目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

Old Testament「Book of Judges」
旧約聖書:士師記

第3章(CHAPTER 3)

  1. ヱホバが凡(すべ)てカナンの諸(もろもろ)の戰爭(たゝかひ)を知(しら)ざるイスラエルの者どもをこゝろみんとて遺(のこ)しおきたまへる國民(くにたみ)は左のごとし
  2. 〔こはたゞイスラエルの代々(よゝ)の子孫特にいまだ戰爭を知(しら)ざるものにこれををしへ知らしめんがためなり〕
  3. 即(すなは)ちペリシテ人(びと)の五人の伯(きみ)すべてのカナン人(びと)シドン人(びと)およびレバノン山に住みてバアルヘルモンの山よりハマテに入るところまでを占(し)めたるヒビ人(びと)是(これ)なり
  4. これらをもてイスラエルをこゝろみかれらがヱホバのモーセによりてその先祖に命じたまひし命令に遵(したが)ふや否(いなや)を可知(しるべか)りしなり
  5. イスラエルの子孫(ひとびと)はカナン人(びと)ヘテ人(びと)アモリ人(びと)
  6. ペリジ人(びと)ヒビ人(びと)エブス人(びと)のうちに住みかれらの女(むすめ)を妻に娶(めと)りまたおのれの女(むすめ)をかれらの子に與(あた)へかつかれらの神に事(つか)へたり
  7.  斯(か)くイスラエルの子孫(ひとびと)ヱホバのまへに惡をおこなひ己(おの)れの神なるヱホバをわすれてバアリムおよびアシラに事(つか)へたり
  8. 是(こゝ)においてヱホバはげしくイスラエルを怒(いか)りてこれをメソポタミヤの王クシヤンリシヤタイムの手に賣(う)り付(わた)したまひしかばイスラエルの子孫(ひとびと)はおよそ八年のあひだクシヤンリシヤタイムにつかへたり
  9. 茲(こゝ)にイスラエルの子孫(ひとびと)ヱホバによばはりしかばヱホバはイスラエルの子孫(ひとびと)の爲(ため)にひとりの救者(すくひて)を起(おこ)して之(これ)を救はしめ給(たま)ふすなはちカレブの舍弟(をとうと)ケナズの子オテニエル是(これ)なり
  10. ヱホバの靈(みたま)オテニエルにのぞみたれば彼イスラエルを治(をさ)め戰ひに出(い)づヱホバ、メソポタミヤの王クシヤンリシヤタイムをその手に付(わた)したまひたればオテニエルの手クシヤンリシヤタイムに勝(かつ)ことを得(え)たり
  11. かくて國は四十年のあひだ太平(たいへい)なりきケナズの子オテニエルつひに死(しね)り
  12.  イスラエルの子孫(ひとびと)復(また)ヱホバの眼のまへに惡をおこなふヱホバかれらがヱホバのまへに惡をおこなふによりてモアブの王エグロンをつよくなしてイスラエルに敵せしめたまへり
  13. エグロンすなはちアンモンおよびアマレクの子孫(ひとびと)を招き聚(あつ)め往(ゆ)きてイスラエルを撃ち椶櫚(しゆろ)の邑(まち)を取(とれ)り
  14. こゝにおいてイスラエルの子孫(ひとびと)は十八年のあひだモアブの王エグロンに事(つか)へたりしが
  15.  イスラエルの子孫(ひとびと)ヱホバに呼(よば)はりけるときヱホバかれらの爲(ため)に一個(ひとり)の救者(すくひて)を起したまふすなはちベニヤミン人(びと)ゲラの子なる左手利捷(ひだりぎき)のエホデ是(これ)なりイスラエルの子孫(ひとびと)かれを以(も)てモアブの王エグロンに餽物(おくりもの)せり
  16. エホデ長(ながさ)一キユビトなる兩刃(もろは)の劍(つるぎ)を作らせこれを衣(ころも)のしたに右の股(もゝ)のあたりにおび
  17. 餽物(おくりもの)を齎(もたら)してモアブの王エグロンのもとに詣(いた)るエグロンは甚(はなは)だ肥(こえ)たる人なりき
  18. さて餽物(おくりもの)を獻(さゝ)ぐることをはりしかば彼(かれ)餽物(おくりもの)を負(にな)ひ來(きた)りしものをかへし去らしめ
  19. 自(みづか)らはギルガルの傍(ほとり)なる石像の在(あ)る所より引き回(かへ)していひけるは王よ我(われ)爾(なんぢ)に告ぐべき密事(みつじ)ありと王(わう)人拂(ひとばらひ)を命じたればその旁(かたはら)に立つものみな出(い)で去りぬ
  20. エホデすなはち王のところに入來(いりきた)れり時に王はひとり上なる涼殿(すゞみどの)に坐(ざ)し居(ゐ)たりしがエホデ我(われ)神の命(めい)に由(よ)りて爾(なんぢ)に傳(つた)ふべきことありといひければ王すなはち座(ざ)より起(たつ)に
  21. エホデ左の手を出し右の股(もゝ)より劍(つるぎ)を取りてその腹(はら)を刺(さ)せり
  22. ネ(つか)もまた刃(やいば)とともに入りたりしが脂肉(あぶら)刃(やいば)を塞(ふさ)ぎて之(これ)を腹より拔き出すことあたはずその鋒鋩(きつさき)うしろに出(い)づ
  23. エホデすなはち廊(らう)をとほりてその後(うしろ)に樓(たかどの)の戸を閉(とぢ)てこれを鎖(とざ)せり
  24.  その出(い)でしのち王の僕(しもべ)來(きた)りて樓(たかどの)の戸の鎖(とざ)したるを見いひけるは王はかならず涼殿(すゞみどの)の間(ま)に足を蔽(おほ)ひ居(を)るならんと
  25. 僕(しもべ)ども耻(はづ)るまでに俟居(まちゐ)たれど王(わう)樓(たかどの)の戸をひらかざれば鑰(かぎ)をとりて之(これ)を開き見るにその君(きみ)は地に仆(たふ)れて死(しに)をる
  26.  エホデは彼等の猶豫(ためら)ふ間に逃(のが)れて石像の在(あ)るところを過(よぎ)りセイラテに遁(に)げゆけり
  27. かれ既(すで)に至りエフライムの山に[らつぱ]を吹きければイスラエルの子孫(ひとびと)これとともに山より下(くだ)るエホデこれを導(みちび)けり
  28. かれ人衆(ひとびと)にいひけるは我に續(つゞい)て來(きた)れヱホバ汝等の敵モアブ人(びと)を汝等の手に付(わた)したまふなりこゝにおいてかれらエホデにしたがひて下りモアブにおもむくところのヨルダンの津(わたり)を取りて一人も渡ることを允(ゆる)さゞりき
  29. そのとき彼らモアブ人(びと)およそ一萬人を殺せり是(これ)皆(みな)肥太(こえふとり)たる勇士なりそのうち一人も脱(のが)れたるものなし
  30. モアブはその日イスラエルの手に服(ふく)せり而(しか)して國は八十年の間(あひだ)太平(たいへい)なりき
  31.  エホデの後にアナテの子シヤムガルといふものあり牛の策(むち)を以(も)てペリシテ人(びと)六百人を殺せり此人(このひと)もまたイスラエルを救(すく)へり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):士師記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書