伯(はうはく)など凡(すべ)て王の事を辨理(とりおこな)ふ者は皆ユダヤ人(びと)をたすけたり是(これ)モルデカイを畏(おそ)るゝによりてなり
  4. モルデカイは王の家にて大(おほい)なる者となりその名(な)各州にきこえわたれり斯(かく)その人モルデカイはますます大(おほい)になりゆきぬ
  5. ユダヤ人(びと)すなはち刀刃(やいば)をもてその一切(すべて)の敵を撃(うち)て殺し滅ぼしおのれを惡(にく)む者を意(こゝろ)のまゝに爲(な)したり
  6. ユダヤ人(びと)またシユシヤンの城においても五百人を殺しほろぼせり
  7. パルシヤンダタ、ダルポン、アスパタ
  8. ポラタ、アダリヤ、アリダタ
  9. パルマシタ、アリサイ、アリダイ、ワエザタ
  10. これらの者すなはちハンメダタの子ユダヤ人(びと)の敵たるハマンの十人の子をも彼ら殺せりされどその所有物(もちもの)には手をかけざりき
  11.  シユシヤンの城の内にて殺されし者の數をその日王にまうしあげければ
  12. 王きさきエステルにいひけるはユダヤ人(びと)シユシヤンの城の内にて五百人を殺しまたハマンの十人の子をころせり王のその餘(ほか)の諸州においては幾何(いくばく)なりしぞや汝(なんぢ)また何か求むるところあるやかならず許(ゆる)さるべし尚(なほ)何かねがふところあるや必らず成就(なしとげ)らるべし
  13. エステルいひけるは王もし之(これ)を善(よし)としたまはゞ願(ねがは)くはシユシヤンにあるユダヤ人(びと)に允(ゆる)して明日も今日の詔旨(みことのり)のごとくなさしめ且(かつ)ハマンの十人の子を木に懸(かけ)しめたまへ
  14. 王かく爲(な)せと命じシユシヤンにおいて詔旨(みことのり)を出(いだ)せりハマンの十人の子は木に懸(かけ)らる
  15. アダルの月の十四日にシユシヤンのユダヤ人(びと)また集まりシユシヤンの内にて三百人をころせり然(しか)れどもその所有物(もちもの)には手をかけざりき
  16. 王の諸州にあるその餘(ほか)のユダヤ人(びと)もまた相(あひ)あつまり立(たち)ておのれの生命(いのち)を保護しその敵に勝(かち)て安(やす)んじおのれを惡(にく)む者七萬五千人をころせり然(しか)れどもその所有(もちもの)には手をかけざりき
  17.  アダルの月の十三日にこの事をおこなひ十四日にやすみてその日に酒宴をなして喜こべり
  18. されどシユシヤンにをるユダヤ人(びと)はその十三日と十四日とにあひ集まり十五日にやすみてその日に酒宴をなして喜こべり
  19. これによりて村々のユダヤ人(びと)すなはち石垣なき邑々(まちまち)にすめる者はアダルの月の十四日をもて喜樂(よろこび)の日 酒宴の日 吉日(よきひ)となして互(たがひ)に物をやりとりす
  20.  モルデカイこれらの事を書(かき)しるしてアハシユエロス王の諸州にをるユダヤ人(びと)に遠きにも近きにも書(ふみ)をおくり
  21. アダルの月の十四日と十五日を年々にいはふことを命じ
  22. この兩(ふたつ)の日にユダヤ人(びと)その敵に勝(かち)て休みこの月は彼らのために憂愁(うれへ)より喜樂(よろこび)にかはり悲哀(かなしみ)より吉日(よきひ)にかはりたれば是(これ)らの日に酒宴をなして喜びたがひに物をやりとりし貧(まづ)しき者に施與(ほどこし)をなすべしと諭(さと)しぬ
  23. こゝをもてユダヤ人(びと)はその已(すで)にはじめたるごとくモルデカイがかれらに書(かき)おくりしごとく行なひつゞけたり
  24. アガグ人(びと)ハンメダタの子ハマンすなはちすべてのユダヤ人(びと)の敵たる者ユダヤ人(びと)を滅ぼさんと謀(はか)りプルすなはち籤(くじ)を投(なげ)てこれを滅ぼし絶(たや)さんとしたりしが
  25. その事王の前に明(あきら)かになりし時王(わう)書(ふみ)をおくりて命じハマンがユダヤ人(びと)を害せんとはかりしその惡(あし)き謀計(はかりごと)をしてハマンのかうべに歸(かへ)らしめ彼とその子等を木に懸(かけ)しめたり
  26.  このゆゑに此(この)兩(ふたつ)の日をそのプルの名にしたがひてプリムとなづけたり斯(かゝ)りしかばこの書(ふみ)のすべての詞(ことば)によりこの事につきて見たるところ己(おのれ)の遇(あひ)たるところに依(より)て
  27. ユダヤ人(びと)あひ定(さだ)め年々その書(かけ)るところにしたがひその定めたる時にしたがひてこの兩(ふたつ)の日をまもり己(おのれ)とおのれの子孫および凡(すべ)て已(おのれ)につらなる者これを行(おこな)ひつゞけて廢(はい)すること無(な)く
  28. この兩(ふたつ)の日をもて代々(よゝ)家々(いへいへ)州々(くにぐに)邑々(まちまち)において必ず記念(おぼえ)てまもるべき者となしこれらのプリムの日をしてユダヤ人(びと)の中に廢(はい)せらるゝこと無(なか)らしめまたこの記念をしてその子孫の中に絶(たゆ)ること無(なか)らしむ
  29.  かくてアビハイルの女(むすめ)なる后(きさき)エステルとユダヤ人(びと)モルデカイおほいなる力をもて此(この)プリムの第二の書(ふみ)を書(かき)おくりてこれを堅(かた)うす
  30. すなはちモルデカイ、アハシユエロスの國(くに)の百二十七州にある一切(すべて)のユダヤ人(びと)に平和と眞實(しんじつ)の言語(ことば)をもて書(ふみ)をおくり
  31. 斷食(だんじき)と悲哀(かなしみ)のことにつきてプリムのこれらの日を堅(かた)うしてその定めたる時を守らしむすなはちユダヤ人(びと)モルデカイと后(きさき)エステルが曾(かつ)てかれらに命じたるごとくまたユダヤ人(びと)等が曾(かつ)てみづから己(おのれ)のためおよびおのれの子孫のために定(さだ)めたるがごとし
  32. エステルの語(ことば)プリムにかゝはる是等(これら)の事をかたうせり是(これ)は書(ふみ)にしるされたり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エステル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書