目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

Old Testament「Books of Kings(1)」
旧約聖書:列王記略上

第12章(CHAPTER 12)

  1. 爰(こゝ)にレハベアム、シケムに往(ゆけ)り其(そ)はイスラエル皆彼を王と爲(なさ)んとてシケムに至りたればなり
  2. ネバテの子ヤラベアム尚(なほ)エジプトに在(あり)て聞(きけ)りヤラベアムはソロモン王の面(かほ)をさけて逃(にげ)さりエジプトに住居(すみゐ)たるなり
  3. 時に人衆(ひとゞと)人を遣(つか)はして彼を招(まね)けり斯(かく)てヤラベアムとイスラエルの會衆(くわいしう)皆(みな)來(きた)りてレハベアムに告(つげ)て言(いひ)けるは
  4. 汝の父我儕(われら)の軛(くびき)を難(かた)くせり然(しかれ)ども爾(なんぢ)今爾(なんぢ)の父の難(かた)き役(つとめ)と爾(なんぢ)の父の我儕(われら)に蒙(かうむ)らせたる重き軛(くびき)を軽くせよ然(しから)ば我儕(われら)爾(なんぢ)に事(つか)へん
  5. レハベアム彼等に言(いひ)けるは去(さり)て三日を經(へ)て再び我に來(きた)れと民(たみ)乃(すなは)ち去(され)り
  6.  レハベアム王(わう)其父(そのちゝ)ソロモンの生(いけ)る間(あひだ)其(その)前に立(たち)たる老人等と計(はか)りていひけるは爾等(なんぢら)如何(いか)にヘ(をし)へて此民(このたみ)に答へしむるや
  7. 彼等レハベアムに告(つげ)て言(いひ)けるは爾(なんぢ)若(もし)今日(こんにち)此民(このたみ)の僕(しもべ)となり之(これ)に事(つか)へて之(これ)に答へ善(よ)き言(ことば)を之(これ)に語らば彼等永く爾(なんぢ)の僕(しもべ)となるべしと
  8. 然(しかる)に彼老人のヘ(をし)へしヘ(をしへ)を棄(す)て自己(おのれ)と倶(とも)に生長(そだち)て己(おのれ)のまへに立つ少年等と計(はか)れり
  9. 即(すなは)ち彼等に言(いひ)けるは爾等(なんぢら)何をヘ(をし)へて我儕(われら)をして此(この)我に告(つげ)て爾(なんぢ)の父の我儕(われら)に蒙(かう)むらせし軛(くびき)を軽くせよと言ふ民に答へしむるやと
  10. 彼と偕(とも)に生長(そだち)たる少年彼に告(つげ)ていひけるは爾(なんぢ)に告(つげ)て爾(なんぢ)の父我儕(われら)の軛(くびき)を重くしたれど爾(なんぢ)これを我儕(われら)のために軽くせよと言(いひ)たる此民(このたみ)に爾(なんぢ)斯(かく)言(いふ)ベし我(わ)が小指(こゆび)はわが父の腰(こし)よりも太(ふと)し
  11. またわが父爾等(なんぢら)に重き軛(くびき)を負(おは)せたりしが我は更(さら)に爾等(なんぢら)の軛(くびき)を重くせん我父(わがちゝ)は鞭(むち)にて爾等(なんぢら)を懲(こら)したれども我は蠍(さそり)をもて爾等(なんぢら)を懲(こらさ)んと爾(なんぢ)斯(かく)彼等に告(つぐ)べしと
  12.  ヤラベアムと民(たみ)皆(みな)王の告(つげ)て第三日(みつかめ)に再び我に來(きた)れと言(いひ)しごとく第三日(みつかめ)にレハベアムに詣(いた)りしに
  13. 王(わう)荒々しく民に答へ老人のヘ(をし)へしヘ(をしへ)を棄(す)て
  14. 少年のヘ(をしへ)の如(ごと)く彼等に告(つげ)て言(いひ)けるは我父(わがちゝ)は爾等(なんぢら)の軛(くびき)を重くしたりしが我は更(さら)に爾等(なんぢら)の軛(くびき)を重くせん我父(わがちゝ)は鞭(むち)を以(も)て爾等(なんぢら)を懲(こら)したれども我は蠍(さそり)をもて爾等(なんぢら)を懲(こら)さんと
  15. 王(わう)斯(かく)民に聽(きか)ざりき此事(このこと)はヱホバより出(いで)たる者なり是(こ)はヱホバその甞(かつ)てシロ人(びと)アヒヤに由(より)てネバテの子ヤラベアムに告(つげ)し言(ことば)をおこなはんとて爲(なし)たまへるなり
  16.  かくイスラエル皆(みな)王の己(おのれ)に聽(きか)ざるを見たり是(こゝ)において民(たみ)王に答へて言(いひ)けるは我儕(われら)ダビデの中(うち)に何の分(ぶん)あらんやヱサイの子の中(うち)に産業なしイスラエルよ爾等(なんぢら)の天幕(てんまく)に歸(かへ)れダビデよ今爾(なんぢ)の家を視(み)よと而(しか)してイスラエルは其(その)天幕に去りゆけり
  17. 然(しかれ)どもユダの諸邑(まちまち)に住(すめ)るイスラエルの子孫(ひとびと)の上にはレハベアム其(その)王となれり
  18. レハベアム王(わう)徴募頭(ちやうぼかしら)なるアドラムを遣(つか)はしけるにイスラエル皆石にて彼を撃(うち)て死(しな)しめたればレハベアム王急ぎて其(その)車に登りエルサレムに逃(にげ)たり
  19. 斯(かく)イスラエル、ダビデの家に背(そむ)きて今日(こんにち)にいたる
  20. 爰(こゝ)にイスラエル皆ヤラベアムの歸(かへ)りしを聞(きゝ)て人を遣(つかは)して彼を集會に招き彼をイスラエルの全家の上に王と爲(なせ)りユダの支派(わかれ)の外(ほか)はダビデの家に從ふ者なし
  21.  ソロモンの子レハベアム、エルサレムに至りてユダの全家とベニヤミンの支派(わかれ)の者即(すなは)ち壯年(さかり)の武夫(つはもの)十八萬(まん)を集む斯(かく)してレハベアム國(くに)を己(おのれ)に皈(かへ)さんがためにイスラエルの家と戰(たゝか)はんとせしが
  22. 神の言(ことば)神の人シマヤに臨(のぞ)みて曰(いは)く
  23. ソロモンの子ユダの王レハベアムおよびユダとベニヤミンの全家並(ならび)に其(その)餘(ほか)の民に告(つげ)て言(いふ)べし
  24. ヱホバ斯(かく)言ふ爾等(なんぢら)上(のぼ)るべからず爾等(なんぢら)の兄弟なるイスラエルの子孫(ひとびと)と戰ふべからず各人(おのおの)其(その)家に歸(かへ)れ此事(このこと)は我より出(いで)たるなりと彼等ヱホバの言(ことば)を聽きヱホバの言(ことば)に循(したが)ひて轉(かへ)り去りぬ
  25.  ヤラベアムはエフライムの山地にシケムを建(たて)て其處(そこ)に住み又其所(そこ)より出(いで)てペヌエルを建(たて)たり
  26. 爰(こゝ)にヤラベアム其(その)心に謂(いひ)けるは國(くに)は今ダビデの家に歸(かへ)らん
  27. 若(もし)此民(このたみ)エルサレムにあるヱホバの家に禮物(そなへもの)を献(さゝ)げんとて上(のぼ)らば此民(このたみ)の心ユダの王なる其(その)主(しゆ)レハベアムに歸(かへ)りて我を殺しユダの王レハベアムに歸(かへ)らんと
  28. 是(こゝ)に於(おい)て王(わう)計議(はかり)て二(ふたつ)の金(きん)の犢(こうし)を造り人々に言(いひ)けるは爾(なんぢ)らのエルサレムに上ること既(すで)に足(たれ)りイスラエルよ爾(なんぢ)をエジブトの地より導(みちび)き上(のぼ)りし汝の神を視(み)よと
  29. 而(しか)して彼一(ひとつ)をベテルに安(す)ゑ一(ひとつ)をダンに置(おけ)り
  30. 此事(このこと)罪となれりそは民ダンに迄(まで)往(ゆき)て其(その)一(ひとつ)の前に詣(もうで)たればなり
  31. 彼(かれ)又(また)崇邱(たかきところ)の家を建てレビの子孫(ひとびと)にあらざる凡民(よのつねのたみ)を祭司(さいし)となせり
  32. ヤラベアム八月に節期(いはひ)を定(さだ)めたり即(すなは)ち其(その)月の十五日なりユダにある節期(いはひ)に等し而(しか)して壇(だん)の上に上(のぼ)りたりベテルにて彼斯(かく)爲(な)し其(その)作りたる犢(こうし)に禮物(そなへもの)を献(さゝ)げたり又彼其(その)造りたる崇邱(たかきところ)の祭司をベテルに立(たて)たり
  33. かく彼其(その)ベテルに造れる壇(だん)の上に八月の十五日に上(のぼ)れり是(これ)は彼が己(おのれ)の心より造り出(いだ)したる月なり而(しか)してイスラエルの人々のために節期(いはひ)を定(さだ)め壇(だん)の上にのぼりて香(かう)を焚(たけ)り

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書