目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

Old Testament「Book of Joshua」
旧約聖書:ヨシュア記

第7章(CHAPTER 7)

  1. 時にイスラエルの人々その詛(のろ)はれし物につきて罪を犯せり即(すなは)ちユダの支派(わかれ)の中(うち)なるゼラの子ザブデの子なるカルミの子アカン詛(のろ)はれし物を取(とれ)り是(こゝ)をもてヱホバ、イスラエルの人々にむかひて震怒(いかり)を發(はな)ちたまへり
  2.  ヨシユア、ヱリコより人を遣(つか)はしベテルの東に當(あた)りてベテアベンの邊(ほとり)にあるアイに到らしめんとし之(これ)に語りて言ふ汝(なんぢ)ら上りゆきてかの地を窺(うかゞ)へとその人々上りゆきてアイを窺(うかゞ)ひけるが
  3. ヨシユアの許(もと)に歸(かへり)て之(これ)に言ふ民を盡(ことごと)くは上り往(ゆか)しめざれ唯(たゞ)二三千人を上らせてアイを撃(うた)しめよかれらは寡(すくな)ければ一切(すべて)の民を彼處(かしこ)に遣(やり)て勞(らう)せしむるなかれと
  4. 是(こゝ)において民およそ三千人ばかり彼處(かしこ)に上りゆきけるが遂(つひ)にアイの人の前より遁(にげ)はしれり
  5. アイの人彼らを門の前より追(おふ)てシバリムにいたり下坂(くだりざか)にてその三十六人ばかりを撃(うて)り民は魂神(たましひ)消(きえ)て水のごとくになりぬ
  6.  斯(かゝ)りしかばヨシユア衣(ころも)を裂(さ)きイスラエルの長老等とともにヱホバの櫃(はこ)の前にて暮(くれ)まで地に俯伏(ひれふし)をり首(かしら)に塵(ちり)を蒙(かむ)れり
  7. ヨシユア言(いひ)けらく嗟(あゝ)主(しゆ)ヱホバよ何とて此民(このたみ)を導きてヨルダンを濟(わた)らせ我らをアモリ人(びと)の手に付(わた)して滅亡(ほろぼ)させんとしたまふや我等ヨルダンの彼旁(かなた)に安んじ居(をり)しならば善(よか)りしものを
  8. 嗟(あゝ)主よイスラエルすでに敵に背(うしろ)を見せたれば我また何をか言(いは)ん
  9. カナン人(びと)およびこの地の一切(すべて)の民これを聞きわれらを攻(せめ)かこみてわれらの名をこの世より絶(たゝ)ん然(しか)らば汝の大(おほい)なる御名(みな)を如何(いか)にせんや
  10.  ヱホバ、ヨシユアに言(いひ)たまひけるは立(たて)よなんぢ何とて斯(かく)は俯伏(ひれふ)すや
  11. イスラエルすでに罪を犯しわが彼らに命じおける契約を破れり即(すなは)ち彼らは詛(のろ)はれし物を取り窃(ぬす)みかつ詐(いつは)りてこれを己(おのれ)の所有物(もちもの)の中にいれたり
  12. 是(こゝ)をもてイスラエルの人々は敵に當(あた)ること能(あた)はず敵に背(うしろ)を見す是(こ)は彼らも詛(のろ)はるゝ者となりたればなり汝ら其(その)詛(のろ)はれし物を汝らの中(うち)より絶(たつ)にあらざれば我ふたゝび汝らと偕(とも)にをらじ
  13. たてよ民を潔(きよ)めて言へ汝ら身を潔(きよ)めて明日を待てイスラエルの神ヱホバかく言(いひ)たまふイスラエルよ汝の中(うち)に詛(のろ)はれしものあり汝その詛(のろ)はれし物を汝らの中(うち)より除(のぞ)き去るまでは汝の敵に當(あた)ること能(あた)はず
  14. 然(され)ば翌朝(あくるあさ)汝らその支派(わかれ)にしたがひて進みいづべし而(しか)してヱホバの掣(ひき)たまふ支派(わかれ)はその宗族(やから)にしたがひて進み出(い)でヱホバの掣(ひき)たまふ宗族(やから)はその家にしたがひて進み出(い)でヱホバの掣(ひき)たまふ家は男ひとりびとりに從(した)がひて進みいづべし
  15. 凡(およ)そ掣(ひか)れて詛(のろ)はれし物を有(もて)りと定まる者は其(その)一切(すべて)の所有物(もちもの)とともに火に焚(やか)るべし是(こ)はヱホバの契約を破りイスラエルの中(うち)に愚(おろか)なる事を行(おこな)ひたるが故(ゆゑ)なりと
  16.  ヨシユア是(こゝ)において朝はやく興(おき)いでてイスラエルをその支派(わかれ)にしたがひて進出(すゝみいで)しめけるにユダの支派(わかれ)掣(ひか)れたれば
  17. ユダのもろもろの宗族(やから)を進み出(い)でしめけるにゼラの宗族(やから)掣(ひか)れゼラの宗族(やから)の人々を進み出(いで)しめけるにザブデ掣(ひか)れ
  18. ザブデの家の人々を進み出(いで)しめけるにアカン掣(ひか)れぬ彼はユダの支派(わかれ)なるゼラの子ザブデの子なるカルミの子なり
  19. ヨシユア、アカンに言(いひ)けるは我子(わがこ)よ請(こ)ふイスラエルの神ヱホバに稱讃(ほまれ)を歸(き)し之(これ)にむかて懺悔(ざんげ)し汝の爲(なし)たる事を我に告(つげ)よ其事(そのこと)を我に隱(かす)すなかれ
  20. アカン、ヨシユアに答へて言(いひ)けるは實(まこと)にわれはイスラエルの神ヱホバに對(むか)ひて罪ををかし如此(かく)々々(かく)行(おこな)へり
  21. 即(すなは)ちわれ掠取物(ぶんどりもの)の中(うち)にバビロンの美(うるは)しき衣服(ころも)一枚に銀二百シケルと重量(めかた)五十シケルの金の棒あるを見(み)欲(ほし)く思ひて其(それ)を取れりそれはわが天幕(てんまく)の中に地に埋(うづ)め匿(かく)してあり銀も下にありと
  22.  爰(こゝ)にヨシユア使者(つかひ)を遣(つか)はしければ即(すなは)ち彼の天幕に奔(はし)りゆきて視(み)しに其(それ)は彼の天幕の中に匿(かく)しありて銀も下にありき
  23. 彼ら其(それ)を天幕の中より取出してヨシユアとイスラエルの一切(すべて)の人々の所に携(たづさ)へきたりければ則(すなは)ちそれをヱホバの前に置(おけ)り
  24. ヨシユアやがてイスラエルの一切(すべて)の人とともにゼラの子アカンを執(とら)へかの銀と衣服(ころも)と金の棒およびその男子(むすこ)女子(むすめ)牛(うし)驢馬(ろば)羊(ひつじ)天幕(てんまく)など凡(すべ)て彼の有(もて)る物をことごとく取(とり)てアコルの谷にこれを曳(ひき)ゆけり
  25. 而(しか)してヨシユア言(いひ)けらく汝なんぞ我らを惱ましゝやヱホバ今日汝を惱ましたまふべしと頓(やが)てイスラエル人(びと)みな石をもて彼を撃(うち)ころし又その家族等をも石にて撃(うち)ころし火をもて之(これ)を焚(や)けり
  26. 而(しか)してアカンの上に大(おほい)なる石堆(いしづか)を積揚(つみあげ)たりしが今日まで存(のこ)るかくてヱホバその烈(はげ)しき忿怒(いかり)を息(やめ)たまへり是(これ)によりてその處(ところ)の名を今日までアコル(惱(なやみ))の谷と呼ぶ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨシュア記 -
画面上へ> 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書