目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

Old Testament「Book of Judges」
旧約聖書:士師記

第5章(CHAPTER 5)

  1. その日デボラとアビノアムの子バラク謳(うた)ひていはく
  2. イスラエルの首長(かしら)みちびきをなし民また好(この)んで出(い)でたればヱホバを頌美(ほめ)よ
  3. もろもろの王よ聽(き)けもろもろの伯(きみ)よ耳をかたぶけよ我はそもヱホバに謳(うた)はん我はイスラエルの神ヱホバを讚(たゝ)へん
  4. あゝヱホバよ汝(なんぢ)セイルより出(い)でエドムの野より進みたまひしとき地(ち)震(ふる)ひ天また滴(したゝ)りて雲水を滴(したゝ)らせたり
  5. もろもろの山はヱホバのまへに撼動(ゆる)ぎ彼(か)のシナイもイスラエルの神ヱホバのまへに撼動(ゆる)げり
  6. アナテの子シヤムガルのときまたヤエルの時には大路(おほぢ)は通行(とほ)る者なく途行(みちゆ)く人は徑(こみち)を歩(あゆ)み
  7. イスラエルの村莊(むらむら)には住者(すむもの)なく住む者あらずなりけるがつひに我デボラ起(おこ)れり我(われ)起(おこ)りてイスラエルに母となる
  8. 人々新しき神を選(えら)みければ戰鬪(たゝかひ)門におよべりイスラエルの四萬人のうちに盾(たて)或(あるひ)は鎗(やり)の見(みえ)しことあらんや
  9. 吾(わ)が心は民のうちに好(この)んでいでたるイスラエルの有司等(つかさたち)に傾(かたむ)けり汝らヱホバを頌美(ほめ)よ
  10. しろき驢馬(ろば)に乗るもの毛氈(もうせん)に坐(ざ)するものおよび路(みち)歩(あゆ)む人よ汝ら謳(うた)ふべし
  11. 矢叫(やさけび)の聲(こゑ)に遠(とほざ)かり水(みづ)汲(く)むところにおいてヱホバの義(たゞ)しき所爲(わざ)をとなへそのイスラエルを治理(をさ)めたまふ義(たゞ)しき所爲(わざ)を唱(とな)へよその時ヱホバの民は門に下(くだ)れり
  12. 興(おき)よ起(おき)よデボラ興(おき)よ起(おき)よ歌を謳(うた)ふべし起(た)てよバラク汝の俘虜(とりこ)を虜(とらへ)きたれアビノアムの子よ
  13. 其時(そのとき)民の首長等(かしらたち)の殘餘者(のこれるもの)くだり來(きた)るヱホバ勇士(ますらを)の中(うち)にいまして我にくだりたまふ
  14. エフライムより出(いづ)る者ありその根(ね)アマレクにありベニヤミン汝のあとにつきて汝の民の中(うち)にありマキルよりは牧伯(つかさびと)下(くだ)りゼブルンよりは采配(さいはひ)を執(と)るものいたる
  15. イッサカルの伯(きみ)たちはデボラとともに居(を)るイッサカルはバラクとおなじく足の進みて平地に至るルベンの河邊(かはべ)にて大(おほい)に心にはかる事あり
  16. 何故(なにゆゑ)に汝は圈(をり)のうちに止(とゞ)まりて羊(ひつじ)の群(むれ)に笛吹くを聽(き)くやルベンの河邊(かはべ)にて大(おほい)に心に考(かんが)ふることあり
  17. ギレアデはヨルダンの彼方(かなた)に臥(ふ)し居(を)る何故(なにゆゑ)にダンは舟のかたはらに止(とゞ)まりしやアセルは濱邊(はまべ)に坐(ざ)してその港(みなと)に臥(ふ)し居(を)る
  18. ゼブルンは生命(いのち)を捐(すて)て死を冒(をか)せる民なり野の高きところに居(を)るナフタリまた是(かく)の如(ごと)し
  19. もろもろの王(わう)來(きた)りて戰(たゝか)へる時にカナンのもろもろの王メギドンの水の邊(ほとり)においてタアナクに戰(たゝか)へり彼ら一片(ひとひら)の貨幣(かね)をも獲(え)ざりき
  20. 天よりこれを攻(せむ)るものありもろもろの星(ほし)其(そ)の道を離れてシセラを攻(せ)む
  21. キシオンの河(かは)之(これ)を押し流しぬ是(これ)彼(か)の古(いにし)への河(かは)キシオンの河なりわが靈魂(たましひ)よ汝ますます勇(いさ)みて進め
  22. その時(とき)馬の蹄(ひづめ)は強きものの馳(はせ)に馳(はす)るに由(よ)りて地を踏鳴(ふみなら)せり
  23. ヱホバの使(つかひ)いひけるはメロズを詛(のろ)ふべし汝ら重(かさ)ね重(がさ)ねその民を詛(のろ)ふべきなり彼等(かれら)來(きた)りてヱホバを助けずヱホバを助けて猛者(たけきもの)を攻めざればなり
  24. ケニ人(びと)ヘベルの妻ヤエルは婦女(をんな)のうちの最も頌(ほ)むべき者なり彼は天幕に居(を)る婦女(をんな)のうち最も頌(ほ)むべきものなり
  25. シセラ水を乞(こ)ふにヤエル乳(ちゝ)を與(あた)ふ即(すなは)ち貴(たふと)き盤(うつは)に乳(ちゝ)の油を盛(もり)てさゝぐ
  26. ヤエル釘子(くぎ)に手をかけ右の手に重き椎(つち)をとりてシセラを打ちその頭(かうべ)を碎(くだ)きその鬢(びん)のあたりをうちて貫(つら)ぬく
  27. シセラ、ヤエルの足の間に屈(かゞ)みて仆(たふ)れ偃(ふ)しその足のあはひに屈(かゞ)みて仆(たふ)れその屈(かゞ)みたる所にて仆(たふ)れ亡(うせ)ぬ
  28. シセラの母(はゝ)窓より望み格子(かうし)のうちより叫(さけ)びて言ふ彼が車のきたること何(など)て遲(おそ)きや彼が馬の歩(あゆみ)何(など)てはかどらざるやと
  29. その賢(かしこ)き侍女(こしもと)こたへをなす(母また獨語(ひとりごと)して斯(かく)いへり)
  30. かれら獲(え)ものしてこれを分(わか)たざらんや人ごとに一人二人の女子を獲(え)んシセラの獲(う)るものは彩(いろどれ)る衣(ころも)ならんその獲(う)る者は彩(いろどれ)る衣(ころも)にして文繍(ぬひ)を施(ほどこ)せる者ならん即(すなは)ち彩(いろど)りて兩面(ふたおも)に文繍(ぬひ)をほどこせる衣(ころも)をえてその頸(くび)にまとはんと
  31. ヱホバよ汝の敵みな是(かく)のごとくに亡(ほろ)びよかしまたヱホバを愛するものは日の眞盛(まさかり)に昇(のぼ)るが如(ごと)くなれよかしとかくて後(のち)國(くに)は四十年のあひだ太平(たいへい)なりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):士師記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書