目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

Old Testament「Book of Joshua」
旧約聖書:ヨシュア記

第13章(CHAPTER 13)

  1. ヨシユアすでに年(とし)邁(すゝ)みて老(おい)たりしがヱホバかれに言(いひ)たまひけらく汝(なんぢ)は年邁(すゝ)みて老(おい)たるが尚(なほ)取るべき地の殘れる者甚(はなは)だおほし
  2. その尚(なほ)のこれる地は是(これ)なりペリシテ人(びと)の全州ゲシユル人(びと)の全土
  3. エジプトの前なるシホルより北の方カナン人(びと)に屬すると人のいふエクロンの境界(さかひ)までの部ペリシテ人(びと)の五人の主(きみ)の地すなはちガザ人(びと)アシドド人(びと)アシケロン人(びと)ガテ人(びと)エクロン人(びと)の地
  4. 南のアビ人(びと)カナン人(びと)の全地シドン人(びと)に屬するメアラおよびアモリ人(びと)の境界(さかひ)なるアペクまでの部
  5. またへルモン山の麓(ふもと)なるバアルガデよりハマテの入口までに亘(わた)るゲバル人(びと)の地およびレバノンの東の全土
  6. レバノンよりミスレポテマイムまでの山地の一切(すべて)の民すなはちシドン人(びと)の全土 我かれらをイスラエルの子孫(ひとびと)の前より逐(おひ)はらふべし汝は我(わ)が命じたりしごとくその地をイスラエルに分(わか)ち與(あた)へて産業となさしめよ
  7. 即(すなは)ちその地を九(こゝのつ)の支派(わかれ)とマナセの支派(わかれ)の半(なかば)とに分(わか)ちて産業となさしむべし
  8.  マナセとともにルベン人(びと)およびガド人(びと)はヨルダンの彼旁(かなた)東の方にてその産業をモーセより賜(たま)はり獲(え)たりヱホバの僕(しもべ)モーセの彼らに與(あた)へし者は即(すなは)ち是(かく)のごとし
  9. アルノンの谷の端(はし)にあるアロエルより此方(こなた)の地 谷の中にある邑(まち)デボンまでに亘(わた)るメデバの一切(すべて)の平地
  10. ヘシボンにて世を治(をさ)めしアモリ人(びと)の王シホンの一切(すべて)の邑々(まちまち)よりしてアンモンの子孫(ひとびと)の境界(さかひ)までの地
  11. ギレアデ、ゲシユル人(びと)及びマアカ人(びと)の境界(さかひ)に沿(そへ)る地へルモン山の全土サルカまでバシヤン一圓(ゑん)
  12. アシタロテおよびエデレイにて世を治(をさ)めしバシヤンの王オグの全國オグはレパイムの餘民(よみん)の遺(のこ)れる者なりモーセこれらを撃(うち)て逐(おひ)はらへり
  13. 但(たゞ)しゲシユル人(びと)およびマアカ人(びと)はイスラエルの子孫(ひとびと)これを逐(おひ)はらはざりきゲシユル人(びと)とマアカ人(びと)は今日までイスラエルの中に住(すみ)をる
  14. 唯(たゞ)レビの支派(わかれ)にはヨシユア何の産業をも與(あた)へざりき是(これ)イスラエルの神ヱホバの火祭(くわさい)これが産業たればなり其(その)かれに言(いひ)たまひしが如(ごと)し
  15.  モーセ、ルベンの子孫の支派(わかれ)にその宗族(やから)にしたがひて與(あた)ふる所ありしが
  16. その境界(さかひ)の内はアルノンの谷の端(はし)なるアロエルよりこなたの地 谷の中なる邑(まち)メデバの邊(ほとり)の一切(すべて)の平地
  17. ヘシボンおよびその平地の一切(すべて)の邑々(まちまち)デボン、バモテバアル、ベテバアルメオン
  18. ヤハヅ、ケデモテ、メパアテ
  19. キリアタイム、シブマ、谷中の山のゼレテシヤハル
  20. ベテペオル、ピスガの山腹 ベテヱシモテ
  21. 平地の一切(すべて)の邑々(まちまち) ヘシボンにて世を治(をさ)めしアモリ人(びと)の王シホンの全國モーセ、シホンをミデアンの貴族エビ、レケム、ツル、ホルおよびレバとあはせて撃(うち)ころせり是(これ)みなシホンの大臣にしてその地に住(すみ)をりし者なり
  22. イスラエルの子孫(ひとびと)またベオルの子(こ)卜筮師(うらなひし)バラムをも刃(やいば)にかけてその外(ほか)に殺せし者等とともに殺せり
  23. ルベンの子孫はヨルダンおよびその河岸をもて己(おのれ)の境界(さかひ)とせりルベンの子孫がその宗族(やから)に循(した)がひて獲(え)たる産業は是(かく)のごとくにして邑(まち)も村もこれに准(なぞ)らふ
  24.  モーセまたガドの子孫たるガドの支派(わかれ)にもその宗族(やから)にしたがひて與(あた)ふる所ありしが
  25. その境界(さかひ)の内はヤゼル、ギレアデの一切(すべて)の邑々(まちまち)アンモンの子孫(ひとびと)の地の半(なかば)ラバの前なるアロエルまでの地
  26. ヘシボンよりラマテミヅパまでの地およびベトニム、マハナイムよりデビルの境界(さかひ)までの地
  27. 谷においてはベテハラム、ベテニムラ、スコテ、ザポンなどヘシボンの王シホンの國(くに)の殘れる部分ヨルダンおよびその河岸よりしてヨルダンの東の方キンネレテの海の岸までの地
  28. ガドの子孫がその宗族(やから)にしたがひて獲(え)たる産業は是(かく)のごとくにして邑(まち)も村も之(これ)に准(なぞ)らふ
  29.  モーセまたマナセの支派(わかれ)の半(なかば)にも與(あた)ふる所ありき是(これ)すなはちマナセの支派(わかれ)の半(なかば)にその宗族(やから)にしたがひて與(あた)へしなり
  30. その境界(さかひ)の内はマハナイムより此方(こなた)の地 バシヤンの全土 バシヤンの王オグの全國 バシヤンにあるヤイルの一切(すべて)の邑(まち)すなはち其(その)六十の邑(まち)
  31. ギレアデの半(なかば)バシヤンにおけるオグの國の邑々(まちまち)アシタロテおよびエデレイ 是等(これら)はマナセの子マキルの子孫に歸(き)せり即(すなは)ちマキルの子孫の半(なかば)その宗族(やから)にしたがひて之(これ)を獲(え)たり
  32.  ヨルダンの東の方に於(おい)てヱリコに對(むか)ひをるモアブの野にてモーセが分(わか)ち與(あた)へし産業は是(かく)のごとし
  33. 但(たゞ)しレビの支派(わかれ)にはモーセ何の産業をも與(あた)へざりきイスラエルの神ヱホバこれが産業たればなり其(その)かれらに言(いひ)たまひし如(ごと)し

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨシュア記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書