目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

Old Testament「Book of Joshua」
旧約聖書:ヨシュア記

第6章(CHAPTER 6)

  1. (イスラエルの人々の故(ゆゑ)によりてヱリコは堅(かた)く閉(とざ)して出入する者なし)
  2. ヱホバ、ヨシユアに言ひたまひけるは觀(み)よわれヱリコおよびその王と大勇士とを汝(なんぢ)の手に付(わた)さん
  3. 汝ら軍人(いくさびと)みな邑(まち)を繞(めぐ)りて邑(まち)の周圍(まはり)を一次(ひとたび)まはるべし汝(なんぢ)六日が間かく爲(せ)よ
  4. 祭司等七人おのおのヨベルの喇叭(らっぱ)をたづさへて櫃(はこ)に先だつべし而(しか)して第七日(なぬかめ)には汝ら七次(なゝたび)邑(まち)をめぐり祭司等(さいしたち)喇叭(らっぱ)を吹(ふき)ならすべし
  5. 然(しか)して祭司等ヨベルの角(かく)を音ながくふきならして喇叭(らっぱ)の聲(ね)なんぢらに聞(きこ)ゆる時は民みな大(おほい)に呼(よば)はり喊(さけ)ぶべし然(しか)せばその邑(まち)の石垣崩(くづ)れおちん民みな直(たゞち)に進(すゝみ)て攻(せめ)のぼるべしと
  6. ヌンの子ヨシユアやがて祭司等を召(めし)て之(これ)に言ふ汝ら契約の櫃(はこ)を舁(か)き祭司等七人ヨベルの喇叭(らっぱ)七(なゝつ)をたづさへてヱホバの櫃(はこ)に先だつべしと
  7. 而(しか)して民に言ふ汝ら進みゆきて邑(まち)を繞(めぐ)れ甲冑(よろひかぶと)のものどもヱホバの櫃(はこ)に先だちて進むべしと
  8.  ヨシユアかく民に語りしかば七人の祭司等おのおのヨベルの喇叭(らっぱ)をたづさヘヱホバに先だちすゝみて喇叭(らっぱ)を吹きヱホバの契約の櫃(はこ)これにしたがふ
  9. 即(すなは)ち甲冑のものどもは喇叭(らっぱ)を吹くところの祭司等にさきだちて行き後軍(しんがり)は櫃(はこ)の後(うしろ)に行く祭司たちは喇叭(らっぱ)を吹きつゝすすめり
  10. ヨシユア民に命じて言ふ汝ら呼(よば)はる勿(なか)れ汝らの聲(こゑ)を聞(きこ)えしむるなかれまた汝らの口より言(ことば)を出(いだ)すなかれわが汝らに呼(よば)はれと命ずる日におよびて呼(よば)はるべしと
  11. 而(しか)してヱホバの櫃(はこ)をもち邑(まち)を繞(めぐ)りて一周し陣營(ぢんえい)に來(きた)りて營中(えいちう)に宿(やど)れり
  12.  又あくる朝ヨシユアはやく興(おき)いで祭司等ヱホバの櫃(はこ)を舁(か)き
  13. 七人の祭司等おのおのヨベルの喇叭(らっぱ)をたづさヘヱホバの櫃(はこ)に先だちて行き喇叭(らっぱ)を吹きつゝすゝみ甲冑の者等これに先だちて行き後軍(しんがり)はヱホバの櫃(はこ)の後に行く祭司等喇叭(らっぱ)をふきつゝ進めり
  14. その次の日にも一次(ひとたび)邑(まち)を繞(めぐ)りて陣營に歸り六日が間(あひだ)然(しか)なせり
  15.  第七日(なぬかめ)には夜明に早く興(おき)いで前のごとくして七次(なゝたび)邑(まち)を繞(めぐ)れり唯(たゞ)この日のみ七次(なゝたび)邑(まち)を繞(めぐ)りたり
  16. 七次目(なゝたびめ)にいたりて祭司等(さいしたち)喇叭(らっぱ)を吹くときにヨシユア民に言ふ汝ら呼(よば)はれヱホバこの邑(まち)を汝らに賜(たま)へり
  17. この邑(まち)およびその中の一切(すべて)の物をば詛(のろ)はれしものとしてヱホバに献(さゝ)ぐべし唯(たゞ)妓婦(あそびめ)ラハブおよび凡(すべ)て彼とともに家に在(あ)るものは生(いか)し存(おく)べしわれらが遣(つかは)しゝ使者(つかひ)を匿(かく)したればなり
  18. 唯(たゞ)汝ら詛(のろ)はれし物を愼(つゝし)め恐らくは汝ら其(それ)を詛(のろ)はれしものとして献(さゝ)ぐるに方(あた)りその詛(のろ)はれし物を自(みづか)ら取りてイスラエルの陣營をも詛(のろ)はるゝものとならしめ之(これ)をして惱(なや)ましむるに至らん
  19. 但(たゞ)し銀(ぎん)金(きん)銅器(どうき)鐵器(てつき)などは凡(すべ)てヱホバに聖別(きよめ)て奉(たて)まつるべきものなればヱホバの府庫(くら)にこれを携(たづさ)へいるべしと
  20. 是(こゝ)において民よばはり祭司(さいし)喇叭(らっぱ)を吹(ふき)ならしけるが民(たみ)喇叭(らっぱ)の聲(おと)をきくと斉(ひと)しくみな大聲(おほごゑ)を擧(あげ)て呼(よば)はりしかば石垣(いしがき)崩(くづ)れおちぬ斯(かゝ)りしかば民おのおの直(たゞち)に邑(まち)に上(のぼ)りいりて邑(まち)を攻(せめ)取り
  21. 邑(まち)にある者は男(をとこ)女(をんな)少(わか)きもの老(おい)たるものの區別(わかち)なく盡(ことごと)くこれを刃(やいば)にかけて滅(ほろ)ぼし且(か)つ牛(うし)羊(ひつじ)驢馬(ろば)にまで及ぼせり
  22.  時にヨシユアこの地を窺(うかゞ)ひたりし二箇(ふたり)の人にむかひ汝らかの妓婦(あそびめ)の家に入りかの婦人(をんな)およびかれに屬(つけ)る一切(すべて)のものを携(たづさ)へいだしかれに誓(ちか)ひし如(ごと)くせよと言(いひ)ければ
  23. 間者(かんじや)たりし少(わか)き人等すなはち入(いり)てラハブおよびその父母兄弟ならびに彼につけるすべてのものを携(たづさ)へ出しまたその親戚(しんせき)をも携(たづさ)へ出しイスラエルの陣營の外にかれらを置(おけ)り
  24. 斯(かく)て火をもて邑(まち)とその中の一切(すべて)のものを焚(やき)ぬ但(たゞ)し銀 金 銅器 鐵器などはヱホバの室(いへ)の府庫(くら)に納めたり
  25. 妓婦(あそびめ)ラハブおよびその父の家の一族と彼に屬(つけ)る一切(すべて)の者とはヨシユアこれを生(いか)し存(おき)ければラハブは今日までイスラエルの中に住(すみ)をる是(こ)はヨシユアがヱリコを窺(うかゞ)はせんとて遣(つか)はしゝ使者(つかひ)を匿(かく)したるに因(より)てなり
  26. ヨシユアその時人衆(ひとびと)に誓(ちか)ひて命じ言(いひ)けるは凡(およ)そ起(たち)てこのヱリコの邑(まち)を建(たつ)る者はヱホバの前に詛(のろ)はるべし其(その)石礎(いしずゑ)をすゑなば長子(うひご)を失(うしな)ひその門を建(たて)なば季子(をとご)を失(うしな)はんと
  27. ヱホバ、ヨシユアとともに在(いま)してヨシユアの名あまねく此地(このち)に聞(きこ)ゆ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨシュア記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書