目次 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

Old Testament「Books of Kings(1)」
旧約聖書:列王記略上

第1章(CHAPTER 1)

  1. 爰(こゝ)にダビデ王(わう)年邁(としすゝ)みて老(お)い寝衣(よぎ)を衣(き)するも温(あたゝま)らざりければ
  2. 其(その)臣僕等(しもべら)彼にいひけるは王わが主(しゆ)のために一人の若き處女(をとめ)を求めしめて之(これ)をして王のまへにたちて王の左右(とも)となり汝の懐(ふところ)に臥(ふし)て王わが主を暖(あたゝ)めしめんと
  3. 彼等乃(すなは)ちイスラエルの四方(よも)の境(さかひ)に美(うつくし)き童女(をとめ)を求めてシユナミ人(びと)アビシヤグを得(え)て之(これ)を王に携(つれ)きたれり
  4. 此(この)童女(をとめ)甚(はなは)だ美(うつくし)くして王の左右(とも)となり王に事(つかへ)たり然(され)ど王(わう)之(これ)と交(まじ)はらざりき
  5.  時にハギテの子アドニヤ自(みづか)ら高くし我は王とならんと言(いひ)て己(おのれ)のために戰車(いくさぐるま)と騎兵(きへい)および自己(おのれ)のまへに驅(かけ)る者五十人を備(そな)へたり
  6. 其父(そのちゝ)は彼が生れてより已來(このかた)汝(なんぢ)何故(なにゆゑ)に然(しか)するやと言(いひ)てかれを痛(いたま)しめし事なかりきアドニヤも亦(また)容貌(かたち)の甚(はなは)だ美(よ)き者にてアブサロムの次に生れたり
  7. 彼ゼルヤの子ヨアブおよび祭司(さいし)アビヤタルと商議(かたら)ひしかば彼等(かれら)之(これ)に從ひゆきて助けたり
  8. されど祭司ザドクとヱホヤダの子ベナヤと預言者ナタンおよびシメイとレイならびにダビデに屬(ぞく)したる勇士はアドニヤに與(くみ)せざりき
  9. アドニヤ、エンロゲルの近邊(ほとり)なるゾヘレテの石の傍(かたはら)にて羊(ひつじ)と牛と肥畜(こえたるもの)を宰(ほふ)りて王の子なる己(おのれ)の兄弟および王の臣僕(けらい)なるユダの人を盡(ことごと)く請(まね)けり
  10. されども預言者ナタンとベナヤと勇士とおのれの兄弟ソロモンとをば招(まね)かざりき
  11.  爰(こゝ)にナタン、ソロモンの母バテシバに語りていひけるは汝(なんぢ)ハギテの子アドニヤが王となれるを聞(きか)ざるかしかるにわれらの主(しゆ)ダビデはこれを知(しら)ざるなり
  12. されば請(こ)ふ來(きた)れ我(われ)汝(なんぢ)に計(はかりごと)を授(さづけ)て汝をして己(おのれ)の生命(いのち)と汝の子ソロモンの生命(いのち)を救(すくは)しめん
  13. 汝(なんぢ)往(ゆき)てダビデ王の所に入り之(これ)にいへ王わが主よ汝は婢(しもめ)に誓(ちか)ひて汝の子ソロモンは我に継(つい)で王となりわが位(くらゐ)に坐(ざ)せんといひたまひしにあらずや然(しかる)にアドニヤ何故(なにゆゑ)に王となれるやと
  14. われまた汝が尚(なほ)其處(そこ)にて王と語(ものい)ふ時に汝に次(つゞい)て入り汝の言(ことば)を證(かたう)すべしと
  15.  是(こゝ)においてバテシバ寝室(ねや)に入りて王の所にいたるに王は甚(はなは)だ老(おい)てシユナミ人(びと)アビシヤグ王に事(つか)へ居(ゐ)たり
  16. バテシバ躬(み)を鞠(かゞ)め王を拝(はい)す王いふ何なるや
  17. かれ王にいひけるはわが主(しゆ)汝は汝の神ヱホバを指(さし)て婢(しもめ)に汝の子ソロモンは我(われ)に継(つい)で王となりわが位(くらゐ)に坐(ざ)せんと誓(ちか)ひたまへり
  18. しかるに視(み)よ今アドニヤ王となれり而(しかし)て王わが主(しゆ)汝は知(しり)たまはず
  19. 彼は牛と肥畜(こえたるもの)と羊(ひつじ)を饒(おほ)く宰(ほふ)りて王の諸子(みこたち)および祭司アビヤタルと軍の長(かしら)ヨアブを招(まね)けりされど汝の僕(しもべ)ソロモンをば招(まね)かざりき
  20. 汝(なんぢ)王わが主よイスラエルの目(め)皆(みな)汝に注(そゝ)ぎ汝が彼等に誰(た)が汝に継(つい)で王わが主(しゆ)の位(くらゐ)に坐(ざ)すべきを告(つぐ)るを望(のぞ)む
  21. 王わが主の其(その)父祖(せんぞ)と共に寝(ねむり)たまはん時に我とわが子ソロモンは罪人(ざいにん)と見做(みな)さるゝにいたらんと
  22.  バテシバ尚(なほ)王と語(ものい)ふうちに視(み)よ預言者ナタンも亦(また)入(いり)きたりければ
  23. 人々王に告(つげ)て預言者ナタン此(こゝ)にありと曰(い)ふ彼(かれ)王のまへに入り地に伏(ふし)て王を拝(はい)せり
  24. しかしてナタンいひけるは王わが主(しゆ)汝はアドニヤ我に継(つい)で王となりわが位(くらゐ)に坐(ざ)すべしといひたまひしや
  25. 彼は今日(こんにち)下(くだ)りて牛と肥畜(こえたるもの)と羊を饒(おほ)く宰(ほふ)りて王の諸子(みこたち)と軍の長等(かしらたち)と祭司アビヤタルを招(まね)けりしかして彼等はアドニヤのまへに飮食(のみくひ)してアドニヤ王(わう)壽(いのちなが)かれと言ふ
  26. されど汝の僕(しもべ)なる我と祭司ザドクとヱホヤダの子ベナヤと汝の僕(しもべ)ソロモンとは彼(かれ)請(まね)かざるなり
  27. 此事(このこと)は王わが主(しゆ)の爲(なし)たまふ所なるかしかるに汝(なんぢ)誰が汝に継(つい)で王わが主の位(くらゐ)に坐(ざ)すべきを僕(しもべ)に知(しら)せたまはざるなりと
  28.  ダビデ王(わう)答(こたへ)ていふバテシバをわが許(もと)に召(め)せと彼乃(すなは)ち王のまへに入(いり)て王のまへにたつに
  29. 王(わう)誓(ちか)ひていひけるはわが生命(いのち)を諸(もろもろ)の艱難(かんなん)の中(うち)に救(すく)ひたまひしヱホバは活(い)く
  30. 我(わが)イスラエルの神ヱホバを指(さし)て誓(ちか)ひて汝の子ソロモン我に継(つい)で王となり我に代(かは)りてわが位(くらゐ)に坐(ざ)すべしといひしごとくに我今日爲(な)すべしと
  31. 是(こゝ)においてバテシバ躬(み)を鞠(かゞ)め地に伏(ふし)て王を拝(はい)し願(ねがは)くはわが主ダビデ王(わう)長久(とこしなへ)に生(いき)ながらへたまへといふ
  32.  ダビデ王いひけるはわが許(もと)に祭司ザドクと預言者ナタンおよびヱホヤダの子ベナヤを召(めせ)と彼等乃(すなは)ち王のまへに來(きた)る
  33. 王彼等にいひけるは汝等の主(しゆ)の臣僕(けらい)を伴(ともな)ひわが子ソロモンをわが身の騾(むま)に乗せ彼をギホンに導(みちび)き下(くだ)り
  34. 彼處(かしこ)にて祭司ザドクと預言者ナタンは彼に膏(あぶら)をそゝぎてイスラエルの上に王と爲(な)すべししかして汝ら喇叭(らつぱ)を吹(ふき)てソロモン王(わう)壽(いのちなが)かれと言へ
  35. かくして汝ら彼に隨(したが)ひて上(のぼ)り來(きた)るべし彼は來(きた)りてわが位(くらゐ)に坐(ざ)し我に代(かは)りて王となるべし我(われ)彼を立(たて)てイスラエルとユダの上に主君(きみ)となせりと
  36. ヱホヤダの子ベナヤ王に對(こた)へていひけるはアメンねがはくは王わが主の神ヱホバ然(しか)言(いひ)たまはんことを
  37. ねがはくはヱホバ王わが主(しゆ)とともに在(いま)せしごとくソロモンとともに在(いま)してその位(くらゐ)をわが主ダビデ王の位(くらゐ)よりも大(おほい)ならしめたまはんことを
  38.  斯(かく)て祭司ザドクと預言者ナタンおよびヱホヤダの子ベナヤ並(ならび)にケレテ人(びと)とペレテ人(びと)下(くだ)りソロモンをダビデ王の騾(むま)に乗せて之(これ)をギホンに導(みちび)きいたれり
  39. しかして祭司ザドク幕屋(まくや)の中(うち)より膏(あぶら)の角(つの)を取(とり)てソロモンに膏(あぶら)そゝげりかくて喇叭(らつぱ)を吹きならし
  40. 民(たみ)みなソロモン王(わう)壽(いのちなが)かれと言(いへ)り民みなかれに隨(したが)ひ上(のぼ)りて笛を吹き大(おほい)に喜(よろこび)祝(いは)ひ地はかれらの聲(こゑ)にて裂(さけ)たり
  41.  アドニヤおよび彼とともに居(ゐ)たる賓客(きやく)其(その)食を終(をへ)たる時に皆これを聞(きけ)りヨアブ喇叭(らつぱ)の聲(おと)を聞(きゝ)ていひけるは城邑(まち)の中(うち)の聲音(こゑ)何(なん)ぞ喧囂(かまびすしき)やと
  42. 彼が言(いひ)をる間(うち)に視(み)よ祭司アビヤタルの子ヨナタン來(きた)るアドニヤ彼にいひけるは入(いれ)よ汝は勇(ゆう)ある人なり嘉(よき)音(おとづれ)を持(もち)きたれるならん
  43. ヨナタン答へてアドニヤにいひけるは誠(まこと)にわが主(しゆ)ダビデ王ソロモンを王となしたまへり
  44. 王(わう)祭司ザドクと預言者ナタンおよびヱホヤダの子ベナヤ並(ならび)にケレテ人(びと)とペレテ人(びと)をソロモンとともに遣(つかは)したまふ即(すなは)ち彼等はソロモンを王の騾(むま)に乗せてゆき
  45. 祭司ザドクと預言者ナタン、ギホンにて彼に膏(あぶら)をそゝぎて王となせり而(しか)して彼等其處(そこ)より歓(よろこび)て上(のぼ)るが故(ゆゑ)に城邑(まち)は諠囂(かまびす)し汝らが聞(きけ)る聲音(こゑ)は是(これ)なり
  46. 又ソロモン國(くに)の位(くらゐ)に坐(ざ)し
  47. 且(かつ)王の臣僕(けらい)來(きた)りてわれらの主ダビデ王に祝(いはひ)を陳(のべ)て願(ねがは)くは汝の神ソロモンの名を汝の名よりも美(よく)し其(その)位(くらゐ)を汝の位(くらゐ)よりも大(おほい)ならしめたまへと言(いへ)りしかして王は牀(とこ)の上にて拝(はい)せり
  48. 王また斯(かく)いへりイスラエルの神ヱホバはほむべきかなヱホバ今日わが位(くらゐ)に坐(ざ)する者を與(あたへ)たまひてわが目(め)亦(また)これを見るなりと
  49.  アドニヤとともにある賓客(きやく)皆(みな)驚愕(おどろ)き起(たち)て各(おのおの)其途(そのみち)に去りゆけり
  50. 茲(こゝ)にアドニヤ、ソロモンの面(かほ)を恐(おそ)れ起(たち)て往(ゆ)き壇(だん)の角(つの)を執(とら)へたり
  51. 或人(あるひと)ソロモンに告(つげ)ていふアドニヤ、ソロモン王を畏(おそ)る彼(かれ)壇(だん)の角(つの)を執(とらへ)て願(ねがは)くはソロモン王(わう)今日我に劍(かたな)をもて僕(しもべ)を殺(ころさ)じと誓(ちか)ひ給(たま)へと言(いひ)たりと
  52. ソロモンいひけるは彼もし善人(ぜんにん)となるならば其(その)髮(かみ)の毛一(ひと)すぢも地におちざるべし然(され)ど彼の中(うち)に惡の見(みゆ)るあらば死(しな)しむべしと
  53. ソロモン王(わう)乃(すなは)ち人を遣(やり)て彼を壇(だん)より携(たづさへ)下(くだ)らしむ彼(かれ)來(きた)りてソロモン王を拝(はい)しければソロモン彼に汝(なんぢ)の家に往(ゆけ)といへり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書