目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

Old Testament「Books of Kings(1)」
旧約聖書:列王記略上

第7章(CHAPTER 7)

  1. ソロモン己(おのれ)の家を建(たて)しが十三年を經(へ)て全(まつた)く其家(そのいへ)を建終(たてをへ)たり
  2. 彼レバノン森の家を建(たて)たり其(その)長(ながさ)は百キユビト其(その)濶(ひろさ)は五十キユビト其(その)高(たかさ)は三十キユビトなり香柏(かうはく)の柱四行(よならび)ありて柱の上に香柏(かうはく)の梁(はり)あり
  3. 四十五本の柱の上なる梁(はり)の上は香柏(かうはく)にて蓋(おほ)へり柱は一行(ひとならび)に十五本あり
  4. また窓(まど)三行(みならび)ありて窓と窓と三段に相(あひ)對(むか)ふ
  5. 戸と戸柱は皆大木をもて角(かく)に造り窓と窓と三段に相(あひ)對(むか)へり
  6. 又柱の廊(らう)を造れり其(その)長(ながさ)五十キユビト其(その)濶(ひろさ)三十キユビトなり柱のまへに一(ひとつ)の廊(らう)ありまた其(その)柱のまへに柱と階(きだはし)あり
  7. 又ソロモン審判(さばき)を爲(な)すために位(くらゐ)の廊(らう)即(すなは)ち審判(さばき)の廊(らう)を造り牀板(ゆか)より牀板(ゆか)まで香柏(かうはく)をもて蔽(おほ)へり
  8. ソロモンの居住(すめ)る家は其(その)廊(らう)の後(うしろ)の他の庭にありて其(その)工作(つくり)同じかりきソロモン亦(また)其(その)娶(めと)りたるパロの女(むすめ)のために家を建(たて)しが此(この)廊(らう)に同じかりき
  9.  是等(これら)は内外とも基礎(もとゐ)より檐(のき)にいたるまで又外面(そと)にては大庭にいたるまで皆(みな)鑿石(きりいし)の量にしたがひて鋸(のこぎり)にて剖(ひき)たる貴(たふと)き石をもて造れるものなり
  10. 又(また)基礎(もとゐ)は貴(たふと)き石大(おほい)なる石即(すなは)ち十キユビトの石八キユビトの石なり
  11. 其上(そのうへ)には鑿石(きりいし)の量に循(したが)ひて貴(たふと)き石と香柏(かうはく)あり
  12. 又大庭の周圍(まはり)には三層(みかさね)の鑿石(きりいし)と一層(ひとかさね)の香柏(かうはく)の厚板ありヱホバの家の内庭と家の廊(らう)におけるが如(ごと)し
  13.  爰(こゝ)にソロモン人を遣(つか)はしてヒラムをツロより召(よ)び來(きた)れり
  14. 彼はナフタリの支派(わかれ)なる[やもめ]の子にして其父(そのちゝ)はツロの人にて銅(あかゞね)の細工人なりヒラムは銅(あかゞね)の諸(もろもろ)の細工を爲(な)すの智慧(ちゑ)と慧悟(さとり)と知識の充(みち)ちたる者なりしがソロモン王の所に來(きた)りて其(その)諸(すべて)の細工を爲(なせ)り
  15. 彼銅(あかゞね)の柱二(ふたつ)を鋳(い)たり其(その)高(たかさ)各(おのおの)十八キユビトにして各(おのおの)十二キユビトの繩(なは)を環(めぐ)らすべし
  16. 又(また)銅(あかゞね)を鎔(とか)して柱頭(はしらのかしら)を鋳(い)て柱の顛(うへ)に置(す)ゆ此(こ)の頭(かしら)の高(たかさ)も五キユビト彼(か)の頭(かしら)の高(たかさ)も五キユビトなり
  17. 柱の上にある頭(かしら)の爲(ため)に組物(くみもの)の網(あみ)と鏈樣(くさりなり)の槎物(よりもの)を造れり此頭(このかしら)に七つ彼頭(かのかしら)に七つあり
  18. 又二行(ふたならび)の石榴(ざくろ)を一(ひとつ)の網工(あみもの)の上の四周(まはり)に造りて柱の上にある頭(かしら)を蓋(おほ)ふ他の頭(かしら)をも亦(また)然(しか)せり
  19. 柱の上にある頭(かしら)は四キユビトの百合花(ゆり)の形にして廊(らう)におけるがごとし
  20. 二(ふたつ)の柱の頭(かしら)の上には亦(また)網工(あみもの)の外(さき)なる腹の所に接(つゞ)きて石榴(ざくろ)あり他の柱の四周(まはり)にも石榴(ざくろ)二百ありて相列(あひなら)べり
  21. 此柱(このはしら)を拝殿の廊(らう)に竪(た)つ即(すなは)ち右の柱を立(たて)て其名(そのな)をヤキンと名(なづ)け左の柱を竪(たて)て其名(そのな)をボアズと名(なづ)く
  22. 其(その)柱の上に百合花(ゆり)の形あり斯(かく)其(その)柱の作(さく)成(なれ)り
  23.  又海を鋳(い)なせり此邊(このふち)より彼邊(かのふち)まで十キユビトにして其(その)四周(まはり)圓(まろ)く其(その)高(たかさ)五キユビトなり其(その)四周(まはり)は三十キユビトの繩(なは)を環(めぐ)らすべし
  24. 其(その)邊(ふち)の下には四周(まはり)に匏瓜(ひさご)ありて之(これ)を環(めぐ)れり即(すなは)ち一キユビトに十づつありて海の周圍(まはり)を圍(かこめ)り其(その)匏瓜(ひさご)は海を鋳(い)たる時に二行(ふたならび)に鋳(い)たるなり
  25. 其(その)海は十二の牛の上に立(たて)り其(その)三(みつ)は北に向ひ三(みつ)は西に向ひ三(みつ)は南に向ひ三(みつ)は東に向ふ海(うみ)其上(そのうへ)にありて牛の後(うしろ)は皆(みな)内に向(むか)ふ
  26. 海の厚(あつさ)は手寛(てはゞ)にして其(その)邊(ふち)は百合花(ゆり)にて杯(さかづき)の邊(ふち)の如(ごと)くに作れり海は二千斗(と)を容(いれ)たり
  27.  又(また)銅(あかゞね)の臺(だい)十を造れり一(ひとつ)の臺(だい)の長(ながさ)四キユビト其(その)濶(ひろさ)四キユビト其(その)高(たかさ)三キユビトなり
  28. 其(その)臺(だい)の製作(つくり)は左のごとし臺(だい)には嵌板(かゞみいた)あり嵌板(かゞみいた)は邊(ふち)の中にあり
  29. 邊(ふち)の中にある嵌板(かゞみいた)の上に獅子(しゝ)と牛とケルビムあり又(また)邊(ふち)の上に座(ざ)あり獅子(しゝ)と牛の下に花飾(はなかざり)の垂下物(さげもの)あり
  30. 其(その)臺(だい)には各(おのおの)四(よつ)の銅(あかゞね)の輪(わ)と銅の軸(ぢく)あり其(その)四(よつ)の足には肩(かた)のごとき者あり其(その)肩(かた)のごとき者は洗盤(はち)の下にありて凡(すべて)の花飾の旁(かたはら)に鋳(い)つけたり
  31. 其(その)口(くち)は頭(かしら)の内より上は一キユビトなり其(その)口(くち)は圓(まろ)く一キユビト半にして座(ざ)の作(つくり)の如(ごと)し又其口(そのくち)には雕工(ほりもの)あり其(その)鏡板(かゞみいた)は四角にして圓(まろ)からず
  32. 四(よつ)の輪(わ)は鏡板(かゞみいた)の下にあり輪(わ)の手は臺(だい)の中(うち)にあり輪は各(おのおの)高(たかさ)一キュビト半
  33. 輪の工作(つくり)は戰車(いくさぐるま)の輪の工作(つくり)の如(ごと)し其(その)手と縁(ふち)と輻(や)と轂(こしき)とは皆鋳物(いもの)なり
  34. 臺(だい)の四隅に四(よつ)の肩(かた)の如(ごと)き者あり其(その)肩のごとき者は臺(だい)より出(い)づ
  35. 臺(だい)の上の所の高(たかさ)半キユビトは其(その)周圍(まはり)圓(まろ)し又(また)臺(だい)の上の所の手と鏡板(かゞみいた)も臺(だい)より出(い)づ
  36. 其(その)手の板と鏡板(かゞみいた)には其(その)各(おのおの)の隙處(あき)に循(したが)ひてケルビムと獅子(しゝ)と棕櫚(しゆろ)を雕刻(きざ)み又(また)其(その)四周(まはり)に花飾を造れり
  37. 是(かく)のごとく十の臺(だい)を造れり其(その)鋳法(いかた)と量と形は皆同じ
  38.  又(また)銅(あかゞね)の洗盤(はち)十を造れり洗盤(はち)は各(おのおの)四十斗(と)を容(い)れ洗盤(はち)は各(おのおの)四キユビトなり十の臺(だい)の上には各(おのおの)一(ひとつ)の洗盤(はち)あり
  39. 其(その)臺(だい)五(いつゝ)を家の右の旁(かた)に五(いつゝ)を家の左の旁(かた)に置(す)ゑ家の右の東南に其(その)海を置(おけ)り
  40.  ヒラム又(また)鍋(なべ)と[じふのう]と鉢(はち)とを造れり斯(かく)ヒラム、ヱホバの家の爲(ため)にソロモン王に爲(なせ)る諸(もろもろ)の細工(さいく)を成終(なしをへ)たり
  41. 即(すなは)ち二(ふたつ)の柱(はしら)と其(その)柱の上なる頭(かしら)の二(ふたつ)の毬(たま)と柱の上なる其(その)頭(かしら)の二(ふたつ)の毬(たま)を蓋(おほ)ふ二(ふたつ)の網工(あみもの)と
  42. 其(その)二(ふたつ)の網工(あみもの)の爲(ため)の石榴(ざくろ)四百是(これ)は一(ひとつ)の網工(あみもの)に石榴(ざくろ)二行(ふたならび)ありて柱の上なる二(ふたつ)の毬(たま)を蓋(おほ)ふ
  43. 又(また)十の臺(だい)と其(その)臺(だい)の上の十の洗盤(はち)と
  44. 一(ひとつ)の海と其(その)海の下の十二の牛(うし)
  45. 及び鍋(なべ)と[じふのう]と鉢(はち)是也(これなり)ヒラムがソロモン王にヱホバの家のために造りし此等(これら)の器(うつは)は皆光明(ひかり)ある銅(あかゞね)なりき
  46. 王(わう)ヨルダンの低地(くぼち)に於(おい)てスコテとザレタンの間の粘土(ねばつち)の地にて之(これ)を鋳(い)たり
  47. ソロモン其(その)器(うつは)甚(はなは)だしく多かりければ皆(みな)權(はから)ずに措(おけ)り其(その)銅(あかゞね)の重(おもさ)しれざりき
  48.  又ソロモン、ヱホバの家の諸(もろもろ)の器(うつは)を造れり即(すなは)ち金(きん)の壇(だん)と供前(そなへ)のパンを載(のす)る金(きん)の案(つくゑ)
  49. および純金の燈臺(とうだい)是(これ)は神殿のまへに五(いつゝ)は右に五(いつゝ)は左にあり又(また)金(きん)の花と燈盞(ともしびざら)と燈鉗(しんかき)と
  50. 純金の盆(ほとぎ)と剪刀(はさみ)と鉢(はち)と皿と滅燈器(しんとり)と至聖所(しせいじょ)なる内の家の戸のため及び拝殿なる家の戸のためなる金(きん)の肘鈕(ひぢつぼ)是(これ)なり
  51.  斯(かく)ソロモン王のヱホバの家のために爲(なせ)る諸(もろもろ)の細工(さいく)終(をは)れり是(こゝ)においてソロモン其父(そのちゝ)ダビデが奉納(をさ)めたる物即(すなは)ち金銀および器(うつは)を携(たづさ)へいりてヱホバの家の寳物(はうもつ)の中(うち)に置(おけ)り

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書