目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

Old Testament「Book of Joshua」
旧約聖書:ヨシュア記

第22章(CHAPTER 22)

  1. 茲(こゝ)にヨシユア、ルベン人(びと)ガド人(びと)およびマナセの支派(わかれ)の半(なかば)を召(めし)て
  2. これに言(いひ)けるは汝(なんぢ)らはヱホバの僕(しもべ)モーセが汝らに命ぜし所をことごとく守り又わが汝らに命ぜし一切(すべて)の事において我言(わがことば)に聽(きゝ)したがへり
  3. 汝らは今日まで日ひさしく汝らの兄弟を離れずして汝らの神ヱホバの命令の言(ことば)を守り來(きた)り
  4. 今は已(すで)に汝らの神ヱホバなんぢらの兄弟に向(さき)に宣(のた)まひし如(ごと)く安息(あんそく)を賜(たま)ふに至れり然(され)ば汝ら身を轉(めぐ)らしヱホバの僕(しもべ)モーセが汝らに與(あた)へしヨルダンの彼方(かなた)なる汝等の産業の地に歸(かへ)りて自己(おのれ)の天幕(てんまく)にゆけ
  5. 只(たゞ)ヱホバの僕(しもべ)モーセが汝らに命じおきし誡命(いましめ)と律法(おきて)とを善(よ)く謹(つゝ)しみて行(おこな)ひ汝らの神ヱホバを愛しその一切(すべて)の途(みち)に歩(あゆ)みその命令を守りて之(これ)に附(つき)したがひ心を盡(つく)し精神を盡(つく)して之(これ)に事(つか)ふべしと
  6. かくてヨシユア彼らを祝して去(さら)しめければ彼らはその天幕(てんまく)に往(ゆけ)り
  7.  マナセの支派(わかれ)の半(なかば)にはモーセ、バシヤンにて産業を與(あた)へおけりその他の半(なかば)にはヨシユア、ヨルダンの此旁(こなた)西の方にてその兄弟等の中に産業を與(あた)ふヨシユア彼らをその天幕に歸(かへ)し遣(や)るに當(あた)りて之(これ)を祝し
  8. 之(これ)に告(つげ)て言(いひ)けるは汝ら衆多(おほく)の貨財(くわざい)夥多(おびたゞ)しき家畜 金 銀 銅 鐵および夥多(おびたゞ)しき衣服(きもの)をもちて汝らの天幕(てんまく)に歸(かへ)り汝らの敵より獲(え)たるその物を汝らの兄弟の中(うち)に分(わか)つべしと
  9. 爰(こゝ)にルベンの子孫ガドの子孫およびマナセの支派(わかれ)の半(なかば)はヱホバのモーセによりて命じ給(たま)ひし所に循(したが)ひて己(おのれ)の所有(もちもの)の地すなはち已(すで)に獲(え)たるギレアデの地に往(ゆか)んとてカナンの地のシロよりしてイスラエルの子孫に別れて歸(かへ)りけるが
  10.  ルベンの子孫ガドの子孫およびマナセの支派(わかれ)の半(なかば)カナンの地のヨルダンの岸邊(きしべ)にいたるにおよびて彼處(かしこ)にてヨルダンの傍(かたはら)に一(ひとつ)の壇(だん)を築けりその壇(だん)は大(おほい)にして遥(はるか)に見えわたる
  11. イスラエルの子孫(ひとびと)はルベンの子孫ガドの子孫およびマナセの支派(わかれ)の半(なかば)カナンの地の前の部にてヨルダンの岸邊(きしべ)イスラエルの子孫に屬(ぞく)する方にて一(ひとつ)の壇(だん)を築けりと言(いふ)を聞(きけ)り
  12. イスラエルの子孫(ひとびと)これを聞(きく)と斉(ひと)しくイスラエルの子孫の會衆ことごとくシロに集まりて彼らの所に攻(せめ)のぼらんとす
  13.  イスラエルの子孫(ひとびと)すなはち祭司エレアザルの子ピハネスをギレアデの地に遣(つか)はしてルベンの子孫ガドの子孫およびマナセの支派(わかれ)の半(なかば)の所に至らしめ
  14. イスラエルの各々(おのおの)の支派(わかれ)の中より父祖の家の牧伯(つかさ)一人づつを擧(あげ)て合せて十人の牧伯(つかさ)を之(これ)に伴(とも)なはしむ是(これ)みなイスラエルの家族(やから)の中にて父祖の家の長(かしら)たる者なりき
  15. 彼らギレアデの地に往(ゆ)きルベンの子孫ガドの子孫およびマナセの支派(わかれ)の半(なかば)にいたりて之(これ)に語りて言(いひ)けらく
  16. ヱホバの全會衆かく言ふ汝らイスラエルの神にむかひて愆(とが)を犯し今日すでに翻(ひるが)へりてヱホバに從がはざらんとし即(すなは)ち己(おのれ)のために一(ひとつ)の壇(だん)を築きて今日ヱホバに叛(そむ)かんとするは何事ぞや
  17. ベオルの罪われらに足(たら)ざらんや之(これ)がためにヱホバの會衆に災禍(わざはひ)くだりたりしかども我ら今日までも尚(なほ)身を潔めてその罪を棄(すて)ざるなり
  18. 然(しか)るに汝らは今日ひるがへりてヱホバに從がはざらんとするや汝ら今日ヱホバに叛(そむ)けば明日はヱホバ、イスラエルの全會衆を怒(いか)りたまふべし
  19. 然(さり)ながら汝らの所有(もちもの)の地もし潔(きよ)からずばヱホバの幕屋(まくや)のたてるヱホバの産業の地に濟(わた)り來て我らの中にて所有(もちもの)を獲(え)よ惟(たゞ)われらの神ヱホバの壇(だん)の外に壇(だん)を築きてヱホバに叛(そむ)く勿(なか)れまた我らに悖(もと)るなかれ
  20. ゼラの子アカン詛(のろ)はれし物につきて愆(とが)を犯しつひにイスラエルの全會衆に震怒(いかり)臨(のぞ)みしにあらずや且(かつ)また其(その)罪にて滅亡(ほろび)し者は彼人(かのひと)ひとりにはあらざりき
  21.  ルベンの子孫ガドの子孫およびマナセの支派(わかれ)の半(なかば)答へてイスラエルの宗族(やから)の長(かしら)等に言(いひ)けるは
  22. 諸(もろもろ)の神の神ヱホバ諸(もろもろ)の神の神ヱホバ知(しろ)しめすイスラエルも亦(また)知(しら)ん もし叛(そむ)く事あるひはヱホバに罪を犯す事ならば汝今日我らを救(すく)ふなかれ
  23. 我らが壇(だん)を築きし事もし翻(ひる)がへりてヱホバに從がはざらんが爲(ため)なるか又は其上(そのうへ)に燔祭(はんさい)素祭(そさい)を献(さゝ)げんが爲(ため)なるか又はその上に酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)を獻(さゝ)げんがためならばヱホバみづからその罪を問討(とひたゞ)したまへ
  24. 我等は遠き慮(おもんばかり)をもて故(ことさら)に斯(かく)なしたるなり即(すなは)ち思(おも)ひけらく後(のち)の日にいたりて汝らの子孫われらの子孫に語りて言(いふ)ならん汝らはイスラエルの神ヱホバと何の關係(かゝはり)あらんや
  25. ルベンの子孫およびガドの子孫よヱホバ我らと汝らの間にヨルダンを界(さかひ)となしたまへり汝らはヱホバの中(うち)に分(ぶん)なしと斯(かく)いひてなんぢらの子孫われらの子孫としてヱホバを畏(おそ)るゝことを息(やめ)しめんと
  26. 是故(このゆゑ)に我ら言(いひ)けらく我らいま一(ひとつ)の壇(だん)を我らのために築かんと是(これ)燔祭(はんさい)のために非(あら)ずまた犠牲(いけにへ)のために非(あら)ず
  27. 惟(たゞ)し之(これ)をして我らと汝らの間および我らの後(のち)の子孫の間に證(あかし)とならしめて我ら燔祭(はんさい)犠牲(いけにへ)および酬恩祭(しうおんさい)をもてヱホバの前にその職務(つとめ)をなさんがためなり然(しか)せば汝らの子孫後(のち)の日いたりて我らの子孫に汝らはヱホバの中(うち)に分(ぶん)なしと言(いふ)こと無(なか)らん
  28. 是(こゝ)をもて我ら言(いへ)り彼らが我らまたは後(のち)の日に我らの子孫に然(しか)いはゞその時我ら言(いは)ん我らの父祖の築きたりしヱホバの壇(だん)の模形(かた)を見よ是(これ)は燔祭(はんさい)のためにも非(あら)ずまた犠牲(いけにへ)のためにもあらず我らと汝らとの間の證(あかし)なり
  29. ヱホバに叛(そむ)き翻(ひるが)へりて今日ヱホバに從がふことを息(や)め我らの神ヱホバの幕屋(まくや)の前にあるその祭壇の外(ほか)に燔祭(はんさい)素祭(そさい)犠牲(いけにへ)などのために壇(だん)を築くことは我らの絶(たえ)て爲(なさ)ざる所なり
  30.  祭司ピネハスおよび會衆の長等(をさたち)即(すなは)ち彼とともなるイスラエルの宗族(やから)の首(かしら)等はルベンの子孫ガドの子孫およびマナセの子孫が述(のべ)たる言(ことば)を聞(きゝ)て善(よし)とせり
  31. 祭司エレアザルの子ピネハスすなはちルベンの子孫ガドの子孫およびマナセの子孫に言(いひ)けるは我ら今日ヱホバの我らの中に在(いま)すを知る其(そ)は汝らヱホバにむかひて此(この)愆(とが)を犯(おか)さゞればなり今なんぢらはイスラエルの子孫をヱホバの手より救ひいだせりと
  32. 祭司エレアザルの子ピネハスおよび牧伯等(をさたち)すなはちルベンの子孫およびガドの子孫に別れてギレアデの地よりカナンの地に歸(かへ)りイスラエルの子孫(ひとびと)にいたりて復命(かへりごと)しけるに
  33. イスラエルの子孫(ひとびと)これを善(よし)とせり而(しか)してイスラエルの子孫(ひとびと)神を讃(ほ)めルベンの子孫およびガドの子孫の住(すみ)をる國(くに)を滅ぼしに攻上(せめのぼ)らんと重(かさ)ねて言(いは)ざりき
  34. ルベンの子孫およびガドの子孫その壇(だん)をエド(證(あかし))と名(なづ)けて云ふ是(これ)は我らの間にありてヱホバは神にいますとの證(あかし)をなす者なりと

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨシュア記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書