目次 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

Old Testament「Book of Judges」
旧約聖書:士師記

第1章(CHAPTER 1)

  1. ヨシユアの死にたるのちイスラエルの子孫(しそん)ヱホバに問ひていひけるはわれらの中(うち)孰(いづれ)か先に攻め登りてカナン人(びと)と戰ふべきや
  2. ヱホバいひたまひけるはユダ上(のぼ)るべし視(み)よ我(われ)此國(このくに)を其(そ)の手に付(わた)すと
  3. ユダその兄弟シメオンに言(いひ)けるは我と共にわが領地にのぼりてカナン人(びと)と戰へわれもまた偕(とも)に汝(なんぢ)の領地に往(ゆく)べしとこゝにおいてシメオンかれとともにゆけり
  4. ユダすなはち上りゆきけるにヱホバその手にカナン人(びと)とペリジ人(びと)とを付(わた)したまひたればベゼクにて彼ら一萬人を殺し
  5. またベゼクにおいてアドニベゼクにゆき逢(あ)ひこれと戰ひてカナン人(びと)とペリジ人(びと)を殺せり
  6. しかるにアドニベゼク逃(のが)れ去りしかばそのあとを追ひてこれを執(とら)へその手足の巨擘(おほゆび)を斫(き)りはなちたれば
  7. アドニベゼクいひけるは七十人の王たちかつてその手足の巨擘(おほゆび)を斫(き)られて我(わ)が食几(だい)のしたに屑(くつ)を拾(ひろ)へり神わが曾(かつ)て行(おこな)ひしところをもてわれに報(むく)いたまへるなりと衆(ひとびと)之(これ)を曳(ひき)てエルサレムに至りしが其處(そこ)にしねり
  8.  ユダの子孫エルサレムを攻めてこれを取り刃(やいば)をもてこれを撃ち邑(まち)に火をかけたり
  9. かくてのちユダの子孫山と南方(みなみ)の方および平地に住めるカナン人(びと)と戰(たゝか)はんとて下りしが
  10. ユダまづヘブロンに住(すめ)るカナン人(びと)を攻めてセシヤイ、アヒマンおよびタルマイを殺せり〔ヘブロンの舊(もと)の名はキリアテアルバなり〕
  11.  またそこより進みてデビルに住(すめ)るものを攻む〔デビルの舊(もと)の名はキリアテセペルなり〕
  12. 時にカレブいひけるはキリアテセペルをうちてこれを取るものにはわが女(むすめ)アクサをあたへて妻となさんと
  13. カレブの舍弟(おとうと)ケナズの子オテニエルこれを取(とり)ければすなはちその女(むすめ)アクサをこれが妻にあたふ
  14. アクサ往(ゆ)くときおのれの父に田圃(はたけ)を求めんことを夫にすゝめたりしがつひにアクサ驢馬(ろば)より下(くだ)りければカレブこれは何事ぞやといふに
  15. 答へけるはわれに惠賜(めぐみ)をあたへよなんぢ南の地をわれにあたへたればねがはくは源泉(いづみ)をもわれにあたへよとこゝにおいてカレブ上(かみ)の源泉(いづみ)と下(しも)の源泉(いづみ)とをこれにあたふ
  16.  モーセの外舅(しうと)ケニの子孫ユダの子孫と偕(とも)に棕櫚(しゆろ)の邑(まち)よりアラドの南なるユダの野にのぼり來(きた)りて民のうちに住居(すまゐ)せり
  17. 茲(こゝ)にユダその兄弟シメオンとともに往(ゆ)きてゼバテに住(すめ)るカナン人(びと)を撃ちて盡(ことごと)くこれを滅ぼせり是(こゝ)をもてその邑(まち)の名をホルマと呼ぶ
  18. ユダまたガザと其(そ)の境(さかひ)アシケロンとその境(さかひ)およびエクロンとその境(さかひ)を取(とれ)り
  19. ヱホバ、ユダとともに在(いま)したればかれつひに山地を手に入れたりしが谷に住(すめ)る民は鐵(てつ)の戰車(いくさぐるま)をもちたるが故(ゆゑ)にこれを逐出(おひいだ)すこと能(あた)はざりき
  20. 衆(ひとびと)モーセのかつていひし如(ごと)くヘブロンをカレブに與(あた)ふカレブそのところよりアナクの三人の子をおひ出(いだ)せり
  21. ベニヤミンの子孫はエルサレムに住(すめ)るエブス人(びと)を追出(おひいだ)さゞりしかばエブス人(びと)は今日に至るまでベニヤミンの子孫とともにエルサレムに住(すま)ふ
  22.  茲(こゝ)にヨセフの族(やから)またベテルをさして攻め上(のぼ)るヱホバこれと偕(とも)に在(いま)しき
  23. ヨセフの族(やから)すなはちベテルを窺察(うかゞは)しむ〔此邑(このまち)の舊(もと)の名はルズなり〕
  24. その間者(かんじゃ)邑(まち)より人の出來(いできた)るを見てこれにいひけるは請(こ)ふわれらに邑(まち)の入口を示せさらば汝に恩慈(あはれみ)を施(ほどこ)さんと
  25. 彼(かれ)邑(まち)の入口を示したればすなはち刃(やいば)をもて邑(まち)を撃(う)てり然(され)ど彼(か)の人と其(その)家族(やから)をばみな縱(はな)ち遣(や)りぬ
  26. その人ヘテ人(びと)の地にゆき邑(まち)を建(たて)てルズと名(なづ)けたり今日にいたるまでこれを其(その)名となす
  27.  マナセはベテシヤンとその村里(むらざと)の民タアナクとその村里の民ドルとその村里の民イブレアムとその村里の民メギドンとその村里の民を逐(お)ひ出さゞりきカナン人(びと)はなほその地に住(すま)ひ居(を)る
  28. イスラエルはその強(つよく)なりしときカナン人(びと)をして貢(みつぎ)を納(い)れしめたりしがこれを全く追ひいだすことは爲(なさ)ざりき
  29.  エフライムはゲゼルに住(すめ)るカナン人(びと)を逐(お)ひいださゞりきカナン人(びと)はゲゼルにおいてかれらのうちに住み居(ゐ)たり
  30.  ゼブルンはまたキテロンの民およびナハラルの民を逐(お)ひいださゞりきカナン人(びと)かれらのうちに住みて貢(みつぎ)ををさむるものとなりぬ
  31.  アセルはアツコの民およびシドン、アヘラブ、アクジブ、ヘルバ、アピク、レホブの民を逐(お)ひ出(いだ)さざりき
  32. アセル人(びと)は其地(そのち)の民なるカナン人(びと)のうちに住み居たりそはこれを逐(お)ひ出(いだ)さゞりしゆゑなり
  33.  ナフタリはベテシメシの民およびベテアナテの民を逐(お)ひ出(いだ)さずその地の民なるカナン人(びと)のうちに住み居たりベテシメシとベテアナテの民はつひにかれらに貢(みつぎ)を納(をさ)むるものとなりぬ
  34.  アモリ人(びと)ダンの子孫を山におひこみ谷に下ることを得(え)させざりき
  35. アモリ人(びと)はなほヘレス山 アヤロン、シヤラビムに住(すま)ひ居(を)りしがヨセフの家の手力(てちから)勝(まさ)りたれば終(つひ)に貢(みつぎ)を納(をさ)むるものとなりぬ
  36. アモリ人(びと)の界(さかひ)はアクラビムの阪(さか)よりセラを經(へ)て上に至れり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):士師記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書