目次 前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

Old Testament「Book of Judges」
旧約聖書:士師記

第21章(CHAPTER 21)

  1. イスラエルの人々曾(かつ)てミヅパにて誓(ちか)ひ曰(いひ)けるは我等の中(うち)一人もその女(むすめ)をベニヤミンの妻にあたふる者あるべからずと
  2. 茲(こゝ)に民(たみ)ベテルに至り彼處(かしこ)にて夕暮まで神の前に坐(すわ)り聲(こゑ)を放ちて痛く哭(な)き
  3. 言(いひ)けるはイスラエルの神ヱホバよなんぞイスラエルに斯(かゝ)ること起(おこ)り今日イスラエルに一(ひとつ)の支派(わかれ)の缺(かく)るにいたりしやと
  4. 而(しか)して翌日(あくるひ)民(たみ)蚤(つと)に起(おき)て其處(そこ)に壇を築き燔祭(はんさい)と酬恩祭(しうおんさい)をさゝげたり
  5. 茲(こゝ)にイスラエルの子孫(ひとびと)いひけるはイスラエルの支派(わかれ)の中に誰か會衆(くわいしぅ)とともに上(のぼ)りてヱホバにいたらざる者あらんと其(そ)は彼らミヅパに來(きた)りてヱホバにいたらざる者の事につきて大(おほい)なる誓(ちかひ)をたてゝ其人(そのひと)をばかならず死(しな)しむべしと言(いひ)たればなり
  6. イスラエルの子孫(ひとびと)すなはち其(その)兄弟ベニヤミンの事を憫然(あはれ)におもひて言ふ今日イスラエルに一(ひとつ)の支派(わかれ)絶(た)ゆ
  7. 我等ヱホバをさして我らの女(むすめ)をかれらの妻にあたへじと誓(ちか)ひたれば彼(か)の遺(のこれ)る者等に妻をめとらしめんには如何(いか)にすべきや
  8.  又言ふイスラエルの支派(わかれ)の中(うち)孰(いづれ)の者かミヅパにのぼりてヱホバにいたらざると而(しか)して視(み)るにヤベシギレアデよりは一人も陣營(ぢんえい)にきたり集會(あつまり)に臨(のぞ)める者なし
  9. 即(すなは)ち民をかぞふるにヤベシギレアデの居民(ひと)は一人も其處(そこ)にをらざりき
  10. 是(こゝ)に於(おい)て會衆(くわいしぅ)勇士(ゆうし)一萬二千を彼處(かしこ)に遣(つかは)し之(これ)に命じて言ふ往(ゆき)て刃(やいば)をもてヤベシギレアデの居民(ひと)を撃(う)て婦女(をんな)兒女(こども)をも餘(あま)すなかれ
  11. 汝ら斯(かく)おこなふべし即(すなは)ち汝等(なんぢら)男人(をとこ)および男と寢(いね)たる婦人(をんな)をば悉(ことごと)く滅(ほろぼ)し盡(つく)すべしと
  12. 彼等ヤベシギレアデの居民(ひと)の中(うち)にて四百人の若き處女(をとめ)を獲(え)たり是(これ)は未(いま)だ男と寢(いね)て男しりしことあらざる者なり彼らすなはち之(これ)をシロの陣營に曳(ひき)きたる是(これ)はカナンの地にあり
  13.  斯(かく)て全會衆人をやりてリンモンの磐(いは)にをるベニヤミン人(びと)と語(かたら)はしめ和睦(やはらぎ)をこれに宣(のべ)しめたれば
  14. ベニヤミンすなはち其時(そのとき)に歸(かへ)りきたれり是(こゝ)において彼らヤベシギレアデの婦人(をんな)の中(うち)より生(いか)しおきたるところの女子(をんな)を之(これ)にあたへけるが尚(なほ)足(たら)ざりき
  15. ヱホバ、イスラエルの支派(わかれ)の中(うち)に缺(かけ)を生ぜしめたまひしに因(より)て民(たみ)ベニヤミンの事を憫然(あはれ)におもへり
  16.  會衆の長老等(としよりたち)いひけるはベニヤミンの婦女(をんな)絶(たえ)たれば彼(か)の遺(のこ)れる者等に妻をめとらせんには如何(いかに)すべきや
  17. 又(また)言(いひ)けるはベニヤミンの中(うち)の逃(のが)れたる者等に産業あらしめん然(しか)らばイスラエルに一(ひとつ)の支派(わかれ)の消(きゆ)ることなかるべし
  18. 然(さり)ながら我等は我等の女子(むすめ)を彼らの妻にあたふべからず其(そ)はイスラエルの子孫(ひとびと)誓(ちかひ)をなしベニヤミンに妻を與(あた)ふる者は詛(のろ)はれんと言(いひ)たればなりと
  19. 而(しか)して言ふ歳々(としどし)シロにヱホバの祭ありと其(その)處(ところ)はベテルの北にあたりてベテルよりシケムにのぼるところの大路の東レバナの南にあり
  20. 是(こゝ)に於(おい)てかれらベニヤミンの子孫(ひとびと)に命じて言ふ汝らゆきて葡萄園(ぶだうばたけ)に伏(ふ)して窺(うかゞ)ひ
  21. 若(もし)シロの女等(むすめども)舞(まひ)をどらんと出(いで)きたらば葡萄園(ぶだうばたけ)より出(い)でシロの女(むすめ)の中(うち)より各人(おのおの)妻を執(とり)てベニヤミンの地に往(ゆ)け
  22. 若(もし)その父あるひは兄弟來(きた)りて我らに愬(うつた)へなば我らこれに言ふべし請(こ)ふ幸(さいはひ)に彼らを我らに取(とら)せよ我等戰爭(いくさ)の時に皆ことごとくその妻をとりしにあらざればなり汝等今かれらに與(あた)へしにあらざれば汝等は罪なしと
  23. ベニヤミンの子孫(ひとびと)すなはちかく行(おこ)なひその踊(をど)れる者等を執(とら)へてその中(うち)より己(おのれ)の數にしたがひて妻を取り往(ゆき)てその地にかへり邑々(まちまち)を建(たて)なほして其處(そこ)に住(すめ)り
  24. 斯(かく)てイスラエルの子孫(ひとびと)その時に其處(そこ)を去(さり)て各人その支派(わかれ)に往(ゆ)きその族(やから)にいたれり即(すなは)ち其處(そこ)より出(いで)ておのおのその地にいたりぬ
  25.  當時(そのころ)はイスラエルに王なかりしかば各人(おのおの)その目に善(よし)と見(みゆ)るところを爲(なせ)り

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):士師記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書