目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

Old Testament「Books of Kings(1)」
旧約聖書:列王記略上

第19章(CHAPTER 19)

  1. アハブ、イゼベルにエリヤの凡(すべ)て爲(なし)たる事及び其(その)如何(いか)に諸(すべて)の預言者を刀劍(かたな)にて殺したるかを告(つげ)しかば
  2. イゼベル使(つかひ)をエリヤに遣(つか)はして言(いひ)けるは神等(かみたち)斯(かく)なし復(また)重(かさね)て斯(かく)なしたまへ我(われ)必ず明日(あくるひ)の今時分汝の命を彼(かの)人々の一人の生命(いのち)のごとくせんと
  3. かれ恐れて起(た)ち其(その)生命のために逃げ往(ゆき)てユダに屬(ぞく)するベエルシバに至り少者(わかもの)を其處(そこ)に遺(のこ)して
  4. 自(みづか)ら一日程(いちにちぢ)ほど曠野(あらの)に入り往(ゆき)て金雀花(えにしだ)の下に坐(ざ)し其身(そのみ)の死(しな)んことを求めていふヱホバよ足(たれ)り今わが生命を取(とり)たまへ我はわが父祖(せんぞ)よりも善(よき)にはあらざるなりと
  5. 彼(かれ)金雀花(えにしだ)の下(もと)に伏して寝(ねむ)りしが天の使(つかひ)彼に捫(さは)り興(おき)て食(くら)へと言(いひ)ければ
  6. 彼見しに其(その)頭の側(そば)に炭(すみ)に燒きたるパンと一瓶の水ありき乃(すなは)ち食(くら)ひ飮(のみ)て復(また)偃臥(ふし)たり
  7. ヱホバの使者(つかひ)復(また)再び來(きた)りて彼に捫(さは)りていひけるは興(おき)て食(くら)へ其(そ)は途(みち)長くして汝(なんぢ)勝(かつ)べからざればなりと
  8. 彼(かれ)興(おき)て食ひ且(かつ)飮み其(その)食の力に仗(より)て四十日四十夜行(ゆき)て神の山ホレブに至る
  9.  彼處(かしこ)にて彼洞穴(ほらあな)に入りて其處(そこ)に宿りしが主の言(ことば)彼に臨(のぞ)みて彼に言(いひ)けるはエリヤよ汝(なんぢ)此(こゝ)にて何を爲(なす)や
  10. 彼いふ我は萬軍(ばんぐん)の神ヱホバのために甚(はなは)だ熱心なり其(そ)はイスラエルの子孫(ひとびと)汝の契約を棄(す)て汝の壇(だん)を毀(こぼ)ち刀劍(かたな)を以(も)て汝の預言者を殺したればなり惟(たゞ)我一人存(のこれ)るに彼等我(わが)生命を取(とら)んことを求むと
  11. ヱホバ言(いひ)たまひけるは出(いで)てヱホバの前に山の上に立てと茲(こゝ)にヱホバ過(すぎ)ゆきたまふにヱホバのまへに當(あた)りて大(おほい)なる強き風(かぜ)山を裂(さ)き岩石(いは)を碎(くだき)しが風の中(うち)にはヱホバ在(いま)さざりき風の後(のち)に地震ありしが地震の中(うち)にはヱホバ在(いま)さざりき
  12. 又地震の後(のち)に火ありしが火の中(うち)にはヱホバ在(いま)さざりき火の後(のち)に靜(しづか)なる細微(ほそ)き聲(こゑ)ありき
  13. エリヤ聞(きゝ)て面(かほ)を外套(うはぎ)に蒙(つゝ)み出(いで)て洞穴(ほらあな)の口に立ちけるに聲(こゑ)ありて彼に臨(のぞ)みエリヤよ汝(なんぢ)此(こゝ)にて何をなすやといふ
  14. かれいふ我は萬軍(ばんぐん)の神ヱホバの爲(ため)に甚(はなは)だ熱心なり其(そ)はイスラエルの子孫(ひとびと)汝の契約を棄(す)て汝の壇(だん)を毀(こぼ)ち刀劍(かたな)を以(も)て汝の預言者を殺したればなり惟(たゞ)我一人存(のこ)れるに彼等我(わ)が生命を取(とら)んことを求むと
  15.  ヱホバかれに言(いひ)たまひけるは往(ゆき)て汝の途(みち)に返りダマスコの曠野(あらの)に至り往(ゆき)てハザエルに膏(あぶら)を沃(そゝ)ぎてスリアの王となせ
  16. 又汝ニムシの子エヒウに膏(あぶら)を注(そゝ)ぎてイスラエルの王となすべし又アベルメホラのシヤパテの子エリシヤに膏(あぶら)をそゝぎ爾(なんぢ)に代(かは)りて預言者とならしむべし
  17. ハザエルの刀劍(かたな)を逃(のが)るゝ者をばエヒウ殺さんエヒウの刀劍(かたな)を逃(のが)るゝ者をばエリシヤ殺さん
  18. 又我イスラエルの中(うち)に七千人を遺(のこ)さん皆(みな)其(その)膝(ひざ)をバアルに跼(かゞ)めず其(その)口を之(これ)に接(つけ)ざる者なりと
  19.  エリヤ彼處(かしこ)よりゆきてシヤパテの子エリシヤに遭(あ)ふ彼は十二軛(くびき)の牛を其(その)前に行(ゆか)しめて己(おのれ)は其(その)第十二の牛と偕(とも)にありて耕(たがへ)し居(ゐ)たりエリヤ彼の所にわたりゆきて外套(うはぎ)を其上(そのうへ)にかけたれば
  20. 牛を棄(すて)てエリヤの後(あと)に趨(はせ)ゆきて言(いひ)けるは請(こ)ふ我をしてわが父母に接吻(くちつけ)せしめよしかるのち我(われ)爾(なんぢ)にしたがはんとエリヤかれに言(いひ)けるは行け還(かへ)れ我(われ)爾(なんぢ)に何をなしたるやと
  21. エリシヤ彼をはなれて還(かへ)り一軛(くびき)の牛をとりて之(これ)をころし牛の器具(うつは)を焚(たき)て其(その)肉を煮て民にあたへて食(くら)はしめ起(たち)て往(ゆ)きエリヤに從ひて之(これ)に事(つか)へたり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書