目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

Old Testament「Books of Kings(2)」
旧約聖書:列王記略下

第3章(CHAPTER 3)

  1. ユダの王ヨシヤパテの十八年にアハブの子ヨラム、サマリヤにありてイスラエルを治(をさ)め十二年位(くらゐ)にありき
  2. かれはヱホバの目のまへに惡をなせしかどもその父母の如(ごと)くはあらざりきそは彼その父の造りしバアルの像を除(のぞ)きたればなり
  3. されど彼はかのイスラエルに罪を犯させたるネバテの子ヤラベアムの罪を行(おこな)ひつゞけて之(これ)をはなれざりき
  4.  モアブの王メシヤは羊(ひつじ)を有(も)つ者にして十萬の羔(こひつじ)と十萬の牡羊(をひつじ)の毛とをイスラエルの王に納(をさ)めをりしが
  5. アハブの死(しに)しのちモアブの王はイスラエルの王にそむけり
  6. 是(こゝ)に於(おい)てヨラム王其時(そのとき)サマリヤを出(いで)てイスラエル人(びと)をことごとく集め
  7. また往(ゆき)て人をユダの王ヨシヤパテに遣(つかは)していはしむモアブの王われに背(そむ)けり汝われとともにモアブに攻(せめ)ゆくやと彼いひけるは我(われ)上(のぼ)らん我は汝の如(ごと)くわが民はなんぢの民のごとくまたわが馬は汝の馬の如(ごと)しと
  8. ヨラムいひけるは我儕(われら)いづれの路(みち)より上(のぼ)らんかかれいふエドムの曠野(あらの)の途(みち)よりせんと
  9. イスラエルの王すなはちユダの王およびエドムの王と共に出(いで)ゆきけるが行(ゆき)めぐること七日路(なぬかぢ)にして軍勢とこれにしたがふ家畜の飮むべき水なかりしかば
  10. イスラエルの王いひけるは嗚呼(あゝ)ヱホバこの三人の王をモアブの手にわたさんと召し集めたまへりと
  11. ヨシヤパテいひけるは我儕(われら)が由(より)てヱホバに問(と)ふべきヱホバの預言者此(こゝ)にあらざるやとイスラエルの王の臣僕(けらい)の一人答へていふエリヤの手に水をそゝぎたるシヤパテの子エリシヤ此(こゝ)にあり
  12. ヨシヤパテいひけるはヱホバの言(ことば)彼にありとかくてイスラエルの王およびヨシヤパテとエドムの王かれの許(もと)に下(くだ)りゆきけるに
  13.  エリシヤ、イスラエルの王に言(いひ)けるはわれ汝と何の干與(かゝはり)あらんや汝の父の預言者と汝の母の預言者の所にゆくべしとイスラエルの王かれにいひけるは然(しから)ずそはヱホバこの三人の王をモアブの手に付(わた)さんとて召集(よびあつ)めたまへばなり
  14. エリシヤ言(いひ)けるはわが事(つか)ふる萬軍(ばんぐん)のヱホバは活(い)く我ユダの王ヨシヤパテのためにするにあらずばかならず汝を顧(かへり)みず汝を見ざらんものを
  15. 今(いま)樂人(がくじん)をわれにつれ來(きた)れと而(しか)して樂人(がくじん)の樂(がく)をなすにおよびてヱホバの手かれに臨(のぞ)みて
  16. 彼いひけるはヱホバかくいひたまふ此谷(このたに)に許多(あまた)の溝(ほり)を設(まう)けよ
  17. それヱホバかく言ひたまふ汝ら風を見ず雨をも見ざるに此(この)谷に水盈(みち)て汝等と汝等の家畜および汝らの獣(けもの)飮(のむ)ことを得(え)ん
  18. 然(しか)るも是(これ)はヱホバの目には瑣細(ちひさ)き事なりヱホバ、モアブ人(びと)をも汝らの手にわたしたまはん
  19. 汝等は保障(かため)ある諸(すべて)の邑(まち)と諸(すべて)の美(うるは)しき邑(まち)とを撃(う)ち諸(すべて)の佳(よき)樹を斫倒(きりたふ)し諸(すべて)の水の井(ゐど)を塞(ふさ)ぎ石をもて諸(すべて)の善(よき)地を壞(そこな)ふにいたらん
  20. かくて朝(あした)におよびて供物(そなへもの)を献(さゝ)ぐる時に水エドムの途(みち)より流れきたりて水(みづ)國(くに)に充(み)つ
  21.  偖(さて)またモアブ人(びと)はみな王等の己(おのれ)に攻(せめ)のぼれるを聞(きゝ)しかば甲(よろひ)を著(き)ることを得る以上の者を盡(ことごと)く集めてその境(さかひ)に備(そな)へしが
  22. 朝はやく興(おき)いでしに水の上に日昇(のぼ)りゐて對面(むかひ)の水血の如(ごと)くに赤かりければモアブ人(びと)これを見て
  23. いひけるはこれ乃(すな)はち血なり王たち戰ひて死(しに)たるならん互(たがひ)に相撃(あひうち)たるなるべし然(され)ばモアブよ掠取(ぶんどり)に行けと
  24. 而(しか)してモアブ人(びと)イスラエルの陣營(ぢんえい)に至るにイスラエル人(びと)起(たち)てこれを撃(うち)たればすなはちその前より逃(にげ)はしれり是(こゝ)においてイスラエル人(びと)進みてモアブ人(びと)を撃(うち)てその國(くに)にいり
  25. その邑々(まちまち)を撃(うち)[くづ]し各(おのおの)石を諸(すべて)の善(よき)地に投(なげ)てこれに填(みた)し水の井(ゐど)をことごとく塞(ふさ)ぎ佳(よき)樹をことごとく斫(きり)たふし唯(たゞ)キルハラセテにその石をのこせしのみなるに至る但(たゞ)し石を投(なぐ)るもの周(めぐ)りあるきてこれを撃(うて)り
  26. モアブ王(わう)戰闘(たゝかひ)の手いたくして當(あた)りがたきを見て劍(つるぎ)を抜く者七百人をひきゐてエドム王の所にまで衝(つ)きいたらんとせしが遂(つひ)に果(はた)さゞりしかば
  27. 己(おのれ)の位(くらゐ)を継(つぐ)べきその長子(ちやうし)をとりてこれを石垣の上にさゝげて燔祭(はんさい)となしたり是(こゝ)に於(おい)てイスラエルに大(おほい)なる憤怒(いきどほり)おこりぬ彼等すなはちかれをすててその國(くに)に歸(かへ)れり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):列王記略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章
14章 15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書