目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Old Testament「Book of Ezra」
旧約聖書:エズラ書

第5章(CHAPTER 5)

  1. 爰(こゝ)に預言者ハガイおよびイドの子ゼカリヤの二人の預言者ユダとヱルサレムに居(を)るユダヤ人(びと)に向ひてイスラエルの神の名をもて預言(よげん)する所ありければ
  2. シヤルテルの子ゼルバベルおよびヨザダクの子ヱシユア起(たち)あがりてヱルサレムなる神の室(いへ)を建(たつ)ることを始む神の預言者等これとともに在(あり)て之(これ)を助く
  3. その時に河外(かはむかふ)の總督(そうとく)タテナイといふ者セタルボズナイおよびその同僚(ともがら)とともにその所に來(きた)り誰が汝らに此室(このいへ)を建て此(この)石垣を築きあぐることを命ぜしやと斯(かく)言ひ
  4. また此(この)建物を建(たつ)る人々の名は何といふやと斯(かく)これに問(とへ)り
  5. 然(しか)るにユダヤ人(びと)の長老(としより)等の上にはその神の目そゝぎゐたれば彼等これを止(とゞ)むること能(あた)はずして遂(つひ)にその事をダリヨスに奏(そう)してその返答(こたへ)の來るを待(まて)り
  6.  河外(かはむか)ふの總督(そうとく)タテナイおよびセタルボズナイとその同僚(ともがら)なる河外(かはむか)ふのアパルサカイ人(びと)がダリヨス王に上(たて)まつりし書(ふみ)の稿(うつし)は左のごとし
  7. 即(すなは)ち其(その)上(たて)まつりし書(ふみ)の中に書(かき)しるしたる所は是(かく)のごとし云(いは)く願くはダリヨス王に大(おほい)なる平安あれ
  8. 王(わう)知(しり)たまへ我儕(われら)ユダヤ州に往(ゆき)てかの大神(おほかみ)の室(いへ)に至り視(み)しに巨石(おほいし)をもて之(これ)を建て材木を組(くみ)て壁を作り居り其(その)工事おほいに捗(はか)どりてその手を下すところ成(なら)ざる無し
  9. 是(こゝ)に於(おい)て我儕(われら)その長老(としより)等に問(とふ)てこれに斯(かく)いへり誰(た)が汝らに此室(このいへ)を建てこの石垣を築きあぐることを命ぜしやと
  10. 我儕(われら)またその首長(かしら)たる人々の名を書(かき)しるして汝に奏聞(そうもん)せんがためにその名を問(とへ)り
  11. 時に彼等かく我らに答へて言(いへ)り我儕(われら)は天地の神の僕(しもべ)にして年久しき昔に建(たて)おかれし殿(みや)を再び建(たつ)るなり是(これ)は素(もと)イスラエルの大(おほい)なる王(わう)某(なにがし)の建(たて)築きたる者なしりが
  12. 我らの父等天の神の震怒(いかり)を惹起(ひきおこ)せしに縁(より)てつひに之(これ)をカルデヤ人(びと)バビロンの王ネブカデネザルの手に付(わた)したまひければ彼この殿(みや)を毀(こぼ)ち民をバビロンに捕(とら)へゆけり
  13. 然(しか)るにバビロンの王クロスの元年にクロス王神のこの室(いへ)を建(たつ)べしとの詔言(みことのり)を下(くだ)したまへり
  14. 然(しか)のみならずヱルサレムの殿(みや)よりネブカデネザルが取(とり)いだしてバビロンの殿(みや)に携(たづさ)へいれし神の室(いへ)の金銀の器皿(うつはもの)もクロス王これをバビロンの殿(みや)より取(とり)いだし其(その)立(たて)たる總督(そうとく)セシバザルと名(なづ)くる者に之(これ)を付(わた)し
  15. 而(しか)して彼に言(いひ)けらく是等(これら)の器皿(うつはもの)を取り往(ゆき)て之(これ)をヱルサレムの殿(みや)に携(たづさ)へいれ神の室(いへ)をその本(もと)の處(ところ)に建(たて)よと
  16. 是(こゝ)において其(その)セシバザル來(きた)りてヱルサレムなる神の室(いへ)の石礎(いしずゑ)を置(すゑ)たりき其時(そのとき)よりして今にいたるまで之(これ)を建(たて)つゝありしが猶(なほ)いまだ竣(をは)らざるなりと
  17. 然(され)ば今王もし善(よし)となされなば請(こ)ふ御膝下(おんひざもと)バビロンにある所の王の寳蔵(はうざう)を査(しら)べたまひて神のこの室(いへ)を建(たつ)べしとの詔言(みことのり)のクロス王より出(いで)しや否(いなや)を稽(かんが)へ而(しか)して王(わう)此事(このこと)につきて御旨(おんむね)を我らに諭(さと)したまへ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エズラ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書