目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

Old Testament「Books of Kings(1)」
旧約聖書:列王記略上

第6章(CHAPTER 6)

  1. イスラエルの子孫(ひとびと)のエジプトの地を出(いで)たる後四百八十年ソロモンのイスラエルに王たる第四年ジフの月(つき)即(すなは)ち二月にソロモン、ヱホバのために家を建(たつ)ることを始めたり
  2. ソロモン王のヱホバの爲(ため)に建(たて)たる家は長(ながさ)六十キユビト濶(ひろさ)二十キユビト高(たかさ)三十キユビトなり
  3. 家の拝殿(はいでん)の廊(らう)は家の濶(ひろさ)に循(したが)ひて長(ながさ)二十キユビト家の前の其(その)濶(ひろさ)十キユビトなり
  4. 彼(かれ)家に造り附(つけ)の格子ある窓を施(つけ)たり
  5. 又(また)家の墻壁(かべ)に附(つけ)て四周(まはり)に連接屋(つけや)を建て家の墻壁(かべ)即(すなは)ち拝殿と神殿の墻壁(かべ)の周圍(まはり)に環(めぐ)らせり又(また)四周(まはり)に旁房(わきま)を造れり
  6. 下層(した)の連接屋(つけや)は濶(ひろさ)五キユビト中層(なか)のは濶(ひろさ)六キユビト第三層(みつめ)のは濶(ひろさ)七キユビトなり即(すなは)ち家の外に階級(きだ)を造り環(めぐ)らして何者をも家の墻壁(かべ)に挿入(さしいら)ざらしむ
  7. 家は建(たつ)る時に鑿石所(いしきりどころ)にて鑿(き)り預備(とゝのへ)たる石にて造りたれば造れる間に家の中(うち)には鎚(つち)も鑿(のみ)も其外(そのほか)の鐵器(てつき)も聞(きこ)えざりき
  8. 中層(なか)の旁房(わきま)の戸は家の右の方にあり螺旋梯(ねじばしご)より中層(なか)の房(ま)にのぼり中層(なか)の房(ま)より第三層(みつめ)の房(ま)にいたるべし
  9. 斯(かく)彼(かれ)家を建終(たてをは)り香柏(かうはく)の橡(たるき)と板をもて家を葺(ふけ)り
  10. 又(また)家に附(つけ)て五キユビトの高(たかさ)なる連接屋(つけや)を建環(たてめぐら)し香柏(かうはく)をもて家に交接(つゞけ)たり
  11.  爰(こゝ)にヱホバの言(ことば)ソロモンに臨(のぞ)みて曰(いは)く
  12. 汝(なんぢ)今此家(このいへ)を建つ若(も)し汝わが法憲(のり)に歩(あゆ)みわが律例(さだめ)を行ひわが諸(すべて)の誡命(いましめ)を守りて之(これ)にしたがひて歩(あゆ)まばわれはわが汝の父ダビデに言(いひ)し語(ことば)を汝に固(かた)うすべし
  13. 我(われ)イスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)に住(すみ)わが民イスラエルを棄(すて)ざるべし
  14.  斯(かく)ソロモン家を建終(たてをは)れり
  15. 彼(かれ)香柏(かうはく)の板を以(も)て家の墻壁(かべ)の裏面(うち)を作れり即(すなは)ち家の牀板(ゆか)より頂格(てんじやう)の墻壁(かべ)まで木をもて其(その)裏面(うち)をはりまた松の板をもて家の牀板(ゆか)をはれり
  16. 又家の奧に二十キユビトの室(ま)を牀板(ゆか)より墻壁(かべ)まで香柏(かうはく)をもて造れり即(すなは)ち家の内に至聖所(しせいじょ)なる神殿(しんでん)を造れり
  17. 家(いへ)即(すなは)ち前にある拝殿(はいでん)は四十キユビトなり
  18. 家の内の香柏(かうはく)は瓠(ひさご)と咲(さけ)る花を雕刻(きざ)める者なり皆(みな)香柏(かうはく)にして石は見えざりき
  19. 神殿(しんでん)は彼(かれ)其處(そこ)にヱホバの契約(けいやく)の櫃(はこ)を置(おか)んとて家の内の中に設(まう)けたり
  20. 神殿(しんでん)の内は長(ながさ)二十キユビト濶(ひろさ)二十キユビト高(たかさ)二十キユビトなり純金をもて之(これ)を蔽(おほ)ひ又(また)香柏(かうはく)の壇(だん)を覆(おほ)へり
  21. 又ソロモン純金をもて家の内を蔽(おほ)ひ神殿(しんでん)の前に金の鏈(くさり)をもて間隔(へだて)を造り金をもて之(これ)を蔽(おほ)へり
  22. 又金をもて殘るところなく家を蔽(おほ)ひ遂(つひ)に家を飾ることを悉(ことごと)く終(をへ)たりまた神殿の傍(かたはら)にある壇(だん)は皆(みな)金をもて蔽(おほ)へり
  23.  神殿の内に橄欖(かんらん)の木をもて二(ふたつ)のケルビムを造れり其(その)高(たかさ)十キユビト
  24. 其(その)ケルブの一(ひとつ)の翼(つばさ)は五キユビト又(また)其(その)ケルブの他の翼(つばさ)も五キユビトなり一(ひとつ)の翼(つばさ)の末(はじ)より他の翼(つばさ)の末(はじ)までは十キユビトあり
  25. 他のケルブも十キユビトなり其(その)ケルビムは偕(とも)に同量(おなじりやう)同形(おなじかたち)なり
  26. 此(この)ケルブの高(たかさ)十キユビト彼(かの)ケルブも亦(また)しかり
  27. ソロモン家の内の中にケルビムを置(す)ゑケルビムの翼(つばさ)を展(のば)しければ此(この)ケルブの翼(つばさ)は此(この)墻壁(かべ)に及び彼(かの)ケルブの翼(つばさ)は彼(か)の墻壁(かべ)に及びて其(その)兩翼(ふたつのつばさ)家の中にて相(あひ)接(まじは)れり
  28. 彼(かれ)金(きん)をもてケルビムを蔽(おほ)へり
  29.  家の周圍(まはり)の墻壁(かべ)には皆(みな)内外ともにケルビムと棕櫚(しゆろ)と咲(さけ)る花の形を雕(きざ)み
  30. 家の牀板(ゆか)には内外ともに金(きん)を蔽(おほ)へり
  31. 神殿(しんでん)の入口には橄欖(かんらん)の木の戸を造れり其(その)木匡(わく)の門柱(はしら)は五分の一なり
  32. 其(その)二(ふたつ)の扉(とびら)も亦(また)橄欖(かんらん)の木なりソロモン其上(そのうへ)にケルビムと棕櫚(しゆろ)と咲(さけ)る花の形を雕刻(きざ)み金(きん)をもて蔽(おほ)へり即(すなは)ちケルビムと棕櫚(しゆろ)の上に金(きん)を鍍(きせ)たり
  33. 斯(かく)ソロモン亦(また)拝殿(はいでん)の戸のために橄欖(かんらん)の木の門柱(はしら)を造れり即(すなは)ち四分の一なり
  34. 其(その)二(ふたつ)の戸は松の木にして此(この)戸の兩扉(ふたつのとびら)は摺(たゝ)むべく彼(かの)戸の兩扉(ふたつのとびら)も摺(たゝ)むべし
  35. ソロモン其上(そのうへ)にケルビムと棕櫚(しゆろ)と咲(さけ)る花を雕刻(きざ)み金(きん)をもてこれを蔽(おほ)ひて善(よ)く其(その)雕工(ほりもの)に適(かな)はしむ
  36. また鑿石(きりいし)三層(みかさね)と香柏(かうはく)の厚板(あついた)一層(ひとかさね)をもて内庭を造れり
  37.  第四年のジフの月にヱホバの家の基礎(もとゐ)を築き
  38. 第十一年のブルの月即(すなは)ち八月に凡(すべ)て其(その)箇條(かでう)のごとく其(その)定例(ならはし)のごとくに家(いへ)成(な)りぬ斯(かく)ソロモン之(これ)に建(たつ)るに七年を渉(わた)れり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書