目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

Old Testament「Book of Judges」
旧約聖書:士師記

第6章(CHAPTER 6)

  1. イスラエルの子孫(ひとびと)またヱホバの目のまへに惡を行ひたればヱホバ七年の間之(これ)をミデアン人(びと)の手に付(わた)したまふ
  2. ミデアン人(びと)の手イスラエルにかてりイスラエルの子孫(ひとびと)はミデアン人(びと)の故(ゆゑ)をもて山にある窟(いはや)と洞穴(ほらあな)と要害とをおのれのために造れり
  3. イスラエル人(びと)蒔種(たねまき)してありける時(をり)しもミデアン人(びと)アマレキ人(びと)及び東方の民上り來りて押寄せ
  4. イスラエル人(びと)に向ひて陣を取り地の産物を荒してガザにまで至りイスラエルのうちに生命(いのち)を維(つな)ぐべき物を遺(のこ)さず羊(ひつじ)も牛も驢馬(ろば)も遺(のこさ)ざりき
  5. 夫(それ)この衆人(ひとびと)は家畜と天幕を携(たづさ)へ上り蝗蟲(いなご)の如(ごと)くに數多く來(きた)れりその人と駱駝(らくだ)は數(かぞ)ふるに勝(たへ)ず彼ら國(くに)を荒さんとて入(いり)きたる
  6. かゝりしかばイスラエルはミデアン人(びと)のために大(おほ)いに衰(おとろ)へイスラエルの子孫(ひとびと)ヱホバに呼(よばは)れり
  7.  イスラエルの子孫(ひとびと)ミデアン人(びと)の故(ゆゑ)をもてヱホバに呼(よば)はりしかば
  8. ヱホバひとりの預言者をイスラエルの子孫(ひとびと)に遣(おく)りて言(いは)しめたまひけるはイスラエルの神ヱホバ斯(か)くいひたまふ我かつて汝らをエジプトより上らせ汝らを奴隸(どれい)たるの家より出(いだ)し
  9. エジプト人(びと)の手およびすべて汝らを虐(しへた)ぐるものの手より汝らを拯(すく)ひいだし汝らの前より彼らを追ひはらひてその邦土(くに)を汝らに與(あた)へたり
  10. 我また汝らに言(いへ)り我は汝らの神ヱホバなり汝らが住(すま)ひ居(を)るアモリ人(びと)の國(くに)の神を懼(おそ)るゝなかれとしかるに汝らは我(わ)が聲(こゑ)に從(したが)はざりき
  11.  茲(こゝ)にヱホバの使者(つかひ)來(きた)りてアビエゼル人(びと)ヨアシの所有(もの)なるオフラの橡(かし)の樹のしたに坐(ざ)す時にヨアシの子ギデオン、ミデアン人(びと)に奪(うば)はれざらんために酒[ぶね]のなかに麥(むぎ)を打ち居(ゐ)たりしが
  12. ヱホバの使(つかひ)之(これ)に現(あらは)れて剛勇(ますら)丈夫(たけを)よヱホバ汝とともに在(いま)すといひたれば
  13. ギデオン之(これ)にいひけるはあゝ吾(わ)が主(しゆ)よヱホバ我らと偕(とも)にいまさばなどてこれらのことわれらの上に及びたるやわれらの先祖がヱホバは我らをエジプトより上(のぼ)らしめたまひしにあらずやといひて我らに告(つげ)たりしその諸(もろもろ)の不思議なる行爲(わざ)は何處(いづく)にあるや今はヱホバわれらを棄(すて)てミデアン人(びと)の手に付(わた)したまへり
  14. ヱホバ之(これ)を顧(かへり)みていひたまひけるは汝(なんぢ)此(この)汝の力をもて行きミデアン人(びと)の手よりイスラエルを拯(すく)ひいだすべし我(われ)汝を遣(つかは)すにあらずや
  15. ギデオン之に(これ)いひけるはあゝ主よ我(われ)何をもてかイスラエルを拯(すく)ふべき視(み)よわが家はマナセのうちの最も弱きもの我はまた父の家の最も卑賤(いやし)きものなり
  16. ヱホバ之(これ)にいひたまひけるは我かならず汝とともに在(あら)ん汝は一人を撃(うつ)がごとくにミデアン人(びと)を撃(う)つことを得(え)ん
  17. ギデオン之(これ)にいひけるは我もし汝のまへに恩(めぐみ)を蒙(かうむ)るならば請(こ)ふ我と語る者の汝なる證據(しるし)を見せたまへ
  18. ねがはくは我(われ)復(ふたゝ)び汝に來(きた)りわが祭物(そなへもの)をたづさへて之(これ)を汝のまへに供(そな)ふるまでこゝを去(さり)たまふなかれ彼いひたまひけるは我(われ)汝の還(かへ)るまで待つべし
  19.  ギデオンすなはち往(ゆき)て山羊(やぎ)の羔(こ)を調(とゝの)へ粉(こな)一エパをもて無酵(たねいれぬ)パンをつくり肉を筺(かご)にいれ羹(しる)を壺(つぼ)に盛り橡樹(かしのき)の下にもち出(いで)て之(これ)を供(そな)へたれば
  20. 神の使(つかひ)之(これ)にいひたまひけるは肉と無酵(たねいれぬ)パンをとりて此(この)巖(いは)のうへに置き之(これ)に羹(しる)を斟(そゝ)げとすなはちそのごとくに行(おこな)ふ
  21. ヱホバの使(つかひ)手にもてる杖(つゑ)の末端(さき)を出して肉と無酵(たねいれぬ)パンに觸(ふ)れたりしかば巖(いは)より火燃えあがり肉と無酵(たねいれぬ)パンを燒き盡(つく)せりかくてヱホバの使(つかひ)去(さり)てその目に見(みえ)ずなりぬ
  22. ギデオン是(こゝ)において彼がヱホバの使者(つかひ)なりしを覺(さと)りギデオンいひけるはあゝ神ヱホバよ我(われ)面(おもて)を合せてヱホバの使者(つかひ)を見たれば將(はた)如何(いかん)せん
  23. ヱホバ之(これ)にいひたまひけるは心(こゝろ)安かれ怖(おそ)るゝ勿(なか)れ汝(なんぢ)死ぬることあらじ
  24. こゝにおいてギデオン彼所(かしこ)にヱホバのために祭壇(さいだん)を築き之(これ)をヱホバシヤロムと名(なづ)けたり是(これ)は今日に至るまでアビエゼル人(びと)のオフラに存(のこ)る
  25.  其夜(そのよ)ヱホバ、ギデオンにいひ給(たま)ひけるは汝の父の少(わか)き牡牛(をうし)および七歳なる第二の牛を取り汝の父のもてるバアルの祭壇を毀(こぼ)ち其上(そのうへ)なるアシラの像を斫(き)り仆(たふ)し
  26. 汝の神ヱホバのためにこの堡砦(とりで)の頂(いたゞき)において次序(ついで)をたゞしくし祭壇(さいだん)を築き第二の牛を取りて汝が斫(き)り倒(たふ)せるアシラの木をもて燔祭(はんさい)を供(さゝ)ぐべし
  27. ギデオンすなはちその僕(しもべ)十人を携(たづさ)へてヱホバのいひたまひしごとく行(おこな)へりされど父の家のものどもおよび邑(まち)の人を怖(おそ)れたれば晝(ひる)之(これ)をなすことを得(え)ず夜に入りて之(これ)を爲(なせ)り
  28.  邑(まち)の衆(ひとびと)朝(あさ)興出(おきいで)て視(みる)にバアルの祭壇は摧(くだ)け其(そ)の上なるアシラの像は斫仆(きりたふ)されて居(を)り新(あらた)に築(きづけ)る祭壇に第二の牛の供(そな)へてありしかば
  29. たがひに此(これ)は誰(た)が所爲(しわざ)ぞやと言ひつゝ尋(たづ)ね問(と)ひけるに此(これ)はヨアシの子ギデオンの所爲(しわざ)なりといふものありたれば
  30. 邑(まち)の人々ヨアシにむかひ汝の子を曳(ひ)き出して死なしめよそは彼バアルの祭壇(さいだん)を摧(くだ)き其上(そのうへ)に在(あり)しアシラの像を斫仆(きりたふ)したればなりといふ
  31. ヨアシおのれの周圍(めぐり)に立(たて)るすべてのものにいひけるは汝らはバアルの爲(ため)に爭論(いひあらそ)ふや汝らは之(これ)を救(すくは)んとするや之(これ)が爲(ため)に爭論(いひあらそ)ふ者は朝の中(うち)に死(しぬ)べしバアルもし神ならば人(ひと)其(その)祭壇を摧(くだ)きたれば自(みづか)ら爭論(いひあらそ)ふ可(べき)なりと
  32. 是(こゝ)をもて人衆(ひとびと)ギデオンその祭壇を摧(くだ)きたればバアル自(みづか)ら之(これ)といひあらそはんといひて此日(このひ)かれをヱルバアル(バアルいひあらそはん)と呼(よび)なせり
  33.  茲(こゝ)にミデアン人(びと)アマレク人(びと)および東方の民(たみ)相(あひ)集まりて河を濟(わた)りヱズレルの谷に陣(じん)を取(とり)しが
  34. ヱホバの靈(みたま)ギデオンに臨(のぞ)みてギデオン[らっぱ]を吹(ふき)たればアビエゼル人集りて之(これ)に從ふ
  35. ギデオン[あまね]くマナセに使者(つかひ)を遣(おく)りしかばマナセ人(びと)また集りて之(これ)に從ふ彼またアセル、ゼブルン及びナフタリに使者(つかひ)を遣(おく)りしにその人々も上(のぼ)りて之(これ)を迎(むか)ふ
  36.  ギデオン神にいひけるは汝かつていひたまひしごとくわが手をもてイスラエルを救(すく)はんとしたまはゞ
  37. 視(み)よ我(われ)一箇(ひとつ)の羊の毛を禾塲(うちば)におかん露(つゆ)もし羊毛にのみおきて地はすべて燥(かわ)きをらば我(われ)之(こ)れによりて汝がかつて言(いひ)たまひし如(ごと)く吾(わ)が手をもてイスラエルを救(すく)ひたまふを知(しら)んと
  38. すなはち斯(かく)ありぬ彼(かれ)明(あく)る朝早く興(お)きいで羊毛(ひつじのけ)をかき寄(よせ)てその毛より露(つゆ)を搾(しぼ)りしに鉢(はち)に滿(み)つるほどの水いできたる
  39. ギデオン神にいひけるは我にむかひて怒(いかり)を發したまふなかれ我をしていま一回(ひとたび)いはしめたまへねがはくは我をして羊の毛をもていま一回(ひとたび)試(ため)さしめたまへねがはくは羊毛(ひつじのけ)のみを燥(かわか)して地には悉(ことごと)く露(つゆ)あらしめたまへと
  40. その夜(よ)神かくの如(ごと)くに爲(な)したまふすなはち羊毛のみ燥(かわ)きて地には凡(すべ)て露(つゆ)ありき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):士師記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書