目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

Old Testament「Book of Judges」
旧約聖書:士師記

第11章(CHAPTER 11)

  1. ギレアデ人(びと)ヱフタはたけき勇士にして妓婦(あそびめ)の子なりギレアデ、ヱフタをうましめしなり
  2. ギレアデの妻(つま)子等(こども)をうみしが妻の子等成長(ひとゝなる)におよびてヱフタをおひいだしてこれにいひけるは汝は他の婦(をんな)の子なればわれらが父の家を嗣(つぐ)べきにあらずと
  3. ヱフタ其(そ)の兄弟の許(もと)より逃(にげ)さりてトブの地に住(すみ)けるに遊蕩者(いたづらもの)ヱフタのもとに集(つど)ひ來(きた)りて之(これ)とともに出(いづ)ることをなせり
  4.  程經(ほどへ)てのちアンモンの子孫イスラエルとたゝかふに至りしが
  5. アンモンの子孫(ひとびと)のイスラエルとたゝかへるときにギレアデの長老等(としよりたち)ゆきてヱフタをトブの地より携來(つれきた)らんとし
  6. ヱフタにいひけるは汝(なんぢ)來(きた)りて吾(われ)らの大將(たいしやう)となれ我らアンモンの子孫(ひとびと)とたゝかはん
  7. ヱフタ、ギレアデの長老等にいひけるは汝らは我を惡(にく)みてわが父の家より逐(おひ)いだしたるにあらずや しかるに今汝らが艱(なや)める時に至りて何ぞ我に來(きた)るや
  8. ギレアデの長老等(としよりたち)ヱフタにこたへけるは其(それ)がために我ら今汝にかへる汝われらとともにゆきてアンモンの子孫(ひとびと)とたゝかはゞすべて我等ギレアデにすめるものの首領(かしら)となすべしと
  9. ヱフタ、ギレアデの長老等にいひけるは汝らもし我をたづさへかへりてアンモンの子孫(ひとびと)とたゝかはしめんにヱホバ之(これ)を我に付(わた)したまはゞ我は汝らの首(かしら)となるべし
  10. ギレアデの長老等ヱフタにいひけるはヱホバ汝と我との間の證者(あかし)たり我ら誓(ちか)つて汝の言(ことば)のごとくになすべし
  11. 是(こゝ)に於(おい)てヱフタ、ギレアデの長老等とともに往(ゆ)くに民(たみ)之(これ)を立(たて)ておのれの首領(かしら)となし大將となせりヱフタすなはちミヅパにおいてヱホバのまへにこの言(ことば)をことごとく陳(のべ)たり
  12.  かくてヱフタ、アンモンの子孫(ひとびと)の王に使者(つかひ)をつかはしていひけるは汝(なんぢ)と我の間に何事ありてか汝われに攻めきたりてわが地に戰(たゝか)はんとする
  13. アンモンの子孫(ひとびと)の王ヱフタの使者(つかひ)に答へけるはむかしイスラエル、エジプトより上りきたりし時にアルノンよりヤボクにいたりヨルダンに至るまで吾(わ)が土地(くに)を奪(うば)ひしが故(ゆゑ)なり然(され)ば今(いま)穩便(おだやか)に之(これ)を復(かへ)すべし
  14. ヱフタまた使者(つかひ)をアンモンの子孫(ひとびと)の王に遣(おく)りて之(これ)にいはせけるは
  15. ヱフタ斯(かく)いへりイスラエルはモアブの地を取(とら)ずまたアンモンの子孫(ひとびと)の地をも取(とら)ざりしなり
  16. 夫(それ)イスラエルはエジプトより上りきたれる時に曠野(あらの)を經(へ)て紅海(こうかい)に到りカデシに來(きた)れり
  17. 而(しか)してイスラエル使者(つかひ)をエドムの王に遣(つかは)して言(いひ)けるはねがはくは我をして汝の土地(くに)を經過(とほら)しめよと然(しか)るにエドムの王之(これ)をうけがはずまたおなじく人をモアブの王に遣(つかは)したれども是(これ)もうべなはざりしかばイスラエルはカデシに留(とゞ)まりしが
  18. 遂(つひ)にイスラエル曠野(あらの)を經(へ)てエドムの地およびモアブの地を繞(めぐ)りモアブの地の東の方に出(いで)てアルノンの彼方(かなた)に陣を取(とれ)り然(され)どモアブの界(さかひ)には入らざりきアルノンはモアブの界(さかひ)なればなり
  19. かくてイスラエル、ヘシボンに王たりしアモリ人(びと)の王シホンに使者(つかひ)を遣(つかは)せりすなはちイスラエル之(これ)にいひけらくねがはくは我らをして汝の土地(くに)を經過(とほり)てわがところにいたらしめよと
  20. 然(しか)るにシホン、イスラエルを信ぜずしてその界(さかひ)をとほらしめずかへつてそのすべての民を集めてヤハヅに陣しイスラエルとたゝかひしが
  21. イスラエルの神ヱホバ、シホンとそのすべての民をイスラエルの手に付(わた)したまひたればイスラエル之(これ)を撃敗(うちやぶ)りてその土地(くに)にすめるアモリ人(びと)の地を悉(ことごと)く手に入れ
  22. アルノンよりヤボクに至るまでまた曠野(あらの)よりヨルダンに至るまですべてアモリ人(びと)の土地を手に入(いれ)たり
  23. 斯(かく)のごとくイスラエルの神ヱホバは其(そ)の民イスラエルのまへよりアモリ人(びと)を逐(おひ)しりぞけたまひしに汝なほ之(これ)を取(とら)んとする乎(か)
  24. 汝は汝の神ケモシが汝に取(とら)しむるものを取(とら)ざらんやわれらは我らの神ヱホバが我らに取(とら)しむる物を取(とら)ん
  25. 汝は誠(まこと)にモアブの王チツポルの子バラクにまされる處(ところ)ありとするかバラク曾(かつ)てイスラエルとあらそひしことありや曾(かつ)て之(これ)とたゝかひしことありや
  26. イスラエルがヘシボンとその村里アロエルとその村里およびアルノンの岸に沿(そ)ひたるすべての邑々(まちまち)に住(すめ)ること三百年なりしに汝などてかその間に之(これ)を回復(とりかへ)さゞりしや
  27. 我は汝に罪を犯(をか)せしことなきに汝はわれとたゝかひて我に害をくはへんとす願(ねがは)くは審判(さばき)をなしたまふヱホバ今日イスラエルの子孫(ひとびと)とアンモンの子孫(ひとびと)との間を鞫(さば)きたまへと
  28. しかれどもアンモンの子孫(ひとびと)の王はヱフタのいひつかはせる言(ことば)を聽(きゝ)いれざりき
  29.  こゝにヱホバの靈(みたま)ヱフタに臨(のぞ)みしかばヱフタすなはちギレアデおよびマナセを經過(とほ)りギレアデのミヅパにいたりギレアデのミヅパよりすゝみてアンモンの子孫(ひとびと)に向(むか)ふ
  30. ヱフタ、ヱホバに誓願(せいぐわん)を立(たて)ていひけるは汝(なんぢ)誠(まこと)にアンモンの子孫(ひとびと)をわが手に付(わた)したまはゞ
  31. 我(わ)がアンモンの子孫(ひとびと)の所より安然(やすら)かに歸(かへ)らんときに我家(わがや)の戸より出(いで)きたりて我を迎(むか)ふるもの必ずヱホバの所有(もの)となるべし我(われ)之(これ)を燔祭(はんさい)となしてさゝげんと
  32. ヱフタすなはちアンモンの子孫(ひとびと)の所に進みゆきて之(これ)と戰ひしにヱホバかれらをその手に付(わた)したまひしかば
  33. アロエルよりミンニテにまで至りこれが二十の邑(まち)を打敗(うちやぶ)りてアベルケラミムにいたり甚(はなは)だ多(おほく)の人をころせりかくアンモンの子孫(ひとびと)はイスラエルの子孫(ひとびと)に攻伏(せめふせ)られたり
  34.  かくてヱフタ、ミヅパに來(きた)りておのが家にいたるに其(その)女(むすめ)鼓(つゞみ)を執(と)り舞ひ踊りて之(これ)を出(い)で迎(むか)ふ是(これ)彼が獨子(ひとりご)にて其(そ)のほかには男子(をのこ)もなくまた女子(をなご)も有(あら)ざりき
  35. ヱフタ之(これ)を視(み)てその衣(ころも)を裂(さき)ていひけるはあゝ吾(わ)が女(むすめ)よ汝(なんぢ)實(まこと)に我を傷(いたま)しむ汝は我を惱(なやま)すものなり其(そ)は我ヱホバにむかひて口を開きしによりて改(あらた)むることあたはざればなり
  36. 女(むすめ)之(これ)にいひけるはわが父よ汝ヱホバにむかひて口をひらきたれば汝の口より言出(いひいだ)せしごとく我になせよ其(そ)はヱホバ汝のために汝の敵なるアンモンの子孫(ひとびと)に仇(あた)を復(かへ)したまひたればなり
  37. 女(むすめ)またその父にいひけるはねがはくは此事(このこと)をわれに允(ゆる)せすなはち二月(ふたつき)の間我をゆるし我をしてわが友等とともに往(ゆき)て山にくだりてわが處女(をとめ)たることを歎(なげ)かしめよと
  38. ヱフタすなはち往(ゆ)けといひて之(これ)を二月(ふたつき)のあひだ出(いだ)し遣(やり)ぬ女(むすめ)その友等とともに往(ゆ)き山の上にておのれの處女(をとめ)たるを歎(なげ)きしが
  39. 二月(ふたつき)滿(みち)てその父に歸(かへ)り來(きた)りたれば父その誓(ちか)ひし誓願(せいぐわん)のごとくに之(これ)に行(おこな)へり女(むすめ)は終(つひ)に男を知(しる)ことなかりき
  40. 是(これ)よりして年々(としどし)にイスラエルの女子等(むすめら)往(ゆき)て年に四日ほどギレアデ人(びと)ヱフタの女(むすめ)のために哀哭(なげく)ことをなす是(これ)イスラエルの規矩(さだめ)となれり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):士師記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書