目次 前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

Old Testament「Books of Kings(1)」
旧約聖書:列王記略上

第22章(CHAPTER 22)

  1. スリアとイスラエルの間に戰爭(いくさ)なくして三年を經(へ)たり
  2. 第三年(さんねんめ)にユダの王ヨシヤパテ、イスラエルの王の所に降(くだ)れり
  3. イスラエルの王(わう)其(その)臣僕(けらい)に言(いひ)けるはギレアデのラモテは我儕(われら)の所有(もの)なるを爾等(なんぢら)知(しる)や然(しか)るに我儕(われら)はスリアの王の手より之(これ)を取ることをせずして默(もく)しをるなり
  4. 彼ヨシヤパテに言(いひ)けるは爾(なんぢ)我と共にギレアデのラモテに戰ひにゆくやヨシヤパテ、イスラエルの王にいひけるは我は爾(なんぢ)のごとくわが民は爾(なんぢ)の民の如(ごと)くわが馬は爾(なんぢ)の馬の如(ごと)しと
  5.  ヨシヤパテ、イスラエルの王に言(いひ)けるは請(こ)ふ今日ヱホバの言(ことば)を問(と)へ
  6. 是(こゝ)においてイスラエルの王(わう)預言者四百人許(ばかり)を集めて之(これ)に言(いひ)けるは我ギレアデのラモテに戰ひにゆくべきや又は罷(やむ)べきや彼等曰(いひ)けるは上(のぼ)るべし主(しゆ)之(これ)を王の手に付(わた)したまふべしと
  7. ヨシヤパテ曰(いひ)けるは外(ほか)に我儕(われら)の由(より)て問(とふ)べきヱホバの預言者此(こゝ)にあらざるや
  8. イスラエルの王ヨシヤパテに言(いひ)けるは外(ほか)にイムラの子ミカヤ一人あり之(これ)に由(より)てヱホバに問ふことを得(え)ん然(され)ど彼は我に關(つい)て善事(よきこと)を預言せず唯(たゞ)惡事(あしきこと)のみを預言すれば我(われ)彼を惡(にく)むなりとヨシヤパテ曰(いひ)けるは王(わう)然(しか)言(いひ)たまふなかれと
  9. 是(これ)によりてイスラエルの王(わう)一箇(ひとり)の官吏(くわんり)を呼(よび)てイムラの子ミカヤを急ぎ來(きた)らしめよと言(いへ)り
  10. イスラエルの王およびユダの王ヨシヤパテ朝衣(わうのころも)を著(き)てサマリアの門の入口の廣場(ひろば)に各(おのおの)其(その)位(くらゐ)に坐(ざ)しゐたり預言者は皆(みな)其前(そのまへ)に預言せり
  11. ケナアナの子ゼデキヤ鐵(てつ)の角(つの)を造りて言(いひ)けるはヱホバ斯(かく)言給(いひたま)ふ爾(なんぢ)是等(これら)を以(も)てスリア人(びと)を抵觸(つき)て之(これ)を盡(つく)すべしと
  12. 預言者皆(みな)斯(かく)預言して言ふギレアデのラモテに上(のぼ)りて勝利(かち)を獲(え)たまへヱホバ之(これ)を王の手に付(わた)したまふべしと
  13.  茲(こゝ)にミカヤを召(めさ)んとて往(ゆき)たる使者(つかひ)之(これ)に語りて言(いひ)けるは預言者等の言(ことば)一(ひとつ)の口の如(ごと)くにして王に善(よ)し請(こ)ふ汝の言(ことば)を彼等の一人の言(ことば)の如(ごと)くならしめて善事(よきこと)を言へと
  14. ミカヤ曰(いひ)けるはヱホバは生(い)くヱホバの我に言(いひ)たまふ事は我(われ)之(これ)を言(いは)んと
  15. かくて彼(かれ)王に至るに王(わう)彼に言(いひ)けるはミカヤよ我儕(われら)ギレアデのラモテに戰ひに往(ゆ)くべきや又は罷(やむ)べきや彼(かれ)王に言(いひ)けるは上(のぼ)りて勝利(かち)を得(え)たまへヱホバ之(これ)を王の手に付(わた)したまふべしと
  16. 王(わう)彼に言(いひ)けるは我(われ)幾度(いくたび)汝を誓(ちか)はせたらば汝ヱホバの名を以(も)て唯(たゞ)眞實(まこと)のみを我に告(つぐ)るや
  17. 彼(かれ)言(いひ)けるは我イスラエルの皆(みな)牧者(かふもの)なき羊(ひつじ)のごとく山に散(ちり)をるを見たるにヱホバ是等(これら)の者は主(しゆ)なし各(おのおの)安然(やすらか)に其(その)家に歸(かへ)るべしと言(いひ)たまへりと
  18. イスラエルの王ヨシヤパテに言(いひ)けるは我(われ)汝に彼は我について善(よ)き事を預言せず唯(たゞ)惡(あし)き事のみを預言すと告(つげ)たるにあらずやと
  19. ミカヤ言(いひ)けるは然(され)ば汝ヱホバの言(ことば)を聽(きく)べし我ヱホバの其(その)位(くらゐ)に坐(ざ)しゐたまひて天の萬軍(ばんぐん)の其(その)傍(かたはら)に右左(みぎひだり)に立つを見たるに
  20. ヱホバ言(いひ)たまひけるは誰かアハブを誘(いざな)ひて彼をしてギレアデのラモテに上(のぼ)りて弊(たふ)れしめんかと則(すなは)ち一(ひとり)は此(こ)の如(ごと)くせんと言ひ一(ひとり)は彼(か)の如(ごと)くせんといへり
  21. 遂(つひ)に一(ひとつ)の霊(れい)進み出(いで)てヱホバの前に立ち我(われ)彼を誘(いざな)はんと言(いひ)ければ
  22. ヱホバ彼に何を以(も)てするかと言(いひ)たまふに我(われ)出(いで)て虚言(いつはり)を言ふ霊(れい)となりて其(その)諸(すべて)の預言者の口にあらんと言(いへ)りヱホバ言(いひ)たまひけるは汝は誘(いざな)ひ亦(また)之(これ)を成(な)し遂(とげ)ん出(いで)て然(しか)なすべしと
  23. 故(ゆゑ)に視(み)よヱホバ虚言(いつはり)を言ふ霊(れい)を爾(なんぢ)の此(この)諸(すべて)の預言者の口に入(いれ)たまへり又ヱホバ爾(なんぢ)に關(つい)て災禍(わざはひ)あらんことを言(いひ)たまへりと
  24.  ケナアナの子ゼデキヤ近よりてミカヤの頬(ほう)を批(うち)て言(いひ)けるはヱホバの霊(みたま)何途(いづく)より我を離れゆきて爾(なんぢ)に語(ものい)ふや
  25. ミカヤいひけるは爾(なんぢ)奧(おく)の間に入(いり)て身を匿(かく)す日に見るにいたらん
  26. イスラエルの王(わう)言(いひ)けるはミカヤを取(とり)て之(これ)を邑(まち)の宰(つかさ)アモンと王の子ヨアシに曳(ひき)かへりて言ふべし
  27. 王(わう)斯(かく)言ふ此(これ)を牢(ひとや)に置(い)れて苦惱(なやみ)のパンと苦惱(なやみ)の水を以(も)て之(これ)を養(やしな)ひ我(わ)が平安(やすらか)に來(きた)るを待てと
  28. ミカヤ言(いひ)けるは爾(なんぢ)若(もし)眞(まこと)に平安(やすらか)に歸(かへ)るならばヱホバ我によりて言(いひ)たまはざりしならん又(また)曰(いひ)けるは爾等(なんぢら)民よ皆(みな)聽(きく)べし
  29.  かくてイスラエルの王とユダの王ヨシヤパテ、ギレアデのラモテに上(のぼ)れり
  30. イスラエルの王ヨシヤパテに言(いひ)けるは我(われ)装(すがた)を改(かへ)て戰陣(たゝかひ)の中に入らん然(され)ど爾(なんぢ)は王(わう)衣(ころも)を衣(き)るべしとイスラエルの王(わう)装(すがた)を改(かへ)て戰陣(たゝかひ)の中にいりぬ
  31. スリアの王(わう)其(その)戰車(いくさぐるま)の長(かしら)三十二人に命じて言(いひ)けるは爾等(なんぢら)小者(ちひさきもの)とも大者(おほいなるもの)とも戰(たゝか)ふなかれ惟(たゞ)イスラエルの王とのみ戰(たゝか)へと
  32. 戰車(いくさぐるま)の長等(かしらたち)ヨシヤパテを見て是(これ)必ずイスラエルの王ならんと言ひ身をめぐらして之(これ)と戰はんとしければヨシヤパテ號呼(よばは)れり
  33. 戰車(いくさぐるま)の長(かしら)彼がイスラエルの王にあらざるを見しかば之(これ)を追ふことをやめて返れり
  34. 茲(こゝ)に一個(ひとり)の人偶然(なにごころなく)弓を挽(ひき)てイスラエルの王の胸當(むねあて)と艸摺(くさずり)の間を射(い)たりければ彼(かれ)其(その)御者(ぎよしゃ)に言(いひ)けるは我(われ)傷(きず)を受(うけ)たれば爾(なんぢ)の手を旋(めぐら)して我を軍中より出(いだ)すべしと
  35. 是日(このひ)戰爭(いくさ)嚴(はげし)くなりぬ王は車の中(うち)に扶持(たすけ)られて立ちスリア人(びと)に對(むか)ひをりしが晩景(ゆふべ)にいたりて死(しに)たり創(きず)の血(ち)車の中に流る
  36. 日の沒(い)る頃軍中に呼(よば)はりて曰(い)ふあり各(おのおの)其邑(そのまち)に各(おのおの)其郷(そのさと)に歸(かへ)るべしと
  37.  王(わう)死(しに)て携(たづさ)へられてサマリアに至りたれば衆人(ひとびと)王をサマリアに葬(はうむ)れり
  38. 又(また)其(その)車をサマリアの池に濯(あら)ひけるに犬(いぬ)其(その)血を舐(なめ)たり又遊女(あそびめ)其所(そこ)に身をあらへりヱホバの言(いひ)たまへる言(ことば)の如(ごと)し
  39. アハブの其餘(そのほか)の行爲(わざ)と凡(すべ)て其(その)爲(なし)たる事と其(その)建(たて)たる象牙(ざうげ)の家と其(その)建(たて)たる諸(すべて)の邑(まち)はイスラエルの王の歴代志(れきだいし)の書に記載(しるさる)るにあらずや
  40. アハブ其(その)父祖(せんぞ)と共に寝(ねむ)りて其(その)子アハジア之(これ)にかはりて王となれり
  41.  アサの子ヨシヤパテ、イスラエルの王アハブの第四年にユダの王となれり
  42. ヨシヤパテ王となりし時三十五歳なりしがエルサレムにおいて二十五年王たりき其母(そのはゝ)の名はアズバといひてシルヒの女(むすめ)なり
  43. ヨシヤパテ其父(そのちゝ)アサの諸(すべて)の道に歩行(あゆ)み轉(うつり)て之(これ)を離れずヱホバの目に適(かな)ふ事をなせり但(たゞ)し崇邱(たかきところ)は除(のぞ)かざりき民(たみ)尚(なほ)崇邱(たかきところ)に犠牲(いけにへ)を献(さゝ)げ香(かう)を焚(たけ)り
  44. ヨシヤパテ、イスラエルの王と和好(よしみ)を結べり
  45.  ヨシヤパテの其餘(そのほか)の行爲(わざ)と其(その)なせる功績(いさを)および如何(いか)に戰爭(いくさ)をなせしかはユダの王の歴代志(れきだいし)の書に記載(しるさる)るにあらずや
  46. 彼(かれ)其父(そのちゝ)アサの世に尚(な)ほありし彼(か)の男色(なんしょく)を行ふ者の殘餘(のこり)を國(くに)の中(うち)より逐(おひ)はらへり
  47. 當時(そのころ)エドムには王なくして代官(だいくわん)王たりき
  48. ヨシヤパテ、タルシシの船を造りて金(きん)を取(とる)ためにオフルに往(ゆか)しめんとしたりしが其(その)船エジオンゲベルに壞(やぶ)れたれば遂(つひ)に往(ゆく)に至らざりき
  49. 是(こゝ)においてアハブの子アハジア、ヨシヤパテに言(いひ)けるはわが僕(しもべ)をして爾(なんぢ)の僕(しもべ)と偕(とも)に船にて往(ゆか)しめよと然(され)どヨシヤパテ聽(きか)ざりき
  50. ヨシヤパテ其(その)父祖(せんぞ)とともに寝(ねむ)りて其(その)父ダビデの城邑(まち)に其(その)父祖(せんぞ)と共に葬(はうむ)らる其子(そのこ)ヨラム之(これ)に代(かはり)て王となれり
  51.  アハブの子アハジア、ユダの王ヨシヤパテの第十七年にサマリアにてイスラエルの王となり二年イスラエルを治(をさ)めたり
  52. 彼はヱホバの目のまへに惡をなし其(その)父の道と其(その)母の道および彼(か)のイスラエルに罪を犯させたるネバテの子ヤラベアムの道に歩行(あゆ)み
  53. バアルに事(つか)へて之(これ)を拝(をが)みイスラエルの神ヱホバの怒(いかり)を激(おこ)せり其父(そのちゝ)の凡(すべ)て行(おこな)へるがごとし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章
12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書