目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Old Testament「Book of Ezra」
旧約聖書:エズラ書

第6章(CHAPTER 6)

  1. 是(こゝ)に於(おい)てダリヨス王詔言(みことのり)を出(いだ)しバビロンにて寳物(たからもの)を蔵(をさ)むる所の文庫(ふみぐら)に就(つき)て査(しら)べ稽(かんがへ)しめしに
  2. メデア州の都城(みやこ)アクメタにて一(ひとつ)の卷物(まきもの)を得(え)たりその内に書(かき)しるせる記録は是(かく)のごとし
  3. クロス王の元年にクロス王詔言(みことのり)を出(いだ)せり云(いは)くヱルサレムなる神の室(いへ)の事につきて諭(さと)すその犠牲(いけにへ)を獻(さゝ)ぐる所なる殿(みや)を建てその石礎(いしずゑ)を堅(かた)く置(す)ゑ其(その)室(いへ)の高(たかさ)を六十キユビトにし其(その)濶(ひろさ)を六十キユビトにし
  4. 巨石(おほいし)三行(みならび)新木(にいぎ)一行(ひとならび)を以(もて)せよ其(その)費用(つひえ)は王の家より授(さづ)くべし
  5. またネブカデネザルがヱルサレムの殿(みや)より取(とり)いだしてバビロンに携(たづさ)へきたりし神の室(いへ)の金銀の器皿(うつはもの)は之(これ)を還(かへ)してヱルサレムの殿(みや)に持(もち)ゆかしめ神の室(いへ)に置(おき)てその故(もと)の所にあらしむべしと
  6.  然(され)ば河外(かはむか)ふの總督(そうとく)タテナイおよびセタルボズナイとその同僚(ともがら)なる河外(かはむかふ)ふのアパルサカイ人(びと)汝等これに遠ざかるべし
  7. 神のその室(いへ)の工事を妨(さまた)ぐる勿(なか)れユダヤ人(びと)の牧伯(つかさ)とユダヤ人(びと)の長老(としより)等に神のその家を故(もと)の處(ところ)に建(たて)しめよ
  8. 我また詔言(みことのり)を出(いだ)し其(その)神の家を建(たつ)ることにつきて汝らが此(この)ユダヤ人の長老(としより)等に爲(なす)べきことを示す王の財寳(ざいはう)の中(うち)すなはち河外(かはむか)ふの租税(そぜい)の中より迅速(すみやか)に費用(つひえ)をその人々に與(あた)へよその工事を滯(とゞこ)ほらしむる勿(なか)れ
  9. 又その需(もと)むる物即(すなは)ち天の神にたてまつる燔祭(はんさい)の小牛(こうし)牡羊(をひつじ)および羔羊(こひつじ)ならびに麥(むぎ)鹽(しほ)酒 油など凡(すべ)てヱルサレムにをる祭司の定むる所に循(したが)ひて日々に怠慢(おこたり)なく彼等に與(あた)へ
  10. 彼らをして馨(かうば)しき香(にほひ)の犠牲(いけにへ)を天の神に獻(さゝ)ぐることを得せしめ王とその子女(こども)の生命(いのち)のために祈ることを得(え)せしめよ
  11. かつ我(われ)詔言(みことのり)を出(いだ)す誰にもせよ此(この)言(ことば)を易(かふ)る者あらば其(その)家の梁(はり)を抜きとり彼を擧(あげ)て之(これ)に釘(つけ)んその家はまた之(これ)がために厠(かはや)にせらるべし
  12. 凡(およ)そ之(これ)を易(か)へまたヱルサレムなるその神の室(いへ)を毀(こぼ)たんとて手を出(いだ)す王あるひは民は彼處(かしこ)にその名を留(とゞ)め給(たま)ふ神ねがはくはこれを倒したまへ我ダリヨス詔言(みことのり)を出(いだ)せり迅速(すみやか)に之(これ)を行なへ
  13.  ダリヨス王かく諭(さと)しければ河外(かはむか)ふの總督(そうとく)タテナイおよびセタルボズナイとその同僚(ともがら)迅速(すみやか)に之(これ)を行なへり
  14. ユダヤ人(びと)の長老(としより)等すなはち之(これ)を建て預言者ハガイおよびイドの子ゼカリヤの預言に由(より)て之(これ)を成就(なしとげ)たり彼等イスラエルの神の命(めい)に循(した)がひクロス、ダリヨスおよびペルシヤ王アルタシヤスタの詔言(みことのり)に依(より)て之(これ)を建竣(たてをへ)ぬ
  15. ダリヨス王の治世の六年アダルの月の三日にこの室(いへ)成(なれ)り
  16.  是(こゝ)においてイスラエルの子孫(ひとびと)祭司レビ人(びと)およびその餘(ほか)の俘虜人(とらはれびと)よろこびて神のこの室(いへ)の落成禮(らくせいれい)を行なへり
  17. 即(すなは)ち神のこの室(いへ)の落成禮(らくせいれい)において牡牛(をうし)一百 牡羊(をひつじ)二百 羔羊(こひつじ)四百を獻(さゝ)げまたイスラエルの支派(わかれ)の數にしたがひて牡山羊(をやぎ)十二を獻(さゝ)げてイスラエル全體(ぜんたい)のために罪祭(ざいさい)となし
  18. 祭司をその分別(わかち)にしたがひて立てレビ人(びと)をその班列(くみ)にしたがひて立てヱルサレムに於(おい)て神に事(つか)へしむ凡(すべ)てモーセの書(ふみ)に書(かき)しるしたるが如(ごと)し
  19.  斯(かく)て俘囚(とらはれ)より歸(かへ)り來(きた)りし人々正月の十四日に逾越節(すぎこしのいはひ)を行(おこな)へり
  20. 即(すなは)ち祭司レビ人(びと)共に身を潔めて皆潔くなり一切(すべて)俘囚(とらはれ)より歸(かへ)り來(きた)りし人々のため其(その)兄弟たる祭司等のため又自己(おのれ)のために逾越(すぎこし)の物を宰(ほふ)れり
  21. 虜(とら)はれゆきて歸(かへ)り來しイスラエルの子孫(ひとびと)および其國(そのくに)の異邦人の汚穢(けがれ)を棄(す)て是等(これら)に附(つき)てイスラエルの神ヱホバを求むる者等すべて之(これ)を食(くら)ひ
  22. 喜びて七日の間酵(たね)いれぬパンの節(いはひ)を行(おこな)へり是(こ)はヱホバかれらを喜ばせアツスリヤの王の心を彼らに向はせ彼をしてイスラエルの神にまします神の家の工事を助けさせたまひしが故(ゆゑ)なり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エズラ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書