目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

Old Testament「Book of Judges」
旧約聖書:士師記

第7章(CHAPTER 7)

  1. 斯(かく)てヱルバアルと呼(よば)るゝギデオンおよび之(これ)とともにあるすべての民(たみ)朝夙(あさつと)に興(お)きいでてハロデの井(ゐ)のほとりに陣を取るミデアン人(びと)の陣はかれらの北の方にあたりモレの山に沿ひ谷のうちにありき
  2.  ヱホバ、ギデオンにいひたまひけるは汝とともに在(あ)る民は餘(あま)りに多ければ我その手にミデアン人(びと)を付(わた)さじおそらくはイスラエル我に向(むか)ひ自(みづか)ら誇(ほこ)りていはん我わが手をもて己(おのれ)を救(すく)へりと
  3. されば民の耳に告示(ふれしめ)していふべし誰にても懼(おそ)れ慄(おのゝ)くものはギレアデ山より歸(かへ)り去るべしとこゝにおいて民のかへりしもの二萬二千人あり殘(のこり)しものは一萬人なりき
  4.  ヱホバまたギデオンにいひたまひけるは民なほ多し之(これ)を導きて水際(みぎは)に下(くだ)れ我かしこにて汝のために彼らを試みんおほよそ我(わ)が汝に告(つげ)て此人(このひと)は汝とともに行くべしといはんものはすなはち汝とともに行くべしまたおほよそ我(われ)汝に告(つげ)て此人(このひと)は汝とともに行くべからずといはんものはすなはち行くべからざるなり
  5. ギデオン民をみちびきて水際(みぎは)に下(くだ)りしにヱホバ之(これ)にいひたまひけるはおほよそ犬の[なむ]るがごとくその舌をもて水を[なむ]るものは汝(なんぢ)之(これ)を別(わ)けおくべしまたおほよそ其(そ)の膝(ひざ)を折り屈(かゞ)みて水を飮むものをも然(しか)すべしと
  6. 手を口にあてゝ水を[なめ]しものの數は三百人なり餘(ほか)の民は盡(ことごと)くその膝(ひざ)を折り屈(かゞ)みて水を飮(のめ)り
  7. ヱホバ、ギデオンにいひたまひけるは我(われ)水を[なめ]たる三百人の者をもて汝らを救ひミデアン人(びと)を汝の手に付(わた)さん餘(ほか)の民はおのおの其所(そのところ)に歸(かへ)るべしと
  8. こゝにおいて彼ら民の兵粮(ひやうらう)とその[らっぱ]を手にうけとれりギデオンすなはちすべてのイスラエル人(びと)を各自(おのおの)その天幕に歸(かへ)らせ彼(か)の三百人を留(とゞ)めおけり時にミデアン人(びと)の陣はその下の谷のなかにありき
  9.  その夜ヱホバ、ギデオンにいひたまはく起(たて)よ下(くだ)りて敵陣に入るべし我(われ)之(これ)を汝の手に付(わた)すなり
  10. されど汝もし下(くだ)ることを怖(おそ)れなば汝の僕(しもべ)フラを伴(ともな)ひ陣所に下りて
  11. 彼らのいふ所を聞(きく)べし然(しか)せば汝の手強くなりて汝(なんぢ)敵陣にくだることを得(え)んとギデオンすなはち僕(しもべ)フラとともに下りて陣中にある隊伍(たいご)のほとりに至るに
  12. ミデアン人(びと)アマレク人(びと)およびすべて東方の民は蝗蟲(いなご)のごとくに數(かず)衆(おほ)く谷のうちに堰(ふ)しをりその駱駝(らくだ)は濱(はま)の砂(いさご)の多きがごとくにして數(かぞ)ふるに勝(たへ)ず
  13. ギデオン其處(そこ)に至りしに或人(あるひと)その伴侶(とも)に夢を語りて居(を)りすなはちいふ我(われ)夢を見たりしが夢に大麥(おほむぎ)のパンひとつミデアンの陣中に轉(まろ)びいりて天幕に至り之(これ)をうち仆(たふ)し覆(くつがへ)したれば天幕(てんまく)倒れ臥(ふせ)り
  14. 其(そ)の伴侶(とも)答へていふ是(これ)イスラエルの人ヨアシの子ギデオンの劍(つるぎ)に外(ほか)ならず神ミデアンとすべての陣營を之(これ)が手に付(わた)したまふなりと
  15.  ギデオン夢の説話(ものがたり)とその解釋(ときあかし)を聞(きゝ)しかば拜(はい)をなしてイスラエルの陣所にかへりいひけるは起(たて)よヱホバ汝らの手にミデアンの陣をわたしたまふと
  16. かくて三百人を三隊(みて)にわかち手に手に[らっぱ]および空瓶(からつぼ)を取(とら)せその瓶(つぼ)のなかに燈火(ともしび)をおかしめ
  17. これにいひけるは我を視(み)てわが爲(な)すところにならへ我(わ)が敵陣の邊(ほとり)に至らんときに爲(な)すごとく汝らも爲(な)すべし
  18. 我およびわれとともに在(あ)るものすべて[らっぱ]を吹(ふか)ば汝らもまたすべて陣營の四方にて[らっぱ]を吹き此(これ)ヱホバのためなりギデオンのためなりといへと
  19.  而(しか)してギデオンおよび之(これ)とともなる百人 中更(ちうかう)の初(はじめ)に陣營の邊(ほとり)に至るにをりしも番兵を更代(おきかへ)たるときなりければ[らっぱ]を吹き手に携(たづさ)へたる瓶(つぼ)をうちくだけり
  20. 即(すなは)ち三隊の兵隊(つはもの)[らっぱ]を吹き瓶(つぼ)をうちくだき左の手には燈火(ともしび)を執(と)り右の手には[らっぱ]をもちて之(これ)を吹きヱホバの劍(つるぎ)ギデオンの劍(つるぎ)なるぞと叫(さけ)べり
  21. かくておのおのその持場に立ち陣營(ぢんえい)を取り圍(かこ)みたれば敵軍みな走り叫びてにげゆけり
  22. 三百人のもの[らっぱ]を吹くにあたりヱホバ敵軍をしてみなたがひに同士撃(どしうち)せしめたまひければ敵軍にげはしりてゼレラのベテシツダ、アベルメホラの境(さかひ)およびタバテに至る
  23. イスラエルの人々すなはちナフタリ、アセルおよびマナセ中(ぢう)より集(つど)ひ來(きた)りてミデアン人(びと)を追撃(おひうて)り
  24.  ギデオン使者(つかひ)をあまねくエフライムの山に遣(つかは)していはせけるは下りてミデアン人(びと)を攻めベタバラにいたる渡口(わたし)およびヨルダンを遮斷(とりき)るべしと是(こゝ)においてエフライムの人(ひと)盡(ことごと)く集(つど)ひ來(きた)りてベタバラにいたる渡口(わたし)およびヨルダンを取り
  25. ミデアン人(びと)の君主(きみ)オレブとゼエブの二人を俘(とら)へてオレブをばオレブ砦(いは)の上(ほとり)に殺しゼエブをばゼエブの酒搾(さかぶね)のほとりに殺しまたミデアン人(びと)を追撃ちオレブとゼエブの首を携(たづさ)へてヨルダンの彼方(かなた)よりギデオンの許(もと)にいたる

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):士師記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書