目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

Old Testament「Book of Judges」
旧約聖書:士師記

第18章(CHAPTER 18)

  1. 當時(そのころ)イスラエルには王なかりしがダン人(びと)の支派(わかれ)其頃(そのころ)住むべき地を求めたり是(こ)は彼らイスラエルの支派(わかれ)の中(うち)にありて其日(そのひ)まで未(いま)だ産業の地を得(え)ざりしが故(ゆゑ)なり
  2. ダンの子孫(ひとびと)すなはちゾラとエシタオルよりして自己(おのれ)の族(やから)の勇者五人を遣(つか)はしその境(さかひ)を出て土地を窺(うかゞ)ひ探(さぐ)らしむ即(すなは)ち彼等に言ふ往(ゆき)て土地を探(さぐ)れと彼等エフライムの山にいたりミカの家につきて其處(そこ)に宿(やど)れり
  3. かれらミカの家の傍(かたはら)にある時レビ人(びと)なる少者(わかもの)の聲(こゑ)を聞認(きゝとめ)たれば身をめぐらして其處(そこ)にいりて之(これ)に言ふ誰が汝を此(こゝ)に携(つれ)きたりしや汝(なんぢ)此處(このところ)にて何をなすや此(こゝ)に何の用あるや
  4. 其人(そのひと)かれらに言(いひ)けるはミカ斯々(かくかく)我を待(あしら)ひ我を雇(やと)ひて我(われ)その祭司となれりと
  5. 彼等これに言ふ請(こ)ふ神に問ひ我等が往(ゆく)ところの途(みち)に利逹(さいはひ)あるや否(いなや)を我等にしらしめよ
  6. その祭司かれらに言(いひ)けるは安(やすん)じて往(ゆけ)よ汝らが往(ゆく)ところの途(みち)はヱホバの前にあるなりと
  7.  是(こゝ)に於(おい)て五人の者往(ゆき)てライシに至り其處(そこ)に住(すめ)る人民(たみ)を視(み)るに顧慮(おもんばかり)なく住(すま)ひをり其(その)安穩(おだやか)にして安固(やすらか)なることシドン人(びと)のごとし此國(このくに)には政權(せいけん)を握(にぎ)りて人を煩(わづら)はす者絶(たえ)てあらず其(その)シドン人(びと)と隔(へだ)たること遠くまた他の人民(たみ)と交(まじは)ることなし
  8. 斯(かく)て彼等ゾラとエシタオルに返りてその兄弟等にいたるに兄弟等如何(いかゞ)なりしやと彼等に問(とひ)ければ
  9. 答(こたへ)て言ふ起(たて)よ彼等の所に攻(せめ)のぼらん我等その地を見るに甚(はなは)だ善(よ)し汝等は安んじをるなり進みいたりてその地を取ることを怠(おこた)るなかれ
  10. 汝等(なんぢら)往(ゆか)ば安固(やすらか)なる人民(たみ)の所に至らんその地は堅横(たてよこ)ともに廣(ひろ)し神これを汝らの手に與(あた)へたまふなり此處(このところ)には世にある物一箇(ひとつ)も缺(かく)ることあらず
  11.  是(こゝ)に於(おい)てダン人(びと)の族(やから)の者六百人武器を帶(おび)てゾラとエシタオルより出(いで)ゆき
  12. 上(のぼ)りてユダのキリヤテヤリムに陣(ぢん)を張り是(こゝ)をもてその處(ところ)をマハネダンと名(なづ)けしがその名今日に存(のこ)る是(これ)はキリヤテヤリムの後(うしろ)にあり
  13. 彼等其處(そこ)よりエフライム山に進みミカの家に至りけるに
  14.  夫(か)のライシの國(くに)を窺(うかゞ)ひに往(ゆき)たりし五人の者その兄弟等に告(つげ)て言(いひ)けるは是等(これら)の家にはエポデ、テラピムおよび雕(きざ)める像と鑄(い)たる像あるを汝等知(しる)や然(され)ば汝ら今その爲(なす)べきことを考へよと
  15. 乃(すなは)ち其方(そなた)に身をめぐらして夫(か)のレビ人(びと)の少者(わかもの)の家なるミカの家に至りてその安否を問(とひ)けるが
  16. 武器を帶(おび)たる六百人のダンの子孫(ひとびと)は門の入口に立(たて)り
  17. 夫(か)の土地を窺(うかゞ)ひに往(ゆき)たりし五人の者上りて其處(そこ)にいりその雕(きざ)める像(ざう)とエポデとテラピムおよび鑄(い)たる像を取(とり)けるが祭司は武器を帶(おび)たる六百人の者とともに門の入口に立(たち)ゐたり
  18. 此(この)人々ミカの家にいりて其(その)雕(きざ)める像とエポデとテラピムと鑄(い)たる像とを取(とり)しかば祭司かれらに汝ら何をなすやと言ふに
  19. 彼等これに言(いひ)けるは汝(なんぢ)默(もく)せよ汝手を口にあてゝ我らとともに來(きた)り我らの父とも祭司ともなれよかし一人の家の祭司たるとイスラエルの一(ひとつ)の支派(わかれ)一(ひとつ)の族(やから)の祭司たるとは何(いづれ)か好(よき)や
  20. 祭司すなはち心に悦(よろこ)びてエポデとテラピムと雕(きざ)める像(ざう)とを取(とり)て民の中に入る
  21.  斯(かく)てかれら身をめぐらしその子女(こども)と家畜(かちく)と財寳(たから)を前にたてゝ進みしが
  22. ミカの家を遙(はる)かに離れし時ミカの家に近きところの家の人々呼(よば)はり集(つどひ)てダンの子孫(ひとびと)に追ひつき
  23. ダンの子孫(ひとびと)を呼(よび)たれば彼等(かれら)回顧(ふりむき)てミカに言ふ汝(なんぢ)何事ありて集(あつま)りしや
  24. かれら言(いひ)けるは汝らはわが造れる神々および祭司を奪ひさりたれば我尚(われなほ)何かあらん然(しか)るに汝等何ぞ我にむかひて何事ぞやと言(いふ)や
  25. ダンの子孫(ひとびと)かれに言(いひ)けるは汝の聲(こゑ)を我らの中(うち)に聞(きこ)えしむるなかれ恐(おそら)くは心の荒き人々汝に撃(うち)かゝるありて汝おのれの生命(いのち)と家族の生命とを失(うしな)ふにいたらんと
  26. 而(しか)してダンの子孫(ひとびと)進みゆきけるがミカは彼らが己(おのれ)よりも強きを見て身をめぐらして家に返れり
  27.  彼等ミカが造りし者とその有(もち)し祭司をとりてライシにおもむき平穩(おだやか)にして安樂(やすらか)なる民の所にいたり刃(やいば)をもて之(これ)を撃(う)ち火をもてその邑(まち)を燬(やき)たりしが
  28. 其(その)シドンと隔(へだ)たること遠きが上に他の人民(たみ)と交際(まじはら)ざりしによりて之(これ)を救ふ者なかりきその邑(まち)はベテレホブの邊(ほとり)の谷にあり彼ら邑(まち)を建(たて)なほして其處(そこ)に住み
  29. イスラエルの生(うみ)たるその先祖(せんぞ)ダンの名にしたがひて其邑(そのまち)の名をダンと名(なづ)けたりその邑(まち)の名は本(もと)はライシなりき
  30. 斯(かく)てダンの子孫(ひとびと)その雕(きざ)める像(ざう)を安置(かざれ)りモーセの子なるゲルシヨムの子ヨナタンとその子孫ダンの支派(わかれ)の祭司となりて國の奪(うば)はるゝ時にまでおよべり
  31. 神の家のシロにありし間(あひだ)恒(つね)に彼等はミカが造りしかの雕(きざ)める像を安置(かざり)おきぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):士師記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書