目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

Old Testament「Books of Kings(1)」
旧約聖書:列王記略上

第15章(CHAPTER 15)

  1. ネバテの子ヤラベアム王の第十八年にアビヤム、ユダの王となり
  2. エルサレムにて三年世を治(をさ)めたり其(その)母の名はマアカといひてアブサロムの女(むすめ)なり
  3. 彼は其(その)父が己(おのれ)のさきに爲(なし)たる諸(もろもろ)の罪を行(おこな)ひ其(その)心(こゝろ)其父(そのちゝ)ダビデの心の如(ごと)く其(その)神ヱホバに完全(まつた)からざりき
  4. 然(しかる)に其(その)神ヱホバ、ダビデの爲(ため)にエルサレムに於(おい)て彼に一(ひとつ)の燈明(あかり)を與(あた)へ其(その)子を其後(そのあと)に興(おこ)しエルサレムを固く立(たゝ)しめ賜(たま)へり
  5. 其(そ)はダビデはヘテ人(びと)ウリヤの事の外(ほか)は一生の間ヱホバの目に適(かな)ふ事を爲(なし)て其(その)己(おのれ)に命じたまへる諸(すべて)の事に背(そむ)かざりければなり
  6. レハベアムとヤラベアムの間(なか)には其(その)一生の間(あひだ)戰爭(いくさ)ありき
  7.  アビヤムの其(その)餘(ほか)の行爲(わざ)と凡(すべ)て其(その)爲(なし)たる事はユダの王の歴代志(れきだいし)の書に記載(しる)さるゝにあらずやアビヤムとヤラベアムの間に戰爭(いくさ)ありき
  8. アビヤム其(その)先祖と倶(とも)に寝(ねむ)りしかば之(これ)をダビデの城(まち)に葬(はうむ)りぬ其(その)子アサ之(これ)に代(かは)りて王と爲(なれ)り
  9.  イスラエルの王ヤラベアムの第二十年にアサ、ユダの王となり
  10. エルサレムにて四十一年世を治(をさ)めたり其(その)母の名はマアカといひてアブサロムの女(むすめ)なり
  11. アサは其(その)父ダビデの如(ごと)くヱホバの目に適(かな)ふ事を爲(な)し
  12. 男色(なんしょく)を行ふ者を國(くに)より逐(お)ひ出(いだ)し其(その)父祖等(せんぞたち)の造りたる諸(もろもろ)の偶像(ぐうざう)を除(のぞ)けり
  13. 彼は亦(また)其母(そのはゝ)マアカのアシラの像を造りしがために之(これ)を貶(おと)して太后(おほきさき)たらしめざりき而(しか)してアサ其(その)像を毀(こぼ)ちてキデロンの谷に焚棄(やきすて)たり
  14. 但(たゞ)し崇邱(たかきところ)は除(のぞ)かざりき然(され)どアサの心は一生の間ヱホバに完全(まつた)かりき
  15. 彼(かれ)其父(そのちゝ)の献納(をさ)めたる物と己(おのれ)のをさめたる物(もの)金銀(きんぎん)器(うつは)をヱホバの家に携(たづさ)へいりぬ
  16.  アサとイスラエルの王バアシヤの間(なか)に一生の間戰爭(いくさ)ありき
  17. イスラエルの王バアシヤ、ユダに攻上(せめのぼ)りユダの王アサの所に誰をも往來(ゆきゝ)せざらしめん爲(ため)にラマを築(きづ)けり
  18. 是(こゝ)に於(おい)てアサ王ヱホバの家の府庫(くら)と王の家の府庫(くら)に殘れる所の金銀を盡(ことごと)く將(とり)て之(これ)を其(その)臣僕(しもべ)の手に付(わた)し之(これ)をダマスコに住(すめ)るスリアの王ヘジヨンの子タブリモンの子なるベネハダデに遣(つか)はして言(いひ)けるは
  19. わが父と爾(なんぢ)の父の間(あひだ)の如(ごと)く我と爾(なんぢ)の間に約(やく)を立(たて)ん視(み)よ我(われ)爾(なんぢ)に金銀の禮物(おくりもの)を餽(おく)れり往(ゆき)て爾(なんぢ)とイスラエルの王バアシヤとの約(やく)を破り彼をして我を離れて上(のぼ)らしめよ
  20. ベネハダデ、アサ王に聽(き)きて自己(おのれ)の軍勢の長(かしら)等を遣(つか)はしてイスラエルの諸邑(まちまち)を攻めイヨンとダンとアベルベテマアカおよびキンネレテの全地とナフタリの全地とを撃(うて)り
  21. バアシヤ聞及(きゝおよ)びラマを築くことを罷(やめ)てテルザに止(とゞま)り
  22. 是(こゝ)に於(おい)てアサ王(わう)令(れい)をユダ全國に降(くだ)したり一人も免(まぬ)かれし者なし斯(かく)して即(すなは)ちバアシヤが用(もち)ひてラマを築きたる石と材木を取(とり)きたらしめアサ王(わう)之(これ)を用(もち)てべニヤミンのゲバとミズパを築けり
  23.  アサの其餘(そのほか)の行爲(わざ)と其(その)諸(すべて)の功業(いさを)と凡(すべ)て其(その)爲(なし)たる事および其(その)建(たて)たる城邑(まち)はユダの王の歴代志(れきだいし)の書に記載(しる)さるるにあらずや但(たゞ)し彼は年老(としおゆ)るに及びて其(その)足を病(やみ)たり
  24. アサ其(その)父祖(せんぞ)と偕(とも)に寝(ねむ)りて其父(そのちゝ)ダビデの城(まち)に其(その)父祖(せんぞ)と偕(とも)に葬(はうむ)らる其(その)子ヨシヤパテ之(これ)に代(かは)りて王と爲(なれ)り
  25.  ユダの王アサの第二年にヤラベアムの子ナダブ、イスラエルの王と爲(な)り二年イスラエルを治(をさ)めたり
  26. 彼ヱホバの目のまへに惡を爲(なし)其(その)父の道に歩行(あゆ)み其(その)イスラエルに犯(をか)させたる罪を行(おこな)へり
  27. 爰(こゝ)にイツサカルの家のアヒヤの子バアシヤ彼に敵して黨(たう)を結びペリシテ人(びと)に屬(ぞく)するギベトンにて彼を撃(うて)り其(そ)はナダブとイスラエル皆ギベトンを圍(かこ)み居(ゐ)たればなり
  28. ユダの王アサの第三年にバアシヤ彼を殺し彼に代(かは)りて王となれり
  29. バアシヤ王となれる時ヤラベアムの全家を撃(う)ち氣息(いき)ある者は一人もヤラベアムに殘さずして盡(ことごと)く之(これ)を滅(ほろぼ)せりヱホバの其(その)僕(しもべ)シロ人(びと)アヒヤに由(より)て言(いひ)たまへる言(ことば)の如(ごと)し
  30. 是(こ)はヤラベアムが犯(をか)し又イスラエルに犯させたる罪の爲(た)め又彼がイスラエルの神ヱホバの怒(いかり)を惹(ひ)き起(おこ)したる事に因(よ)るなり
  31.  ナダブの其餘(そのほか)の行爲(わざ)と凡(すべ)て其(その)爲(なし)たる事はイスラエルの王の歴代志(れきだいし)の書に記載(しる)さるゝにあらずや
  32. アサとイスラエルの王バアシヤの間(なか)に一生のあひだ戰爭(いくさ)ありき
  33.  ユダの王アサの第三年にアヒヤの子バアシヤ、テルザに於(おい)てイスラエルの全地の王となりて二十四年を經(へ)たり
  34. 彼ヱホバの目のまへに惡(あく)を爲(な)しヤラベアムの道にあゆみ其(その)イスラエルに犯(をか)させたる罪を行(おこな)へり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書