目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

Old Testament「Books of Kings(1)」
旧約聖書:列王記略上

第9章(CHAPTER 9)

  1. ソロモン、ヱホバの家と王の家を建(たつ)る事を終(を)へ且(かつ)凡(すべ)てソロモンが爲(なさ)んと欲(おもひ)し望(のぞみ)を遂(とげ)し時
  2. ヱホバ再(ふたゝび)ソロモンに甞(かつ)てギベオンにて顯現(あらはれ)たまひし如(ごと)くあらはれたまひて
  3. 彼に言(いひ)たまひけるは我は爾(なんぢ)が我(わが)まへに願(ねがひ)し祈祷(いのり)と祈願(ねがひ)を聽(きゝ)たり我(われ)爾(なんぢ)が建(たて)たる此家(このいへ)を聖別(きよめ)てわが名を永(なが)く其處(そこ)に置(おく)べし且(かつ)わが目とわが心は恒(つね)に其處(そこ)にあるべし
  4. 爾(なんぢ)若(もし)爾(なんぢ)の父ダビデの歩(あゆ)みし如(ごと)く心を完(まつた)うして正しく我前(わがまへ)に歩みわが爾(なんぢ)に命じたる如(ごと)く凡(すべ)て行(おこな)ひてわが憲法(のり)と律例(さだめ)を守らば
  5. 我は爾(なんぢ)の父ダビデに告(つげ)てイスラエルの位(くらゐ)に上(のぼ)る人爾(なんぢ)に缺(かく)ること無(なか)るべしと言(いひ)しごとく爾(なんぢ)のイスラエルに王たる位(くらゐ)を固(かた)うすべし
  6. 若(もし)爾等(なんぢら)又は爾等(なんぢら)の子孫全(まつた)く轉(そむ)きて我にしたがはずわが爾等(なんぢら)のまへに置(おき)たるわが誡命(いましめ)と法憲(のり)を守らずして往(ゆき)て他の神に事(つか)へ之(これ)を拝(をが)まば
  7. 我イスラエルをわが與(あた)へたる地の面(おもて)より絶(たゝ)ん又わが名のために我が聖別(きよめ)たる此家(このいへ)をば我わがまへより投げ棄(すて)んしかしてイスラエルは諸(もろもろ)の民の中(うち)に諺語(ことわざ)となり嘲笑(あざけり)となるべし
  8. 且(かつ)又此家(このいへ)は高くあれども其(その)傍(かたはら)を過(すぐ)る者は皆之(これ)に驚(おどろ)き嘶(うそぶ)きて言(いは)んヱホバ何故(なにゆゑ)に此(この)地に此(この)家に斯(かく)爲(なし)たまひしやと
  9. 人(ひと)答へて彼等は己(おのれ)の父祖(せんぞ)をエジプトの地より導(みちび)き出(いだ)せし其神(そのかみ)ヱホバを棄(すて)て他(ほか)の神に附(つき)從(したが)ひ之(これ)を拝(をが)み之(これ)に事(つか)へしに因(より)てヱホバ此(こ)の凡(すべて)の害惡(がいあく)を其上(そのうへ)に降(くだ)せるなりと言(いは)ん
  10.  ソロモン二十年を經(へ)て二(ふたつ)の家即(すなは)ちヱホバの家と王の家を建(たて)をはりヒラムにガリラヤの地の城邑(まち)二十を與(あた)へたり
  11. 其(そ)はツロの王ヒラムはソロモンに凡(すべ)て其(その)望(のぞみ)に循(したが)ひて香柏(かうはく)と松の木と金(きん)を供給(おくり)たればなり
  12. ヒラム、ツロより出(いで)てソロモンが己(おのれ)に與(あた)へたる諸邑(まちまち)を見しに其(その)目に善(よか)らざりければ
  13. 我(わが)兄第よ爾(なんぢ)が我に與(あた)へたる此等(これら)の城邑(まち)は何なるやといひて之(これ)をカブルの地となづけたり其名(そのな)今日(こんにち)までのこる
  14. 甞(かつ)てヒラムは金百二十タラントを王に遣(おく)れり
  15.  ソロモン王の徴募人(ちようぼにん)を興(おこ)せし事は是(これ)なり即(すなは)ちヱホバの家と自己(おのれ)の家とミロとエルサレムの石垣とハゾルとメギドンとゲゼルを建(たて)んが爲(ため)なりき
  16. エジプトの王パロ嘗(かつ)て上(のぼ)りてゲゼルを取り火を以(も)て之(これ)を燬(や)き其邑(そのまち)に住(すめ)るカナン人(びと)を殺し之(これ)をソロモンの妻なる其(その)女(むすめ)に與(あた)へて粧奩(おくりもの)と爲(なせ)り
  17. ソロモン、ゲゼルと下(しも)ベテホロンと
  18. バアラと國(くに)の野にあるタデモル
  19. 及びソロモンの有(たも)てる府庫(くら)の諸邑(まちまち)其(その)戰車(いくさぐるま)の諸邑(まちまち)其(その)騎兵(きへい)の諸邑(まちまち)並(ならび)にソロモンがエルサレム、レバノンおよび其(その)凡(すべて)の領地に於(おい)て建(たて)んと欲(ねがひ)し者を盡(ことごと)く建(たて)たり
  20. 凡(すべ)てイスラエルの子孫(しそん)に非(あらざ)るアモリ人(びと)ヘテ人(びと)ペリジ人(びと)ヒビ人(びと)ヱブス人(びと)の遺存(のこれ)る者
  21. 其地(そのち)に在(あり)て彼等の後(あと)に遺存(のこれ)る子孫(しそん)即(すなは)ちイスラエルの子孫(ひとびと)の滅(ほろぼ)し盡(つく)すことを得(え)ざりし者にソロモン奴隸(どれい)の徴募(ちようぼ)を行(おこな)ひて今日(こんにち)に至る
  22. 然(しかれ)どもイスラエルの子孫(ひとびと)をばソロモン一人も奴隸(どれい)と爲(なさ)ざりき其(そ)は彼等は軍人(いくさびと)彼の臣僕(けらい)牧伯(つかさ)大將(たいしやう)たり戰車(いくさぐるま)と騎兵(きへい)の長(かしら)たればなり
  23.  ソロモンの工事を管理(つかさど)れる首(かしら)なる官吏(くわんり)は五百五十人にして工事に働く民を治(をさ)めたり
  24.  爰(こゝ)にパロの女(むすめ)ダビデの城(まち)より上(のぼ)りてソロモンが彼のために建(たて)たる家に至る其時(そのとき)にソロモン、ミロを建(たて)たり
  25.  ソロモン、ヱホバに築(きづ)きたる壇(だん)の上に年に三次(みたび)燔祭(はんさい)と酬恩祭(しうおんさい)を献(さゝ)げ又ヱホバの前なる壇(だん)に香(かう)を焚(たけ)りソロモン斯(かく)家を全(まつた)うせり
  26.  ソロモン王エドムの地(ち)紅海(こうかい)の濱(はま)に於(おい)てエラテの邊(ほとり)なるエジオンゲベルにて船(ふね)數雙(すうさう)を造れり
  27. ヒラム海の事を知れる舟人(ふなびと)なる其(その)僕(しもべ)をソロモンの僕(しもべ)と偕(とも)に其(その)船にて遣(つかは)せり
  28. 彼等オフルに至り其處(そこ)より金四百二十タラントを取(とり)てこれをソロモン王の所に携(もち)來(きた)る

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書