目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

Old Testament「Books of Kings(1)」
旧約聖書:列王記略上

第3章(CHAPTER 3)

  1. ソロモン、エジプトの王パロと縁(えん)を結びパロの女(むすめ)を娶(めとり)て之(これ)を携來(つれきた)り自己(おのれ)の家とヱホバの家とエルサレムの周圍(まはり)の石垣を建築(たつる)ことを終るまでダビデの城(まち)に置(おけ)り
  2. 當時(そのころ)までヱホバの名のために建(たて)たる家なかりければ民は崇邱(たかきところ)にて祭を爲(なせ)り
  3. ソロモン、ヱホバを愛し其父(そのちゝ)ダビデの法憲(のり)に歩(あゆ)めり但し彼は崇邱(たかきところ)にて祭を爲(な)し香(かう)を焚(たけ)り
  4.  爰(こゝ)に王ギベオンに往(ゆき)て其處(そこ)に祭を爲(なさ)んとせり其(そ)は彼處(かしこ)は大(おほい)なる崇邱(たかきところ)なればなり即(すなは)ちソロモン一千の燔祭(はんさい)を其(その)壇(だん)に献(さゝげ)たり
  5. ギベオンにてヱホバ夜の夢にソロモンに顯(あらは)れたまへり神いひたまひけるは我(われ)何を汝に與(あた)ふべきか汝求めよ
  6. ソロモンいひけるは汝は汝の僕(しもべ)わが父ダビデが誠實(まこと)と公義(たゞしき)と正心(まごころ)を以(も)て汝と共に汝の前に歩(あゆ)みしに囚(より)て大(おほい)なる恩惠(めぐみ)を彼に示したまへり又汝彼のために此(この)大(おほい)なる恩惠(めぐみ)を存(たくはへ)て今日のごとくかれの位(くらゐ)に坐(ざ)する子を彼に賜(たま)へり
  7. わが神ヱホバ汝は僕(しもべ)をして我父(わがちゝ)ダビデに代(かはり)て王とならしめたまへり而(しか)るに我は小(ちひさ)き子にして出入することを知(しら)ず
  8. 且(かつ)僕(しもべ)は汝の選(えら)みたまひし汝の民の中にあり即(すなは)ち大(おほい)なる民にて其數(そのかず)衆(おほ)くして數(かぞ)ふることも書(しる)すことも能(あた)はざる者なり
  9. 是故(このゆゑ)に聽(き)き別(わく)る心を僕(しもべ)に與(あた)へて汝の民を鞫(さばか)しめ我をして善惡(よしあし)を辨別(わきまふ)ることを得(え)さしめたまへ誰か汝の此(この)夥多(おびたゞし)き民を鞫(さば)くことを得(え)んと
  10.  ソロモン此事(このこと)を求めければ其(その)言(ことば)主(しゆ)の心にかなへり
  11. 是(こゝ)において神かれにいひたまひけるは汝(なんぢ)此事(このこと)を求めて己(おのれ)の爲(ため)に長壽(ながいき)を求めず又(また)己(おのれ)のために富有(とみ)をも求めず又(また)己(おのれ)の敵の生命(いのち)をも求めずして惟(たゞ)訟(うつたへ)を聽(き)き別(わく)る才智(さいち)を求めたるに因(より)て
  12. 視(み)よ我(われ)汝の言(ことば)に循(したが)ひて爲(なせ)り我汝に賢明(かしこ)く聡慧(さと)き心を與(あた)ふれば汝の先には汝の如(ごと)き者なく汝の後(あと)にも汝の如(ごと)き者興(おこ)らざるべし
  13. 我(われ)亦(また)汝の求めざる者即(すなは)ち富(とみ)と貴(たふとき)とをも汝に與(あた)ふれば汝の生(いのち)の涯(かぎり)王等(わうたち)の中(うち)に汝の如(ごと)き者あらざるべし
  14. 又(また)汝(なんぢ)若(もし)汝の父ダビデの歩(あゆみ)し如(ごと)く吾道(わがみち)に歩(あゆ)みてわが法憲(のり)と命令を守らば我(われ)汝の日を長うせんと
  15. ソロモン目(め)寤(さめ)て視(み)るに夢なりき斯(かく)てソロモン、エルサレムに至りヱホバの契約(けいやく)の櫃(はこ)の前に立ち燔祭(はんさい)を献(さゝ)げ酬恩祭(しうおんさい)を爲(な)して其(その)諸(すべて)の臣僕(けらい)に饗宴(ふるまひ)を爲(なせ)り
  16.  爰(こゝ)に娼妓(あそびめ)なる二人の婦(をんな)王の所(もと)に來(きた)りて其(その)前に立ちしが
  17. 一人の婦(をんな)いひけるはわが主よ我と此婦(このをんな)は一(ひとつ)の家に住む我(われ)此婦(このをんな)と偕(とも)に家にありて子を生(うめ)り
  18. しかるにわが生(うみ)し後(のち)第三日(みつかめ)に此婦(このをんな)もまた生(うめ)りしかして我儕(われら)偕(とも)にありき家には他人の我らと偕(とも)に居(を)りし者なし家には只(たゞ)我儕(われら)二人のみ
  19. 然(しか)るに此婦(このをんな)其(その)子の上に臥(ふし)たるによりて夜の中(うち)に其子(そのこ)死(しに)たれば
  20. 中夜(よなか)に起(おき)て婢(しもめ)の眠れる間(あひだ)にわが子をわれの側(かたはら)より取りて之(これ)を己(おのれ)の懐(ふところ)に臥(ふさ)しめ己(おのれ)の死(しに)たる子をわが懐(ふところ)に臥(ふさ)しめたり
  21. 朝に及びて我わが子に乳(ちゝ)を飮(のま)せんとて興(おき)て見るに死(しに)ゐたり我(われ)朝にいたりて其(それ)を熟(よ)く視(み)たるに其(それ)はわが生(うめ)るわが子にはあらざりしと
  22. 今一人の婦(をんな)いふ否(いな)活(いけ)るはわが子死(しね)るは汝の子なりと此(この)婦(をんな)いふ否(いな)死(しね)るは汝の子(こ)活(いけ)るはわが子なりと彼等(かれら)斯(かく)王のまへに論(いへ)り
  23.  時に王いひけるは一人は此(この)活(いけ)るはわが子死(しね)るは汝の子なりと言ひ又一人は否(いな)死(しね)るは汝の子活(いけ)るはわが子なりといふと
  24. 王(わう)乃(すなは)ち劍(かたな)を我に持來(もちきた)れといひければ劍(かたな)を王の前に持來(もちきた)れり
  25. 王いひけるは活(いけ)る子を二(ふたつ)に分(わかち)て其(その)半(なかば)を此(これ)に半(なかば)を彼に與(あた)へよと
  26. 時に其(その)活(いける)子の母なる婦人(をんな)心(こゝろ)其子(そのこ)のために焚(やく)がごとくなりて王に言(まを)していひけるは請(こ)ふわが主(しゆ)よ活(いけ)る子を彼に與(あた)へたまへ必ず殺したまふなかれと然(しかれ)ども他の一人は是(これ)を我のにも汝のにもならしめず判(わか)たせよと言(いへ)り
  27. 王(わう)答(こたへ)ていひけるは活(いける)子を彼に與(あた)へよ必ず殺すなかれ彼は其(その)母なるなりと
  28. イスラエル皆(みな)王の審理(さばき)し所の判決(さばき)を聞(きゝ)て王を畏(おそ)れたり其(そ)は神の智慧(ちゑ)の彼の中(うち)にありて審理(さばき)を爲(なさ)しむるを見たればなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書