目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

Old Testament「Books of Kings(1)」
旧約聖書:列王記略上

第10章(CHAPTER 10)

  1. シバの女王ヱホバの名に關(かゝは)るソロモンの風聞(うはさ)を聞き及び難問(なんもん)を以(もつ)てソロモンを試(こゝろ)みんとて來(きた)れり
  2. 彼(かれ)甚(はなは)だ多くの部從(ともまはり)香物(かうもつ)と甚(はなは)だ多くの金(きん)と寶石(たま)を負(を)ふ駱駝(らくだ)を從(したが)へてエルサレムに至る彼ソロモンの許(もと)に來(きた)り其(その)心にある所を悉(ことごと)く之(これ)に言(いひ)たるに
  3. ソロモン彼に其(その)凡(すべて)の事を告(つげ)たり王の知(しら)ずして彼に告(つげ)ざる事無(なか)りき
  4. シバの女王ソロモンの諸(もろもろ)の智慧(ちゑ)と其(その)建(たて)たる家と
  5. 其(その)席の食物と其(その)臣僕(けらい)の列坐(なみゐ)る事と其(その)侍臣(そばづかへ)の伺候(たちをること)および彼等の衣服(ころも)と其(その)酒人(さかびと)と其(その)ヱホバの家に上(のぼ)る階級(はしご)とを見て全(まつた)く其氣(そのき)を奪(うば)はれたり
  6. 彼(かれ)王にいひけるは我(わ)が自己(おのれ)の國(くに)にて爾(なんぢ)の行爲(わざ)と爾(なんぢ)の智慧(ちゑ)に付(つい)て聞(きゝ)たる言(ことば)は眞實(まこと)なりき
  7. 然(され)ど我(われ)來(きた)りて目に見るまでは其(その)言(ことば)を信ぜざりしが今視(み)るに其(その)半(なかば)も我に聞(きこ)えざりしなり爾(なんぢ)の智慧(ちゑ)と昌盛(さかえ)はわが聞(きゝ)たる風聞(うはさ)に越(こ)ゆ
  8. 常に爾(なんぢ)の前に立(たち)て爾(なんぢ)の智慧(ちゑ)を聽(き)く是等(これら)の人爾(なんぢ)の臣僕(けらい)は幸福(さいはひ)なるかな
  9. 爾(なんぢ)の神ヱホバは讃(ほむ)べきかなヱホバ爾(なんぢ)を悦(よろこ)び爾(なんぢ)をイスラエルの位(くらゐ)に上(のぼ)らせたまへりヱホバ永久(とこしなへ)にイスラエルを愛したまふに因(より)て爾(なんぢ)を王となして公道(おほやけ)と義(たゞしき)を行(おこな)はしめたまふなりと
  10. 彼(かれ)乃(すなは)ち金(きん)百二十タラント及び甚(はなは)だ多くの香物(かうもつ)と寶石(たま)とを王に饋(おく)れりシバの女王のソロモン王に饋(おく)りたるが如(ごと)き多くの香物(かうもつ)は重(かさね)て至(いたら)ざりき
  11.  オフルより金(きん)を載來(のせきた)りたるヒラムの船は亦(また)オフルより多くの白檀木(びやくだんのき)と寶石(たま)とを運び來(きた)りければ
  12. 王(わう)白檀木(びやくだんのき)を以(も)てヱホバの家と王の家とに欄干(らんかん)を造り歌謡者(うたうたふもの)のために琴(こと)と瑟(しつ)を造れり是(かく)の如(ごと)き白檀木(びやくだんのき)は至らざりき亦(また)今日(こんにち)までも見たることなし
  13.  ソロモン王(わう)王の例(ならはし)に循(したが)ひてシバの女王に物を饋(おく)りたる外(ほか)に又彼が望(のぞみ)に任(まか)せて凡(すべ)て其(その)求むる物を饋(おく)れり斯(かく)て彼(かれ)其(その)臣僕等(しもべら)とともに歸(かへ)りて其國(そのくに)に往(ゆけ)り
  14.  偖(さて)一年にソロモンの所に至れる金(きん)の重量(めかた)は六百六十六タラントなり
  15. 外(ほか)に又(また)商買(あきうど)および商旅(たびあきうど)の交易(かうえき)並(ならび)にアラビヤの王等(わうたち)と國(くに)の知事等(つかさたち)よりも至れり
  16. ソロモン王(わう)展金(のべきん)の大楯(おほだて)二百を造れり其(その)大楯(おほだて)には各(おのおの)六百シケルの金(きん)を用(もち)ひたり
  17. 又(また)展金(のべきん)の干(たて)三百を造れり一(ひとつ)の干(たて)に三斤(ぎん)の金(きん)を用(もち)ひたり王(わう)是等(これら)をレバノン森林(もり)の家に置(おけ)り
  18. 王(わう)又(また)象牙(ざうげ)をもて大(おほい)なる寳座(くらゐ)を造り純金を以(も)て之(これ)を蔽(おほ)へり
  19. 其(その)寳座(くらゐ)に六(むつ)の階級(きだ)あり寳座(くらゐ)の後(うしろ)に圓(まろ)き頭あり坐(ざ)する處(ところ)の兩旁(りやうはう)に扶手(てかけ)ありて扶手(てかけ)の側(わき)に二(ふたつ)の獅子(しゝ)立てり
  20. 又(また)其(その)六(むつ)の階級(きだ)に十二の獅子(しゝ)此旁(こなた)彼旁(かなた)に立(たて)り是(かく)の如(ごと)き者を作れる國(くに)はあらざりき
  21. ソロモン王の用(もち)ひて飮(のめ)る器(うつは)は皆(みな)金(きん)なり又レバノン森林(もり)の家の器(うつは)も皆(みな)純金にして銀の物無(なか)りき銀はソロモンの世には貴(たふと)まざりしなり
  22. 其(そ)は王(わう)海にタルシシの船を有(もち)てヒラムの船と供(とも)にあらしめタルシシの船をして三年に一度(ひとたび)金(きん)銀(ぎん)象牙(ざうげ)猿猴(さる)および孔雀(くじゃく)を載(のせ)て來(きた)らしめたればなり
  23.  抑(そもそも)ソロモン王(わう)は富有(とみ)と智慧(ちゑ)に於(おい)て天下の諸(すべて)の王よりも大(おほひ)なりければ
  24. 天下(てんか)皆(みな)神がソロモンの心に授(さづ)けたまへる智慧(ちゑ)を聽(きか)んとてソロモンの面(かほ)を見んことを求めたり
  25. 人々各(おのおの)其(その)禮物(れいもつ)を携(たづさ)へ來(きた)る即(すなは)ち銀(ぎん)の器(うつは)金(きん)の器(うつは)衣服(ころも)甲冑(よろひ)香物(かうもつ)馬(むま)騾(ら)毎歳(としどし)定分(さだまり)ありき
  26.  ソロモン戰車(いくさぐるま)と騎兵(きへい)を集めたるに戰車(いくさぐるま)千四百輛(りやう)騎兵(きへい)壱(いち)萬二千ありきソロモン之(これ)を戰車(いくさぐるま)の城邑(まち)に置(お)き或(あるひ)はエルサレムにて王の所に置(おけ)り
  27. 王エルサレムに於(おい)て銀(ぎん)を石の如(ごと)くに爲(な)し香柏(かうはく)を平地の桑樹(くはのき)の如(ごと)くに爲(な)して多く用(もち)ひたり
  28. ソロモンの馬を獲(え)たるはエジプトとコアよりなり即(すなは)ち王の商賣(あきうど)コアより價値(あたひ)を以(も)て取(とれ)り
  29. エジプトより上(のぼ)り出(いづ)る戰車(いくさぐるま)一輛(りやう)は銀六百にして馬は百五十なりき斯(かく)のごとくヘテ人(びと)の凡(すべ)の王等(わうたち)およびスリアの王等(わうたち)のために其(その)手をもて取出(とりいだ)せり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書