目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

Old Testament「Books of Kings(1)」
旧約聖書:列王記略上

第20章(CHAPTER 20)

  1. スリアの王ベネハダデ其(その)軍勢を悉(ことごと)く集む王三十二人彼と偕(とも)にあり又馬と戰車(いくさぐるま)とあり乃(すなは)ち上(のぼ)りてサマリアを圍(かこ)み之(これ)を攻(せ)む
  2. 彼(かれ)使(つかひ)をイスラエルの王アハブに遣(つかは)し邑(まち)に至りて彼に言(いは)しめけるはベネハダデ斯(かく)言ふ
  3. 爾(なんぢ)の金銀は我の所有(もの)なり亦(また)爾(なんぢ)の妻等と爾(なんぢ)の子等の美秀者(よきもの)は我の所有(もの)なり
  4. イスラエルの王答へて言(いひ)けるは王わが主(しゆ)よ爾(なんぢ)の言(ことば)の如(ごと)く我と我(わ)が有(も)つ者は皆爾(なんぢ)の所有(もの)なり
  5. 使者(つかひ)再び來(きた)りて言(いひ)けるはベネハダデ斯(かく)語(かたり)て言ふ我(われ)爾(なんぢ)に爾(なんぢ)我に爾(なんぢ)の金銀(きんぎん)妻子を付(わた)すべしと言遣(いひおく)れり
  6. 然(され)ど明日今頃我(わ)が僕(しもべ)を爾(なんぢ)に遣(つかは)さん彼等爾(なんぢ)の家と爾(なんぢ)の臣僕(けらい)の家を探索(さぐ)りて凡(すべ)て爾(なんぢ)の目に好(この)ましく見ゆる者を其(その)手に置(いれ)て取り去るべしと
  7.  是(こゝ)においてイスラエルの王(わう)國の長老(としより)を皆召(めし)て言(いひ)けるは請(こ)ふ爾等(なんぢら)見て此人(このひと)の害をなさんと求(もとむ)るを知れ彼(かれ)人を我に遣(おく)りて我(わ)が妻子とわが金銀を索(もと)めたり而(しか)るに我(われ)之(これ)を謝絶(こばま)ざりしと
  8. 諸(すべて)の長老(としより)および民(たみ)皆彼に言(いひ)けるは爾(なんぢ)聽(きく)なかれ許すなかれと
  9. 是故(このゆゑ)に彼ベネハダデの使者(つかひ)に言(いひ)けるは王わが主(しゆ)に告(つげ)よ爾(なんぢ)が最初(はじめ)に僕(しもべ)に言(いひ)つかはしたる事は皆(みな)我(われ)爲(なす)べし然(され)ど比事(このこと)は我(われ)爲(なす)あたはずと使者(つかひ)往(ゆき)て反命(かへりごと)をなせり
  10. ベネハダデ彼に言(いひ)つかはしけるは神等(かみたち)我に斯(かく)なし亦(また)重(かさね)て斯(かく)なしたまへサマリアの塵(ちり)は我に從ふ諸(すべて)の民の手に滿(みつ)るに足(たら)ざるべしと
  11. イスラエルの王答へて帶(おぶ)る者は解(と)く者の如(ごと)く誇るべからずと告(つげ)よと言(いへ)り
  12. ベネハダデ天幕(てんまく)にありて王等と飮(のみ)ゐたりしが此事(このこと)を聞(きゝ)て其(その)臣僕(けらい)に言(いひ)けるは爾等(なんぢら)陣列(そなへ)を爲(な)せと即(すなは)ち邑(まち)に向ひて陣列(そなへ)をなせり
  13.  時に一人の預言者イスラエルの王アハブの許(もと)に至りて言(いひ)けるはヱホバ斯(かく)言(いひ)たまふ爾(なんぢ)此(この)諸(すべて)の大軍を見るや視(み)よ我今日之(これ)を爾(なんぢ)の手に付(わた)さん爾(なんぢ)は我がヱホバなるを知(しる)にいたらんと
  14. アハブ言(いひ)けるは誰を以(も)てせんか彼いひけるはヱホバ斯(かく)いひたまふ諸省(くにぐに)の牧伯(つかさ)の少者(わかもの)を以(も)てすべしアハブ言ふ誰か戰爭(たゝかひ)を始むべき彼答けるは爾(なんぢ)なりと
  15. アハブ乃(すなは)ち諸省(くにぐに)の牧伯(つかさ)の少者(わかもの)を核(しらぶ)るに二百三十二人あり次に凡(すべて)の民(たみ)即(すなは)ちイスラエルの凡(すべて)の子孫(ひとびと)を核(しらぶ)るに七千人あり
  16.  彼等日中(ひるごろ)出(いで)たちたりしがベネハダデは天幕にて王等即(すなは)ち己(おのれ)を助(たすく)る三十二人の王等とともに飮(のみ)て酔居(ゑひゐ)たり
  17. 諸省(くにぐに)の牧伯(つかさ)の少者等(わかものら)先に出(いで)たりベネハダデ人を出(いだ)すにサマリアより人衆(ひとびと)出來(いできた)ると彼に告(つげ)ければ
  18. 彼言(いひ)けるは和睦(わぼく)のために出來(いできた)るも之(これ)を生擒(いけどる)べし又戰爭(たゝかひ)のために出來(いできた)るも之(これ)を生擒(いけどる)べしと
  19. 諸省(くにぐに)の牧伯(つかさ)の是等(これら)の少者(わかもの)および之(これ)に從ふ軍勢邑(まち)より出(いで)きたり
  20. 各(おのおの)其(その)敵手(あひて)を撃ち殺しければスリア人(びと)逃たりイスラエル之(これ)を追ふスリアの王ベネハダデは馬に乗り騎兵を從へて逃遁(のがれ)たり
  21. イスラエルの王(わう)出(いで)て馬と戰車(いくさぐるま)を撃ち又大(おほい)にスリア人(びと)を撃(うち)殺せり
  22.  茲(こゝ)に彼(かの)預言者イスラエルの王の許(もと)に詣(いたり)て彼に言(いひ)けるは往(ゆき)て爾(なんぢ)の力を養(やしな)ひ爾(なんぢ)の爲(な)すべき事を知り辨(わきま)ふべし年(とし)歸(かへ)らばスリアの王爾(なんぢ)に攻上(せめのぼ)るべければなりと
  23. スリアの王の臣僕(しもべ)王に言(いひ)けるは彼等の神等(かみたち)は山崗(やま)の神なるが故(ゆゑ)に彼等は我等よりも強かりしなり然(され)ども我等若(もし)平地に於(おい)て彼等と戰(たゝか)はゞ必ず彼等よりも強かるべし
  24. 但(たゞ)し此事(このこと)を爲(な)せ即(すなは)ち王等を除(のぞ)きて各(おのおの)其處(そのところ)を離(はなれ)しめ方伯(つかさ)を置(おき)て之(これ)に代(かふ)べし
  25. 又(また)爾(なんぢ)の失(うしな)ひたる軍勢に均(ひとし)き軍勢を爾(なんぢ)のために備(そな)へ馬は馬 戰車(いくさぐるま)は戰車をもて補(おぎな)ふべし斯(かく)して我儕(われら)平地において彼等と戰(たゝか)はゞ必ず彼等よりも強かるべしと彼(かれ)其言(そのことば)を聽(きゝ)いれて然(しか)なせり
  26.  年かへるに及びてベネハダデ、スリア人(びと)を核(あつ)めてアペクに上りイスラエルと戰はんとす
  27. イスラエルの子孫(ひとびと)核(あつ)められ兵糧(ひやうらう)を受(うけ)て彼等に出會(いであは)んとて往(ゆ)けりイスラエルの子孫(ひとびと)は山羊(やぎ)の二(ふたつ)の小群(こむれ)の如(ごと)く彼等の前に陣(ぢん)どりしがスリア人(びと)は其地(そのち)に充滿(みち)たり
  28. 時に神の人至りてイスラエルの王に告(つげ)ていひけるはヱホバ斯(かく)言(いひ)たまふスリア人(びと)ヱホバは山獄(やま)の神にして谿谷(たに)の神にあらずと言ふによりて我(われ)此(この)諸(すべて)の大軍を爾(なんぢ)の手に付(わた)すべし爾等(なんぢら)は我がヱホバなるを知(しる)に至らんと
  29. 彼等七日互(たがひ)に相對(あひむかひ)て陣(ぢん)どり第七日(なぬかめ)におよびて戰爭(いくさ)を交接(まじへ)しがイスラエルの子孫(ひとびと)一日にスリア人(びと)の歩兵十萬人を殺しければ
  30. 其(その)餘(ほか)の者はアペクに逃(にげ)て邑(まち)に入(いり)ぬ然(しか)るに其(その)石垣崩(くづ)れて其(その)存(のこ)れる二萬七千人の上にたふれたりベネハダデは逃(にげ)て邑(まち)にいたり奧の間に入(いり)ぬ
  31.  其(その)臣僕(しもべ)彼にいひけるは我儕(われら)イスラエルの家の王等は仁慈(あはれみ)ある王なりと聞(きけ)り請(こ)ふ我儕(われら)粗麻布(あさぬの)を腰(こし)につけ繩(なは)を頭(くび)につけてイスラエルの王の所にいたらん彼爾(なんぢ)の命を生(いかし)むることあらんと
  32. 斯(かく)彼等粗麻布(あさぬの)を腰にまき繩(なは)を頭(くび)にまきてイスラエルの王の所(もと)にいたりていひけるは爾(なんぢ)の僕(しもべ)ベネハダデ請(こ)ふ我(わ)が生命を生(いか)しめたまへと言ふとアハブいひけるは彼は尚(なほ)生(いき)をるや彼はわが兄弟なりと
  33. 其(その)人々これを吉兆(しるし)と爲(な)し速(すみやか)に彼の言(ことば)を承(うけ)て爾(なんぢ)の兄弟ベネハダデといへり彼言(いひ)けるは爾等(なんぢら)ゆきて彼を導ききたるべしと是(こゝ)においてベネハダデ彼の所に出來(いできた)りしかば彼(かれ)之(これ)を車に登(のぼら)しめたり
  34. ベネハダデ彼に言(いひ)けるは我父(わがちゝ)の爾(なんぢ)の父より取(とり)たる諸邑(まちまち)は我(われ)返すべし又我(わ)が父のサマリアに造りたる如(ごと)く爾(なんぢ)ダマスコに於(おい)て爾(なんぢ)のために街衢(まち)を作るべしアハブ言ふ我(われ)此(この)契約を以(も)て爾(なんぢ)を歸(かへ)さんと斯(かく)彼と契約を爲(なし)て彼を歸(かへ)せり
  35.  爰(こゝ)に預言者の徒(ともがら)の一人ヱホバの言(ことば)によりて其(その)同儕(とも)に請(こふ)我を撃(う)てといひけるが其人(そのひと)彼を撃つことを肯(がへん)ぜざりしかば
  36. 彼(かれ)其人(そのひと)に言ふ汝ヱホバの言(ことば)を聽(きか)ざりしによりて視(み)よ汝の我をはなれて往(ゆ)く時獅子(しゝ)汝をころさんと其人(そのひと)彼の側(そば)を離れて往(ゆ)きけるに獅子(しゝ)之(これ)に遇(あひ)て之(これ)を殺せり
  37. 彼また他の人に遭(あひ)て請(こ)ふ我を撃(うて)といひければ其人(そのひと)之(これ)を撃(う)ち撃(うち)て傷(きずつ)けたり
  38. 預言者往(ゆき)て王を途(みち)に待ち其(その)目に掩巾(おひ)をあてゝ儀容(すがた)を變(かへ)ゐたりしが
  39. 王の經過(すぐ)る時王に呼(よば)はりていひけるは僕(しもべ)戰爭(いくさ)の中に出(いで)しに人(ひと)轉(ふりかへ)りて一箇(ひとり)の人を我の所に曳(ひき)きたりて言(いひ)けるは此人(このひと)を守れ若(もし)彼失(うせ)ゆく事あらば汝の生命を彼の生命に代(かふ)べし或(あるひ)は爾(なんぢ)銀一タラントを出(いだ)すべしと
  40. 而(しか)るに僕(しもべ)此彼(こゝかしこ)に事をなしゐたれば彼遂(つひ)に失(うせ)たりとイスラエルの王彼にいひけるは爾(なんぢ)の擬定(さばき)は然(しか)なるべし爾(なんぢ)之(これ)を決(さだ)めたり
  41. 彼急ぎて其(その)目の掩巾(おひ)を取除(とりのけ)たればイスラエルの王(わう)彼が預言者の一人なるを識(しれ)り
  42. 彼(かれ)王に言(いひ)けるはヱホバ斯(かく)言(いひ)たまふ爾(なんぢ)はわが殲滅(ほろぼさ)んと定めたる人を爾(なんぢ)の手より放(はな)ちたれば爾(なんぢ)の命は彼の生命(いのち)に代(かは)り爾(なんぢ)の民は彼の民に代(かは)るべしと
  43. イスラエルの王(わう)憂(うれ)へ且(かつ)怒(いかり)て其家(そのいへ)に赴(おもむ)きサマリアに至れり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書