目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

Old Testament「Book of Judges」
旧約聖書:士師記

第14章(CHAPTER 14)

  1. サムソン、テムナテに下(くだ)り、ペリシテ人(びと)の女(むすめ)にてテムナテに住(すめ)る一人の婦(をんな)を見(み)
  2. 歸(かへ)り上(のぼ)りておのが父母に語(つげ)ていひけるは我ペリシテ人(びと)の女(むすめ)にてテムナテに住(すめ)るひとりの婦(をんな)を見たりされば今之(これ)をめとりてわが妻とせよと
  3. その父母之(これ)にいひけるは汝ゆきて割禮(かつれい)を受けざるペリシテ人(びと)のうちより妻を迎(むかへ)んとするは汝が兄弟等の女(むすめ)のうちもしくはわがすべての民のうちに婦女(をんな)無(なき)が故(ゆゑ)なるかとしかるにサムソン父にむかひ彼婦(かのをんな)わがこゝろに適(かな)へば之(これ)をわがために娶(めと)れと言(いへ)り
  4. その父母はこの事のヱホバより出(いで)しなるを知(しら)ざりきサムソンはペリシテ人(びと)を攻(せめ)んと釁(ひま)をうかゞひしなりそは其(そ)のころペリシテ人(びと)イスラエルを轄(をさ)め居(ゐ)たればなり
  5.  サムソン父母とともにテムナテに下りてテムナテの葡萄園(ぶだうばたけ)にいたるに稚(わか)き獅子(しゝ)咆哮(ほえたけ)りて彼に向(むか)ひしが
  6. ヱホバの靈(みたま)彼にのぞみたれば山羊羔(こやぎ)を裂(さく)がごとくに之(これ)を裂(さき)たりしが手には何の武器(えもの)も持(もた)ざりきされどサムソンはその爲(な)せしことを父にも母にも告(つげ)ずしてありぬ
  7. サムソンつひに下りて婦(をんな)とうちかたらひしが婦(をんな)その心にかなへり
  8. かくて日を經(へ)て後(のち)サムソンかれを娶(めと)らんとて立(たち)かへりしが身を轉(めぐら)して彼(か)の獅子(しゝ)の屍(しかばね)を見るに獅子(しゝ)の體(からだ)に蜂(はち)の群(むれ)と蜜(みつ)とありければ
  9. すなはちその蜜(みつ)を手にとりて歩みつゝ食(くら)ひ父母の許(もと)にいたりて之(これ)を與(あた)へけるに彼ら之(これ)を食(くら)へりされど獅子(しゝ)の體(からだ)よりその蜜(みつ)を取來(とりきた)れることをば彼らにかたらざりき
  10.  斯(かく)て其(そ)の父(ちゝ)下りて婦(をんな)のもとに至りしかばサムソン少年(わかうど)の習例(しならはし)にしたがひてそこに饗宴(ふるまひ)をまうけたるに
  11. サムソンを見て三十人の者をつれ來(きた)りて之(これ)が伴侶(とも)とならしむ
  12. サムソンかれらにいひけるは我汝らにひとつの隱語(なぞ)をかけん汝ら七日の筵宴(ふるまひ)の内に之(これ)を解(とき)てあきらかに之(これ)を我に告(つげ)なば我汝らに裏衣(はだぎ)三十と衣(ころも)三十襲(かさね)をあたふべし
  13. 然(され)どもし之(これ)をわれに告得(つげえ)ずば汝ら我に裏衣(はだぎ)三十と衣(ころも)三十襲(かさね)を與(あた)ふべしと彼等之(これ)にいひけるは汝の隱語(なぞ)をかけて我らに聽(きか)しめよ
  14. サムソン之(これ)にいひけるは食(くら)ふ者より食物(くひもの)出(い)で強き者より甘(あま)き物(もの)出(い)でたりと彼ら三日の中(うち)に之(これ)を解(とく)ことあたはざりしかば
  15.  第七日(なぬか)にいたりてサムソンの妻にいひけるは汝の夫(をつと)を説(とき)すゝめて隱語(なぞ)を我らに明(あか)さしめよ然(しか)せずば火をもて汝と汝の父の家を焚(やか)ん汝らはわれらの物をとらんとてわれらを招(まね)けるなるか然(しか)るにあらずやと
  16. 是(こゝ)においてサムソンの妻サムソンのまへに泣(なき)ていひけるは汝はわれを惡(にく)む而巳(のみ)われを愛せざるなり汝わが民の子孫(ひとびと)に隱語(なぞ)をかけて之(これ)をわれに説(とき)あかさずとサムソン之(これ)にいふ我これをわが父や母にも説(とき)あかさゞればいかで汝に説(とき)あかすべけんやと
  17. 婦(をんな)七日の筵宴(ふるまひ)のあひだ彼のまへに泣き居りしが第七日(なぬかめ)に至りてサムソンつひに之(これ)を彼に説(とき)あかせり其(そ)は太(いた)く強(しひ)たればなり婦(をんな)すなはち隱語(なぞ)をおのが民の子孫(ひとびと)に明(あか)せり
  18. 是(こゝ)において第七日(なぬかめ)に及びて日の沒(い)るまへに邑(まち)の人々サムソンにいひけるは何ものか蜜(みつ)よりあまからん何ものか獅子(しし)より強(つよ)からんとサムソン之(これ)にいひけるは汝らわが牝犢(めうし)をもて耕(たがへ)さゞりしならばわが隱語(なぞ)を解(とき)得(え)ざるなりと
  19. 茲(こゝ)にヱホバの靈(みたま)サムソンに臨(のぞ)みしかばサムソン、アシケロンに下りてかしこの者三十人を殺しその物を奪ひ彼(か)の隱語(なぞ)を解(とき)し者等にその衣服(ころも)を與(あた)へはげしく怒(いか)りて其(その)父の家にかへり上(のぼ)れり
  20. サムソンの妻はサムソンの友となり居(ゐ)たるその伴侶(ともびと)の妻となりぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):士師記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書